リアルタイムで信仰を

アタシの国ニッポンでは、『宗教』という言葉のイメージは決して良くない。 
むしろ悪い! すんごく悪い! なんでかな? 
『宗教』と聞いた途端に覚える『嫌悪感』と『拒絶』の反応…
こんなイメージは、いったいどうして芽生えたんだろう?
~宗教組織とメディアの功罪~ 今日の戯言…ちょっと長いぞ~!


我輩はクリスチャンである。 
だが、アタシも『宗教』という言葉には、意味も無く『嫌悪感』を抱いてきた。
「宗教って何?!」という素朴な疑問に明確に応える術(すべ)をアタシは知らない。
また、多くの日本人が同様の反応を示す事をアタシ自身、クリスチャンになるよりずっと前から実感している。

『宗教』という言葉を耳にしただけで、無条件に『偽善、まやかし、金儲け!』といったキーワードがオツムに浮かんできて、「アタシは嫌~~い!」「へ~~、アンタそんなもんに関わってんの?」といった会話が流れたりする。

また、多くのフリーウェブ素材の提供サイトでその使用が無条件に拒絶されているのは公序良俗に反するアダルトサイトと宗教関連と記載されてるものが多いよね。
知らぬ間にYESかNOかの二者択一の選択肢しかない根強い『宗教』に対する『嫌悪感』や『警戒感』が、日本ではアダルトサイトと同列なのには、なんだか無性に哀しさを覚えます。

イメージだけですべてを見透かしたように、警戒し、侮蔑し、排斥し、断言したりする『ものの見方』や『感覚』を多くの日本人が身につけているのは何故なんだろう? 
そしてそれはいったいどこから芽生えてきたんだろう?

アタシはそれがとても知りたくて、ずっと考えてきました。 

アタシなりのイメージですが、『宗教』と『信仰』というのではまた受け取り方がちょっと違うと思っています。

『信仰』には、個人の信念や気持ちの問題として『個人』に重点が置かれているのに対し、
『宗教』には、個人の信念や信仰と結びついた『団体、組織あるいは社会』などの存在が容易にイメージされるのです。

そう考えてみると、身近な『祈り、希望、願望』といった個人的な内なる『信仰』には寛容でも、『組織や団体あるいは社会』が『宗教』というカテゴリーを隠れ蓑にして権力を隠匿し、政治や金や様々な欲望に絡んで問題を起こせば、『宗教』という言葉のイメージが汚れて見えてくるのも頷けます。

世界中で起こる『宗教組織』がらみの紛争やテロ事件等が深刻度を増して度重なれば、ましてや日本国内での身近な凶悪事件や破廉恥事件ならば尚更の事、人々が『宗教』に対してあからさまな『嫌悪感』を覚えるのはむしろ正常な感覚と思えます。 

アタシ等、日本人は生まれたときから『宗教』の本質や真理など意識しなくとも
正月、クリスマス、ハロウィンなどの年中行事を通して時間の進行を体感し、
成人式や結婚式、葬式などの通過儀礼を通して社会での役割を実感し、
神話を通して人生の雛型や世界観を学び、
戒律や道徳観を通して人としての生活ルールを覚えてきました。 

身近なところに在りすぎて、求道しようという意識がなければ『宗教』が何であるかなんて考える必要などないのです。

テレビやラジオ、新聞、雑誌といった様々な媒体から絶え間なく垂れ流される情報のなかで『宗教組織による事件』がクローズアップされればされるほど、『宗教団体、組織、社会』に対する憎悪が無条件に蓄積され『宗教』を警戒し、避けるイメージが膨らんでいったとしてもごく自然のような気がします。

アタシがもう一つ注目したいのは、身近にあって意識することもなく受け入れているテレビや新聞、雑誌といった『メディアやマスコミ』は『宗教組織』と同様の功罪を持ってはいないか? ということです。

一見して社会に関心を示し市民的であるように見え、あたかも正義を貫いてるかのようにニュースを伝えるテレビや新聞、雑誌といったメディアやマスコミは、そうした一次情報、二次情報の配信にどのくらいの重責を任っているのかという使命感がアタシには見えません。 そうした話題を好んで選択したり曝されてるアタシもまた、社会に関心を示し市民的でありたいと思い込んでいるだけなのかもしれません。 

4月25日朝にJR福知山線の快速電車に乗り、脱線事故に巻き込まれて命を落とした人たち。
その乗車理由からは、貴い「日常」が一瞬にして破壊された様子が浮かびあがります。
あの電車にさえ乗らなければ・・・
それをみてるだけのアタシは・・・偽善者なのだ。

