「ほっ」と。キャンペーン

タグ:大人の童話 ( 94 ) タグの人気記事

人生を最高に旅せよ!

哲学者ニーチェが言ったかどうか知りませんが、毎日考えてばかりいると日が暮れてしまうから、たまには旅に出ることにしています。  シゴトもがんばるけど、人生再考の為には旅がサイコー!
b0027290_14582065.jpg
某 Private Beach at Koh Samui Island (2014)
[PR]
by tetsuyak04 | 2014-01-10 15:00 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

モノクロームの時代

b0027290_0542880.jpg


永い沈黙の時間でした

私は今
光と影のモノトーンから生じる不思議な力に魅せられています
白と黒の間の無限の濃淡
そこにはただ白い世界と黒の世界が存在しているだけ
光と影…
真実とは、きっと思っているほど複雑なものではないのかもしれません

陰影礼賛…
色という多彩な情報を減ずることで浮き出されてくる純粋な世界
無限の色彩はリアル…に見えるけれど
垂れ流される作り物のTV番組みたいに押し付けがましく時に虚しい

モノクロームの世界は…想像力の世界
白と黒のコントラストが織りなす艶やかな存在感
それは…洗練された空間
切り取られたように止まった時間…

しかし…生きている、私はそんな時代の中で、確かに活きている

色に惑わされず
誰かと比べるなんてことは一切抜きにして
本当に自分の好きなことを追い求める

モノクロームの時代

嗚呼、贅沢だな~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tetsuyak04 | 2010-03-02 01:01 | 徒然なるままに戯言を | Comments(11)

夜間飛行

自分の歩いた足跡が古い記憶となって消えてしまわないように
写真を二つ三つ残しておきましょう。 

深夜の香港空港、鳥取砂丘、倉敷美観地区。。。

先々週(16-24日まで)は中国地方(ちゅうごくちほう)といっても日本の地域のひとつ、
本州の西部に位置する山陰山陽地方、鳥取と倉敷へと出かけてきました。
♪旅に出るなら夜の飛行機、見つめるアナタぁ~セクシィー♪♪  ってな気分ではありませんでしたが
香港から羽田行きの深夜便をはじめて使ってみました。 で、感想は!? といいますと、
アタシみたいな中途半端な年寄りは無理して死に急ぐような真似はしないほうがいい!
と気づかされました。 
やめればよかった…深夜便なんて…。
b0027290_22123194.jpg
b0027290_22131076.jpg

b0027290_2219557.jpg
b0027290_22135531.jpg
b0027290_0483935.jpg
b0027290_22225847.jpg
b0027290_2217263.jpg
b0027290_22232214.jpg


倉敷美観地区に社を構える北田証券さんの店先の黒板にチョークで手書きされた株式市況に見入ってしまいました。
グローバル世界の金融はDIGITAL化されたシステムで動いているとばかり思い込んでいましたが
システムを動かすもの・・・その根っこはやっぱり人間なんだよな。

状況に対する前向きな捉え方は日々の生活の参考になりますね。
[PR]
by tetsuyak04 | 2008-11-02 22:43 | 徒然なるままに戯言を | Comments(2)

一期一会

b0027290_1144916.jpg
靖国神社の境内入り口に立っている車止めポールの文様は、やっぱり…「桜」 でした。


明日ありと 思う心の徒桜(あだざくら)
  夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは


またまた詮無い話というか、むしろどちらかといえば縁起でもない話かもしれません。
つい最近のアタシの夢想体験。 もちろん実話です!

仕事が終わっていつものようにオフィスビルの下にあるバーの止まり木で飲んでいました。
昨年10月から開始したプロジェクトも佳境に入りゴールが見えてきた安堵の時間と同時に
新たなプロジェクトの仕掛けをそこでジックリ考えたいと思っていたのだと記憶しています。
時間の流れの速さを実感しながらも、まだまだ尽きない夢があることにアタシは満足していたような気もします。

ところが何故だかわかりませんが、そんな未来の仕事のことなど無視するかのように
時空を飛び越えてしまったアタシのアタマに過(よ)ぎったのは自分が死んだ日の葬式の場面でした。

父子二人という欠損家族の我が家で、アタシが死んだら喪主は息子の真さんです。
アタシの姿は当然見えません。 黒装束の関係者に囲まれて最前列に立っているのは真さんでした。 
喪主になってしまった真さんが、一呼吸して背筋を伸ばしたかと思うと参列者の皆さんを前にして語り始めました。
日本語が完璧ではない彼ですが、ゆっくりと、しかししっかりとした口調で静かに語り始めました。

「本日は父さんとのお別れにお時間を下さいまして有難うございました。」
「テッチャンは…父さんは…いつだったかボクにこんな言葉を聞かせてくれました。」
「ロシア伝承のひとつだと言ってました。」
「人として、父さんが…テッチャン自身が目指したい言葉だとも言っていました。」


