勝利への道は、いばらの道ですが・・・

日本、ブラジルと2-2 健闘も1次リーグ敗退・コンフェデ・カップ2005

「ケルンの奇跡」 はなりませんでしたが、ジャパンチーム大健闘のゲームでした。

アタシも・・明け方近くまで固唾を呑んで応援していましたが、ピッチで戦う選手と一体になって
眠い目を擦りながらも、多くの日本の皆さんが声援していたんでしょうね…。 

こういう一体感がスポーツの世界ばかりではなく、日常の生活の中にも生かされたなら、
逞しい日本再生のエネルギーに変えられるかも…そんな淡い希望を抱きながら、
ひと眠りして厳しい現実の世界に戻りましょうかね…。

「神はいばらの道を行くが、最後は正しい目的地に着く」 というブラジルのことわざを引用した
ジーコ監督の言葉を心に留めて…今日は一日の終わり、そして始まりとしましょう。
[PR]
Commented by berangkat8 at 2005-06-23 08:00
残念!もう日本は「奇跡」を期待しちゃいけないのかな〜実力で勝ち取る段階になったということなのでしょうか。
Commented by hama_zo at 2005-06-23 17:03
100%のパフォーマンスを見せれば、日本は十分通用すると思う。
今日のゲームは気持ちが入ってって、見ていて本当に面白かった。
Commented by tetsuyak04 at 2005-06-23 17:53
トップクラスと互角に戦えるフィジカルや戦術が現実味を帯びてきたと信じたいですね。 すべき事を全部やり遂げて、本番でチカラを出し切っても尚且つ克服できないような壁にぶち当たった時、最後の最後に「奇跡」を見せて欲しいと祈りましょう。 berangkat8さん、hama-zoさん、眠い時間帯にもかかわらず、応援お疲れ様でした!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tetsuyak04 | 2005-06-23 07:28 | 徒然なるままに戯言を | Comments(3)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る