裁き手気取りのマスメディアの悲鳴は、虚しい騒音にしか聞こえない…

戦争や事件や事故や天災は、あたかもフィクション映画や小説を楽しむより遥かに簡単に寛ぎのお茶の間に届けられますが、そこに双方向性のコミュニケーションがないならば、世の多くの人たちが毛嫌う『宗教』や『教会』の閉鎖性や着飾ったシステムを固持し続ける組織の世界となんら変らないようにも思えます。 

『ジャーナリズム』とか『宗教』といった言葉にはなんだか共通したところがあって、感覚的なイメージだけが一人歩きして氾濫しています。 が、思い当たるそれ以外のイメージに対する選択肢があまりに少ないということでしょうか。 とはいえ、

貧困から開放され、生まれた時から物質欲に満たされている者も、満たされずに求め続ける者にも際限がないのがアタシ等の世界のようです。

『すべてはアタシが決める!』 『それが自由です!』という感覚や考え方が曖昧な確信として容認されるアタシの国、日本にあっては、殊更、『宗教』とか『信仰』という精神世界は近づき難い『異質な世界』として扱われ過ぎているように思います。

いつも考えてきた事なのに、上手くまとめる事ができません。 アタマ悪いな・・・アタシ。
こうして書き綴りながらもきっとこの文章は何度も手を加えて書き直していくだろうと思っています。

アタシが此処で云いたいのは、存在するメディアや宗教組織や団体を批難したり優劣をつけたりすることではありません。 宗教組織とメディアの共通するイメージを比較しながら、それぞれの『ものの見方』の中にある『宗教』という言葉のイメージから受ける『嫌悪感』を拭い去って、多くの方々が生きる上での糧となり礎となる正しい『信仰』に接する機会が増えて欲しいと願うからです。 そして、それらが、ゆるやかにでも見直される世の中になって欲しいと思ったからなのです。

『宗教』とか『宗教組織』への疑念を晴らすには、自然な言葉で対話しながら世の中での謙虚さ、弱さという感覚をもって、正しい情報を発信する側と受け取る側の良好な信頼関係の再構築が不可欠だと思います。 

クリスチャンとして信仰を持つ身のアタシは、敬虔とはとても云いがたい有様ですが、過去から逃避することなく、真っ当に生きる為の選択に耐え抜く大きな支えとして信仰が与えられていると心から信じ、喜び、そして感謝しています。 しかし、

教会は誰にでも開かれているとはいうものの、教会で使われる暗号のような伝統的表現や用語が、一般の世界の感覚では閉鎖的であると認められるならば改められないのだろうかと思ってしまいます。 だって、クリスチャンのアタシでさえ、とっつきにくいと感じていますから。

ここがヘンだよ、クリスチャンというタイトルで
教会の中で、「何かがおかしい、どこか不自然だ」と感じる感性こそが、
もしかして健全なのではないだろうか……。という本の紹介記事を読みました。

「こういう率直な疑問を個人が公にすることが出来るようになったというのはいいことだ思います。 これまでは、疑問に思っていてもそれを表に出す場がなかったのだから。」 
(from 教会用語を考える by saichan) 

結局、最後の最後は個人の『ものの見方』がすべてであって、「叩けよ、さらば開かれん」であり、
「狭き門より入れ」ということなのでしょうか。

かなり長々と書いてしまいましたが、最後に最近興味をもったブログを書き留めておきます。

インターネットの世界での福音伝道の可能性について共鳴できる内容でしたので、同じような気持ちで自身の信仰をブログ等で語っておられる方々や、キリスト・イエスや聖書には興味はあっても教会へは行きたくないや!と思われる方々が、リアルタイムで信仰を語り合うためのキッカケになればいいな~と思います。


福音伝達のハイテク化に伴い、求道者、サイバースペースに注目する
(Seekers Turn to Cyberspace as Gospel Goes High-Tech)
from AG-NEWS: The A/G News & Information Service, (c) 2005


バーチャルな信仰
from hotwired japan


(追記) : 
今までの真っ黒なブログの背景と白抜き文字は、歳を食ったオッチャンには目がチカチカしすぎて
健康に悪そうなので、アッサリやめて、優しい叔父様モードで攻めてみたいと思います。 
(って、何を攻めるんじゃ!? オイ!)


