タグ:人生 ( 149 ) タグの人気記事

やっぱり人生…笑うしかねぇ~じゃん!

b0027290_352997.jpg

香港にいる時にはいつもの事なのですが、
「今日の~仕事は~辛かったぁ~~♪」 とか言いながら
オフィスビルの下にあるバーで、
ビールをガッツリ飲んで帰るのが日課です。

調子に乗りすぎて
自宅のあるセントラル地区に地下鉄で戻り

まっすぐ家に帰ればいいものを

何を血迷ったか馬鹿なオヤジが、フラフラと
ほんの少しだけ馴染みの店に顔を出し

常連みたいな顔をして
偉くもないのに偉そ~な顔………


アンタなんて見た目より偉くなんかないでしょ!
分ったような、意味ありげな…
そんな顔したオネーチャンの
どうでもいいようなお世辞に、

ハイハイ! そうですね! と、
笑顔で頷きながら

アタシにとっては無条件に大切なこんなひと時を
嗚呼、今夜も楽しませてもらってきました…。



アタシは今、

そんな風に思われる今の自分を、なんだかすんごくエライな~~~! と
勝手に喜んだりしてますが・・・



実は、
アタシはきっと、
本当の意味では正真正銘の

大馬鹿野郎なんだろうな~~と、
つくづく思います。 

が、

酔いが少し覚めて
あらためて自分自身を振り返るくらいの余裕を見い出した時

アタシ・・・フト、思いました!

やっぱり人生…笑うしかねぇ~じゃん!

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-09-05 03:00 | 徒然なるままに戯言を | Comments(5)

ガリラヤの風薫る丘で

皆さんご無沙汰しておりました!

息子も2週間前に英国へ戻り、今はスベインを徘徊しているとの連絡がありました。
誰に似たんだろ?

息子を見送った翌日から出かけたアタシの海外遠征も無事に終え
今日は久しぶりに落ち着いた気分で日曜礼拝に出かけてきました。

海外に居て日本語で礼拝説教を聴けるということはとてもありがたいことです。
アタシの通う 香港JCF(香港日本基督者教会) は今年45周年を迎えました。

キリスト教会ってどんな感じ? と興味があれば
日々の暮らしに草臥れているサラリーマンのお兄さんもお姉さんも
海外で子育てに悩むお母さんもどうぞ気楽に訪ねて来てください。

クリスチャンになれ! なんてアタシは決して押し付けたりしませんから!


ガリラヤの風かおる丘で
ひとびとに話された
恵みのみことばを
わたしにも聞かせてください

嵐の日波たける湖(うみ)で
弟子たちをさとされた
ちからのみことばを
わたしにも聞かせてください

ゴルゴダの十字架の上で
つみびとを招かれた
すくいのみことばを
わたしにも聞かせてください

夕暮れのエマオへの道で
弟子たちに告げられた
いのちのみことばを
わたしにも聞かせてください


(詩: 別府信男 曲: 蒔田尚昊)

Midi をクリックするとちょっと早めのメロディーが流れます。 
(歌詞の下側で音量の調節はできるけど、オフィスで仕事中に聴いちゃ駄目よ!)


アタシね、この讃美歌を教会で歌うと、いっつも涙がでてきます・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-09-03 00:47 | 大人の童話 | Comments(2)

今日からそして明日から

b0027290_1335629.jpg
 (TOKYO Ginza 金春通りへの抜け道)   



今日からそして明日から

私は 今日まで 生きてきました
時には 誰かの 力を借りて
時には 誰かに しがみついて
私は今日まで生きてみました
そして今、私は思っています
明日からも
こうして生きていくだろうと

私は 今日まで 生きてきました
時には 誰かに おびやかされて
時には 誰かに しがみついて
私は今日まで生きてみました
そして今、私は思っています
明日からも
こうして生きていくだろうと

私は 今日まで 生きてきました
時には 誰かに うらぎられて
時には 誰かと 手をとりあって
私は今日まで生きてみました
そして今、私は思っています
明日からも
こうして生きていくだろうと

私には 私の生き方がある
それは おそらく 自分というものを
知るところから 始まるものでしょう

けれど それにしたって
どこで どう変わってしまうのか
そうです わからないまま 生きて行く
明日からの そんな私です


(作詞・作曲・唄: 吉田拓郎



皆さん、大変ご無沙汰しております!
お騒がせ虫むんむんのアタクシですが
今日も元気に生きてます!

