タグ:映画 ( 7 ) タグの人気記事

東京鐵塔 - 我的母親父親

b0027290_1163574.jpg

ようやく風邪から回復しました。

風邪をコジラセテ、悪寒とボクと、時々、フトン とか
つまらんことをブログに書いて寝込んでいたのは6月のことでした。

あれから5ヶ月、アタシはどこか成長しているのでしょうか?

1960年代。
3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、
小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。
オカンは女手ひとつでボクを育てた。
オカンの作る美味しいご飯を食べて、ボクは成長した。
15歳になって、ボクはこの町を出て行きたくなった。
大分の美術高校に入学し、東京の美大をなんとか卒業するが、
仕事もせずに、仕送りしてもらい、更に借金を重ねていた。
そんな中、オカンが癌に侵されていることが分かった…


7ヶ月遅れで香港にやってきた映画 「東京タワー
どこにも在るような無いような…そんなストーリーの映画を観ながら
小説の中の一節を思い出していました。

「オカンの人生は小さくみえた。
それは僕に自分の人生を切り分けてくれたから…」


アタシのオカンとオトンに対する気持ちも同じだな

ごめんねと
ありがとうしか
云えません…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-11-18 01:29 | 大人の童話 | Comments(4)

端午節と映画 ザ・ハリケーン (The Hurricane)

b0027290_3193080.jpg

昨日19日の香港は旧暦の5月5日の端午節の祝日でした。
爽やかな天気で実にゆったりまったりと落ち着いた一日が過ごせました。

端午節(またの呼び名を龍舟節)の起源や日本の端午の節句の起源
に関する詳細は コチラ を参考にするとたいへん分かり易いかと思います。 (少しだけ賢くなれます!)

正義感と国を思う情が深く人々の信望を集めていた 屈原 (くつげん)が
陰謀によって失脚し国を追われ、失望の果てに川に身を投げてしまったことを
由来とする端午節の日に、ケーブルTVで 映画 ザ・ハリケーン (The Hurricane)
放映されたのは、単なる偶然なんだろうか? と、ふと思ったアタシです。

1999年に製作・公開されたデンゼル・ワシントン主演のこの映画は
元プロボクサーのルービン・(ハリケーン)・カーターの自伝を元に製作され、
彼が起こしたとされる殺人事件と裁判の不正、投獄されてから自由の身を獲得
するまでの約20年間について描かれています。

端午節の由来にしても、映画 ザ・ハリケーン (The Hurricane) の冤罪テーマにしても、
そこに描かれている嫉妬や人権無視によるオゾマシイ人間模様は、
現代においても今なお身近なところに確実に存在していますね。

マトモニ見せてはいるが実は姑息な精神の人間が強い立場に在る場合、
そうした輩による捏造と隠蔽、側近や組織ぐるみの無視・無関心そして虚偽が真実を歪め、
弱者と位置づけられる者の尊厳を大きく破壊する行為が罷り通っている世の中…。

イジメパワハラといった極めて陰湿犯罪厳罰に値する

だから、こうした歪みは混沌とした世の中の深刻な社会問題として理解・警告するだけではなく、
できればアタシ・・・必殺仕置人になりたい! と実は常々思っているのであります。 (ホント!)


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!


関連記事: 冤罪事件
[PR]
by tetsuyak04 | 2007-06-20 03:05 | 映画・音楽・本のこと | Comments(6)

路傍の小さな石ころにしか過ぎない私だけれど


中国の李肇星外相は6日、北京の人民大会堂での記者会見で従軍慰安婦問題について
「日本の軍国主義が犯した深刻な罪の一つ」 と述べ、強制性などについての歴史認識は既に固まっているとし「歴史認識は一種の強大な進歩の力であり、後ろから足を引っ張るような時代遅れのことをすべきでない」 と指摘。 また、米紙ニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズも 「日本は真実をねじ曲げ、名誉を汚している」 と批判を展開している。 (by Excite 国際) (3月7日に追記す)


ちょっと重い話題になりますが・・・。

KL に住む盟友から 「日本の将来のために」 と題した一通の短いメールが届いた。
産経新聞の正論談話室で独特の視点と明快な分析、歯切れよい言葉で活躍している彼は
草莽の士の「志」によって 「南京の真実」 を伝える映画製作をなんとしても実現したいという。