Trackback to : 神を感じる from 縄文の風、たましいのこえ

[PR]
Commented by Jet at 2005-05-16 12:21 x
自分は、神に会っては神を敬い、仏に会っては仏を敬う。典型的日本スタイルの宗教との接し方をしているタイプです。 さらに、学校はキリスト教主義の学校でした。 モルモン教の伝道者と旅先で語り、「あなたの認識は、本当に素晴らしいです。」と言われてたこともあります。
自分が思うのは、信仰は個人的なもの、バリやタイに見られるような、ゆるい関係で日常に密接したスタイルが理想なのではと思います。
日本人の神仏への接し方も良しとは思いますが、寺との関係などは、ちょっと面倒な部分もありますね。
Commented by tetsuyak04 at 2005-05-16 16:53
神ながらの道をゆくJet先生の合気道に対する求道も尊い信仰のひとつだと思っていますよ。 日頃の語らいの中での真摯なご意見に接して、共鳴する事がたくさんあります。 幼少からこれまで辿ってきた道すがら、生まれついての環境や以降の様々な見聞と経験を通して、人はそれぞれの個人の歴史として、色を変えていきます。 流されてしまうか、立ち止まって深く考えてみるかを繰り返しながら、その人自身の『ものの見方』が個人の『信仰』として現れてくるように思います。 そういう意味では『無信仰』という人はいないような気がします。 『宗教』というものが身近にあるという意識が希薄なだけで、なんら生活に差し支えなく生きられる日本は幸せな国だとも思います。 ただ、最近の日本を見ていると、『道徳』とか『価値観』とか『倫理』といった生きる上での『こころの拠り所』というか『こころのルール』がないがしろにされ、軽薄になっているように思えるのです。 流されてるだけではなく、立ち止まって、それぞれの『信仰』を深く考えてみる時間はけっして無駄ではないと考えているワケです。 
Commented by 湖南 at 2005-05-16 21:16 x
アタシの国ニッポンでは、『宗教』という言葉のイメージは決して良くない。 
むしろ悪い! すんごく悪い! なんでかな?>>
それはもともと戦時中、国家神道で、国民総動員しちゃったことから、戦後宗教、政教分離でタブーみたいになったことと、オウム真理教事件でしょう。
だからまじめに取り組む気持のある人には大変なのです。
Commented by tetsuyak04 at 2005-05-17 00:28
湖南さん、コメントどうもです。
アタシは宗教史だとか宗教学といった観点で自身の信仰について考えた事がないので正直その複雑さや大変さはわかりませんし、そういう意味での『宗教』にまじめに取り組む気もありません。 あくまでも信仰は個人の自由が前提で、広い意味で生きる上での精神的な支えとなる『物事のとらえ方』だと考えています。 その良し悪しの判断も方法も選択も、すべては個人の自由に任されるものです。 アタシが云いたいのは、政治や紛争に宗教が利用される時代は御免ですし、洗脳や霊感商法で人を欺いたり、危害を加えるようなカルト集団から身を守る為にも『宗教』という言葉のイメージでタブー視するだけではなく、『物事のとらえ方』として身近にある『宗教』を見直してみてもいいんでないかい!? っつうことです。 身近といえば、マスメディアの論調も同様ですね。 ところで、先ほど湖南さんのブログにもお邪魔させていただきました。 26年も精神世界を研究されている湖南さんが、一刻も早く神に出会えますように祈っています。  それにしても、精神世界のカテゴリーランキングがあるのには驚いちゃいました・・アタシ。  すげぇ~ですね、ニッポン。
Commented by saichan_neko at 2005-06-12 08:12
こんにちは~、さいちゃんです。今更ですが、トラバありがとうございました。じっくり読んでコメントしようと思いながら、今になってしまって申し訳ないです。

このエントリの中で、「宗教」と「メディアやマスコミ」の功罪を関連付けて論じているのはとても面白いと思いました。そういう風に考えてみたことがなかったので、今度私もいろいろな角度からこの2つの功罪を比較して考えてみたいと思っています。貴重な視点をありがとうございます。

私が最も共感できた部分はここ。
> 『宗教』とか『宗教組織』への疑念を晴らすには、自然な言葉で対話しながら世の中での謙虚さ、弱さという感覚をもって、
> 正しい情報を発信する側と受け取る側の良好な信頼関係の再構築が不可欠だと思います。
結局のところ、「宗教」とそれに所属する人間って、日本では色眼鏡で見られている存在なんですよね。その眼鏡をはずしてもらいたいと思ったら、相手が眼鏡をかけたくなるような言葉遣いや振る舞いをやめて、「はずしても大丈夫」という信頼を築く以外に方法がないと思うんです。
Commented by saichan_neko at 2005-06-12 08:12
(上の続き)
時間はかかると思いますが、日本のキリスト教会もそういう方向で偏見をなくしていって欲しいなと切に願っています。