「今 おまえが生まれ
みんなが おまえを見て笑い
おまえは 泣いている

おまえが 逝く時には
おまえが 笑い
みんなが 泣くような
そういう人に なりなさい…と。」


「テッチャンとの今日の別れはとても悲しいから…ボクは今日、いっぱい泣きます。」
「でも・・・泣くのは・・・・今日だけにしたいと思います。」
「テッチャンはきっと笑ってそれを望んでいますし、ボクはいつか必ずまたテッチャンに逢えますから…。」
「だから、皆さんも泣くのは今日だけ…今日だけにして…笑って明日を迎えてください。」
「みなさん、今日はホントにありがとうございました。」


そういって真さんは深々と頭を下げたのでした。

アタシはとても嬉しくて・・・胸がいっぱいになりました。


不謹慎な話でしょうか? アタシはこの日から、なんだか怖いものがなくなったような気がします。
でもこれホントの話!(夢想状態の中での話ですが)。 

明日ありと 思う心の徒桜(あだざくら)
  夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは


一日一日を大切に。 
一期一会を大切に。

b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

05.07.08
[PR]
by tetsuyak04 | 2008-04-21 00:36 | 徒然なるままに戯言を | Comments(11)

精神のフレキシビリティー

b0027290_21164348.jpg

ブログを書くことから少~し遠ざかっている今日この頃ですが、
皆様は如何お過ごしでしょうか?

少し前までの信じ難い寒さに身をかがめていた香港にもようやく春が戻り、
惰眠を愉しみ、陽だまりにうずくまるシアワセを感じています。

レントの週の礼拝を守った帰り道、ホテルの壁一面に掲げられた巨大広告を目にして、
トラムを飛び降り、セントラルからSOHO辺りをフラ~リふらりと歩いてきました。

b0027290_2115941.jpg

人生の経験と荒波をくぐり抜け、人情の機微も幾分わかる歳にもなり、
滋味に富んだ叡智の結晶なる言葉の一つも残したいところですが、
今のアタシには、まだまだ…まだまだそこまでは~です。

束の間の休日のまにまに、
自然のままの自然を愛することを学び、
静かに過ごす夢の日々を、
勝手気ままに思い描いていた休養万全の今日のアタシです。

がんばろ~っと! 今日からそして明日からも…。
b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2008-03-09 22:07 | 大人の童話 | Comments(4)

52万5600分という時間 :Seasons of love (from RENT)

b0027290_2223532.jpg
Seasons of love from RENT
How do you measure a year?
In 525,600 minutes.

ミュージカル映画 RENT~Seasons of love (コーラスVideoが視聴できます!)
http://www.youtube.com/watch?v=hj7LRuusFqo

52万5600分という時間
52万5600分もの貴重な時間
52万5600分ある一年を
あたたは何を目安に計るだろう?

夜明け、それとも日没の数?
真夜中、それとも飲んだコーヒー?
インチ、それともマイルという長さで?
笑い、それとも争いの数?

52万5600分ある一年を
あたたは何を目安に計るだろう?

愛の数はどうだろう?
愛の大きさはどうだろう?
愛の記憶はどうだろう?
愛を目安に一年を計るのはどうだろう?

愛の季節
愛の季節

52万5600分もの貴重な時間
52万5600分という旅の計画
52万5600分という時間
52万5600分という時間の中の
女と男の人生は、何を目安に計ればいい ?

彼女が悟った真実の数? 
それとも流した涙の数か?
捨て鉢な彼の行動の数?
それとも死んでしまった彼女の人生?

今こそ歌おう! 
話は決して尽きないけれど
さあ祝おう! 
仲間たちとの一年の時間を覚えておこう!

愛を思い出して
愛を思い出して
愛を思い出して
愛を数えよう!

愛の広さで52万5600分という一年を計ってみよう!

愛の季節
愛の季節

(Translated by tetsuyak04)
b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!


More 英語歌詞とRENTについてはコチラ!
[PR]
by tetsuyak04 | 2008-02-24 22:07 | 映画・音楽・本のこと | Comments(2)

そのままでいい…大丈夫!

b0027290_1775232.jpg

寒い寒いと身を縮めて息をしていた香港。
いったいどれくらいぶりの青空だろう!?
真新しい週の初めにふさわしい実に爽やかな一日です。

一週間前に英国に戻った息子が残していったサーフィンの写真を眺めていました。

息子が帰る前の日だというのに仕事で真夜中に戻ってきたオヤジに
優しい笑顔でインスタントラーメンを作ってくれた日のことを想い出しています。
ホワンと立ちのぼる湯気を眺めながら、
これ以上に美味いもんなんかどこにもないじゃんって…
酔っ払ったアタマで考えながら、じっとドンブリを見つめていました。
そしたらなんだかアタシ、ジワ~っと涙が溢れ出てきてしまって、
俺、歳だな~という感情よりも、いい歳月を過ごしているんだな…と、
なんだかとても不思議な感情に満たされました。  