映画 「南京の真実」 製作実行委員会のブログによると、

南京陥落70周年の今年 (平成19年・2007年)、米国サンダンス映画祭にて、
南京「大虐殺」映画が公開されました。  
さらに、中国、カナダ、米国等で計7本の南京「大虐殺」映画製作が予定され、全世界で
公開されると言われています。

歴史的事実に反し、誤った歴史認識に基づくこのような反日プロパガンダ映画によって、
南京「大虐殺」なる歴史の捏造が 「真実」 として、世界の共通認識とされる恐れがあります。
また、そこから生まれる反日、侮日意識が、同盟国の米国だけでなく、世界中の人々に
定着しかねません。


従軍慰安婦問題についても同様の反日プロパガンダによる虚説が展開されています。

もし、この映画 「南京の真実」 が製作されなかったら……
もし、南京大虐殺なるものは嘘だ!との声が日本から上がらなかったら……


南京大虐殺は世界中の共通認識となり、現在拡張工事中の 「南京大屠殺記念館」 は、
アウシュビッツや原爆ドームと同じように 「世界遺産」 として、登録されてしまうだろう。
(現在中国政府は申請中)

私達は英邁で勇気ある日本人の子孫である。
人情豊かな誇りある日本人である。
社会の木鐸たるマスメディアの 「売国的姿勢」や、「打算」 「金儲け」 を優先する日本企業も
恃むに足らない。
残っている最後の砦は 「草莽崛起:(そうもうくっき)」 を心の旗印にした日本の草莽の民である。


と、呼びかけている。

路傍の小さな石ころにしか過ぎない私だけれど、日本人としての名誉と誇りにかけて
「南京の真実」 を伝える映画製作の実現を応援する ひとり となろう。

大東亜戦争を戦われた先人の皆様と祖国の汚名を晴らしてもらいたいと心より祈っている。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !


≪追記≫ 
中国ビジネスのために映画ビジネスに参入したと思われる AOL副会長テッド・レオンシスの
『Nanking』 映画批評ブログ “DOCS THAT INSPIRE” と 映画紹介ブログを添付します。
虐殺肯定派の連中との論戦で、南京事件の捏造を論破するために数名の日本人が頑張っています。
ご興味があれば合わせてご覧ください。


『Nanking』 の映画批評ブログ 「DOCS that INSPIRE」
『Nanking』 映画紹介ブログ

南京の真実

「加瀬英明氏」 による 「国連慰安婦決議案に対する抗議論文」 もご参照ください。

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-01 19:35 | 国のカタチ | Comments(9)

誰もがいつか失う重さ…21g

b0027290_0482258.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


鬱陶しい空が嘘のように晴れた日曜日の香港。
眩いばかりの朝に機嫌よく起きて、ちょっと熱めのシャワーを浴び、
オヤジらしく?なく? 資生堂の芳香石鹸キンモクセイの香りを漂わせながら
私は、神様に会いたくて、教会へ出かけました。

信仰は生きものです。 
大事なのは過去なんかじゃない。
いつだって、今の今が大事なんだからね。。。 
(独り言です。)

午後、家に帰ってDVDを観た。 
21グラム (原題は、21 Grams) という映画。

絶望の淵にたたされた人間が、葛藤の末に希望を見いだすという
メキシコのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ監督 (舌噛みそう!) の作品です。
菊地凛子、役所広司も出演して最近話題の映画 『バベル』 の監督ですね。
ストーリーを羅列する野暮はひかえます。 

私、この映画のテーマにちょっと考えさせられました。 で、こう思うわけです。

命が消えるとき、人は21グラムだけ軽くなる… らしい。
その重さが 『魂』 といわれるものの重さだとしたら・・・ 

誰もがいつか失う重さ…21g

もしもそうなのだとしたら…
自分の命が消えるときに失う21gは
21gという私の魂の重さとして
自分が愛した人たちへの 豊かな愛の記憶 として
そっと残してあげられる永遠の贈り物。

そう考えるならば、それはとても幸せなこと。

だから、Life goes on… (人生は続いていくのだ…) という最後のセリフはきっと
誠実な 希望 という大切な意味を持つのだな~と、私は思ったのです。

一生懸命、生きましょう! そして、どうぞ命の重さを考えてみてください。。。


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ
b0027290_0484764.jpg

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-26 00:55 | 映画・音楽・本のこと | Comments(4)