余談ですが、最近のエントリの写真、すごくきれいですね!これからも楽しみにしています。また寄ってみますね!
Commented by tetsuyak04 at 2005-06-13 05:16
体調でも崩してるのかな~って心配してましたよ。 さいちゃん、お元気でなによりです。
日本の慢性宗教アレルギーも困りますが、宗教や信仰の押し付けもまた厄介なものですね。
休日にゆったり寛いでる時にいきなり「神さまを信じませんか~~」とかヤラレタ日には
「余計なお世話です!」って、一日滅入ってきちゃうでしょうから、普通の神経の人ならね。
そういうことさえ理解できない方々が、戸口に立って世の中わかったようなくちびるで勧誘を続けてる限り、そうした宗教や信仰に偏見を持たれても仕方がないね。 正常な感覚ならば、それが真実の信仰からなのか単なる洗脳からなのか見えちゃうもんです。 宗教など信仰しない人でも、マザー・テレサを偽善者だという人は、天の邪鬼のような人以外いないでしょう。 結局は、無償の愛を貫けるほどの生き方をしていないと、上辺だけの言葉だけでは説得力を持たないってことですね。 
ムズカシイ理屈よりも・・当たり前の素直な気持ちでどんな日々であっても感謝できる・・
そんな自分でありたいと思っています。
Commented by 吉原博克 at 2005-06-14 20:49 x
コメントが遅くなってしまい、申し訳ありません。こちらの投稿でご紹介い
ただきましたAGアゴラの開設者、吉原博克と申します。

こちらでは好意的にご紹介くださり、ありがとうございました。現在、本業
が多忙ゆえになかなか更新ができないのですが、面白そうな記事はたく
さん入ってきております。このように励ましをいただいたことで、また、少し
ずつご紹介できればと願っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Commented by tetsuyak04 at 2005-06-15 01:35
お忙しそうですね! クリスチャンらしくない事を敢えて気取って書いてるわけではないのですが、「自分では変える事ができない見えないチカラもあるんだよ」ということを信じてみる勇気が、もっと身近に考えられたなら、「宗教」とか「信仰」に対する嫌悪感や誤解から開放されるキッカケにもなるかな~?と思っています。 いろいろ教えてくださいね。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by alphecca at 2005-06-21 21:38
はじめてお邪魔します。TBどうもありがとうございましたm(_ _)m

>『宗教』とか『宗教組織』への疑念を晴らすには、自然な言葉で対話しながら世の中での謙虚さ、弱さという感覚をもって、正しい情報を発信する側と受け取る側の良好な信頼関係の再構築が不可欠だと思います。 

わたしは、宗教の問題に限らず、「マスコミって、視聴者・読者をバカにしてるんじゃないの?」って常々思っていました。
しかし、宗教や信仰に対する世の中の誤解を解くためには、マスコミに対して非難や抗議をしたりするよりも、信仰を持つ人たちが自分の生き方をもって、信仰の真の意味を周囲に理解してもらうことの方が近道なんでしょうね。
この一文から、そのように感じました。

またお邪魔して、他の記事も読ませていただきます。これからもよろしくお願いしますねm(_ _)m
Commented by tetsuyak04 at 2005-06-22 22:20
信仰を持つ、持たないに拘わらず、宗教絵画とか宗教音楽といった芸術世界では見る者、聴く者の心を捉える優れた作品がたくさん残されていますよね。 それが宗教組織とか宗教団体に関わる話になると、お金や欲望といった泥臭い人間の匂いや醜さに、いきなり辟易するような印象に変換されてしまうのにはきっと確かな理由が存在していると思っています。 alpheccaさんの仰る通り、信仰だけではなく、どんなことでもそうですが、それにかかわる個人が如何なる生き方をしているのかが、共感を持って理解されるか否かの分かれ道なんでしょうね。 身近な人間関係の問題もそうですし、メディアに対する評価も、結局は双方向の信頼関係がすべてですもんね。 また、そちらにも寄らせていただきます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tetsuyak04 | 2005-05-14 05:07 | 聖書・信仰・祈りの世界 | Comments(11)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る