こんな欠陥だらけのオヤジから、
よくもまあこんな素直な子が生まれ育ったと、
あらためて神様のご計画に畏れ慄いています。

ある人が、「人間が幸福になる4つの条件」 というのを挙げていました。

第一、自分の生活の基準になる思想
第二、良い家族と友達
第三、意義のある仕事
第四、閑を持つ事


いまアタシはその意味をとてもよく理解することができます。

息子もまた己の未来に向かって確実に歩みだしていますが、
前回でも書いたNHKで始まった実話のドラマ化 「フルスイング」 (第3話) でのセリフ、
そのままでいい…大丈夫! と、アタシも息子に声をかけてやりたいと思います。

来週から香港は旧暦の正月が始まります。
アタシは5日の火曜日から1週間ほど再び日本に舞い戻り、
東京、京都と走り回って 「フルスイング」 です。

b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

テクノラティ
[PR]
by tetsuyak04 | 2008-02-03 17:20 | 夢のカタチ | Comments(10)

大きな耳 小さな口 優しい目

b0027290_1232275.jpg

「教える」 ことに人生の全てを捧げた一人の男がいました。
打撃コーチ高畠導宏さん。
七つのプロ球団を渡り歩き、
落合、イチロー、小久保、田口を始め、
30人以上のタイトルホルダーを育てた名伯楽は、
還暦間近で福岡の高校の教師になりました。

自ら、悩み、迷い、葛藤する姿をさらけ出す素敵さ。

高みから何かを教えるのではなく、
「生きる力」 を伝えようとする熱意
どんなに大きな 「夢」、高い 「志」 でも、
「本気」 で願えば届く! と…。

「フルスイング」
19日からNHKで始まった実話のドラマ化(全6話)ですが、
ここで語られた台詞

大きな耳 
小さな口 
優しい目


人に接する時にとても大切な心得として
心に残る言葉です。
b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2008-01-21 01:31 | 大人の童話 | Comments(3)

新しい領域

b0027290_22305736.jpg

日本の冬は寒かったけれど
日本の人は皆、温かだった

栃木、群馬、埼玉、東京と
夜の区間急行に揺られながら考えた

便利になった世の中では実に退屈とも思える1時間40分
ある人にとってのそれはごく日常でも
旅人にとってのそれは
新しい領域に入るための儀式であり、覚悟であり、
挑戦でもあり、希望でもある…と思えた

出会いというものは不思議なもので
何の期待もなく
ただ当たり前とも思える誠実さで接するだけで
実に儚いと謂われる人生の一瞬を輝かすことができる
大いなる夢の架け橋になることさえも
もしかしたら叶えられるかもしれない

そんな確信を与えてくれた
今回の旅に感謝します。
b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2008-01-19 22:35 | 夢のカタチ | Comments(2)

マラソン野朗の顛末報告

b0027290_2136114.jpg

前回記事で、会いたい人たちにゴールで会えたらいいな…。 などと書きましたら、

気は確かか?
死んじゃうじゃん!

と、たくさんの懐疑的なお言葉を頂きまして、
アタシを知る方々の実に的を射た感想だとあらためて感謝申し上げます。

で、前回記事のマラソン野朗の顛末報告です。

ホノルルマラソンから帰国したヤツは日焼けした顔をニヒルに輝かせて言いました。
今までマラソンなんて興味無かったけど、走ることが益々好きになった…と。

どう見たってマラソンってガラじゃないヤサグレ野郎が、
たった一回走ったホノルルでマラソンが好きになり、
今じゃ走ることへの情熱を秘めたあの妖しい眼差しは、いっぱしのランナー気取りです。

気合を入れ直して仕事を頑張ってくれれば、それだけでアタシは嬉しいのですが、

スタチャン恒例の香港マラソンは来年の2月でしたっけ?
香港でも、結構大会とかが毎月あるみたいなんですよね!
来年はみんな集めてホノルルを走りませんか!? って………


アタシの想像の斜め上をいく速度で改革が進んでいたようです。

カレンダーにつけちゃったことだけは、黙っていようと思います…。



b0027290_10401276.gif追記:
ところで、当日の朝は生憎の土砂降り雨だったそうで、スタート前にすでに足がふやけてしまい
30キロを過ぎたあたりでついに足の皮が剥がれ、その後はゴールまで地獄の道程だったようです。
記録:5時間52分28秒 (お疲れさんdeshita!)


そうそう、コヤツのもうひとつの口癖なんですがね、
何かしでかした時に詰問されると、俯いて自信なさそ~に、ひとこと、
そこまでは~」 というのがあります。

ホノルルから買ってきた土産は、Beutiful Island HAWAII と書いた綺麗な携帯ストラップでした。
気の利いたホノルル・マラソンロゴのT-シャツなんか欲しかったな~ってアタシ冗談言ったら、
そこまでは~」 って、

ま、いいか…。
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-12-15 21:41 | 夢のカタチ | Comments(8)