Swing Girls

b0027290_1824291.jpg日本の今頃は劇場型選挙戦で候補者が声を嗄らしているだろう週の半ば・・
ここ香港で上映されている矢口史靖監督の 「Swing Girls」 を観てきたよ。

矢口ワールドの独特なユーモアのセンスが光った前作 「ウォーターボーイズ」 (香港タイトルは “五個撲水的少年”) に続き、
今回のテーマは女子高生のジャズ・・・
ビッグバンド・・「Swing Girls」
(香港でのタイトルは “喇叭書院”

理屈ぬきに楽しめばいい映画だもの、肩のコリもすっかり取れたよ。



なんかこう、
ゆったりとした気分にひたれる・・
ジャズはいいね。

クラリネットのベニー・グッドマン
トロンボーン奏者で、人気スウィング・バンドのリーダー、グレン・ミラー
黒人街ハーレム行きの地下鉄 「A列車で行こう」 がテーマ曲のデューク・エリントン

彼等の楽団が奏でたビックバンドの定番、軽快なスウィング・ナンバーが心地よかった・・。

● シング・シング・シング (Sing Sing Sing)
● ムーンライト・セレナーデ (Moonlight Serenade)
● イン・ザ・ムード (In The Mood)
● A列車で行こう (Take The A Train)
● メイク・ハー・マイン (Make Her Mine)
● メキシカン・フライヤー (Mexican Flyer)


こちらでさわりの部分が聴けますよ。


アタシはこの映画のラストに流れた 「L-O-V-E」 を聴いたとき、ナット・キング・コールの
優しくて深みのある歌声にうっとりとして席が立てなかったよ。

なんだかとてもひとを安心させてくれるような優しさがジンジンと響いてきて
こんなオジサンになりたいよな~・・と、こころに誓いました・・マル。

L-O-V-E (by Bert Kaempfert & Milt Gabler)

L is for the way you Look at me,
O is for the only one I see.
V is very very extra ordinary.
E is even more than any one that you adove can.

Love is all that I can give to you
Love is more than just a game for two
Two in love can make it,
take my heart and please don't break it,
Love was made for me and you.

Love was made for me and you.
Love was made for me and you.


そうそう、「グレン・ミラー物語」 のビデオ、大事に大事にしてたのに仕舞った場所がわからない・・。(泣)
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-09-07 17:49 | 映画・音楽・本のこと | Comments(6)

ムーラン・ルージュ : Moulin Rouge 

人がこの世で知る…b0027290_2140851.jpg
最高の幸せ…
それは 誰かを愛して…
そして その人から…
愛されること…


Eden Ahbez の名曲
「Nature Boy」 の歌詞をテーマに
バズ・ラーマン監督が描いたミュージカル映画
『ムーラン・ルージュ』

19世紀末の真夏の夜の夢
20世紀のラブソングを散りばめ
21世紀に甦る

37歳の若さで逝った ロートレック が愛した
享楽の夜の王国
『ムーラン・ルージュ』
赤い風車・・・

ニコール・キッドマン演じる
金で愛を売る女
ユアン・マクレガー演じる
若き貧乏作家の愛

主役2人の歌声そして表情

Come what may…
何が起ころうとも…


いい映画だった
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-08-04 21:47 | 映画・音楽・本のこと | Comments(2)

おかあ、いま、どこにいる? (ニライカナイからの手紙)

b0027290_351312.jpg

人が優しくなれる瞬間って、いったいどんな時だろう?
キッカケさえあれば、そんな瞬間を感じることができる・・どんなひとでも、どこにいても・・・
それが、小説だったり、音楽だったり、たとえばこんな映画 だったり・・・

アタシが好んでお邪魔するブログつながりで、観て見たいな~!と思える日本映画を知りました。
アタシの住む此処ではまだ見れないけれど
シノプシスをちょっと見ただけで、もうすでに涙腺が緩みそうだ・・・
想像力だけは逞しいからね・・アタシ
話題の主題歌 『太陽(てぃだ)ぬ花』 も、ほんのちょっとネットで聴けた・・いいわ~スゴク!

生きる上で大切な事はいっぱいあるけど・・・
忘れかけてた事を思い出そうよ
素直に感動してみようよ
悲しくて泣くばかりじゃなく・・温かさに涙する・・・
そんな優しい時間も経験しようよ・・・

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-06-14 04:07 | 映画・音楽・本のこと | Comments(4)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