しばらく各国の路地をバタバタと徘徊しておりましたが、
昨晩、成田から無事に香港へと戻り、
久しぶりにブログを開いて
皆さんからの温かなコメントにマナコを濡らしています。
(返事が返せなくてごめんね…。)

アタシ・・・

いつかきっと、みんなと会える日が来るようにと

明日もどっかで頑張ってるからね!



ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-08-28 01:29 | 夢のカタチ | Comments(2)

自分の運命を嘆かない!

b0027290_0185890.jpg

強い人間は、自分の運命を嘆かない!
と、かのショーペンハウエルは言ったそうです。

アタシは
ショーペンハウエル などという哲学者などとは比較するすべもなく
間違いなく、とっても弱くて小さくて愚かな人間のひとりですが、
こんなアタシだって
決して、自分の運命は嘆かない! です。

この週末にアタシは
思いもかけないほどにたくさんの懐かしい方々と再会し、
私の生きてきた道とその時間、そして今の今が
とても祝されているということを肌身で感じることができ、
シンジラレナ~イ! くらいに貴重な時間を持つことができました。

人生って、面白いね!

心が変われば態度が変わる。
態度が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

(by蓮沼文三)


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-08-13 00:33 | 大人の童話 | Comments(18)

これが私の生きる道?

b0027290_1153351.jpg

土曜日にはランカイフォンのJULY・FESTで昼ビールを煽り、

b0027290_1172315.jpg

一日中、陽気な仲間と馬鹿騒ぎをし、

b0027290_1182052.jpg

b0027290_1321194.jpg

日曜日には朝の清らかな礼拝の後、
知る人ぞ知るコンダット・スタジアム秘密練習場の灼熱の陽の下で

息子仲間とサッカーに戯れ・・・

 ●●●●●

本日より、股間節痛を隠して気丈に振舞うアタシって
なんだかとても可愛い (可哀想な…?) オヤジでしょ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-07-31 01:29 | 大人の童話 | Comments(12)

あなたの中の最良のものを

b0027290_1452671.jpg

あなたの中の最良のものを


人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行うと
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい



最後に振り返ると、あなたにもわかるはず
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです
あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです


マザー・テレサ

 
★★★★★


小善は大悪に似たり
大悪は非情に似たり


人の心に気がつかない不幸な男がいる
何を言っても話しても
聞く耳を持たない哀しい男の行く末を案じながら
今アタシはこの言葉を思い出し、そして口ずさんでいる…。

どうぞその方が幸せになりますように…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-07-26 02:04 | 夢のカタチ | Comments(8)

キックオフ!

b0027290_200241.jpg

私は賢人ではない。
ロバのように見栄えがせず、愚鈍で、のろまです。

しかし、ロバは 「戦い」 や 「」 の象徴としてのとは違い
平和」 と 「仕える者」 の姿を象徴しているそうです。

この半年あまり、実は私の心はとても疲れていました。

高圧的な態度、不純な思い、ねたみ、そねみ、罪責感、思いわずらい
猜疑心、敗北感、自信過剰、自信喪失、破壊的批判、欲求不満、無目的・・・


こうした心の奥底に潜む暗い影を常に抱えているような不遜な者たちに仕掛けられて
私の身に降りかかったとても不幸な出来事があったからね・・・。

だが、そのことも今にして思えば
人生の豊かな実をつけるための私に対する神さまの周到な計画があったのかもしれない。

今、私はこう思っている。

誰かが私に対してひどい非難をしたとしても
聞く耳を持たぬ相手には黙して語らず
根拠のない攻撃や建設的ではない意見に惑わされないように
私が修練するための道とすることができる。

誰かが私の行く手を阻もうとしても
障害を回避する方法をみつけ
私の決意を強くし
問題を解決するための能力を高めて
柔軟性を増すためのチャンスとすることができる。

誰かが私を見捨てたり約束を破ったとしても
私が黙って自制することで
自分に自信をもつための必要不可欠なレッスンだった思えることができる。

誰かが悪意に満ちた偽りのうわさを広めたとしても
それは私の周りにいる人々の本質が明らかになり
誰が私の本当の友人であるかを見分けることができる。

そうこうしているうちに私が黙っていても
不遜な者たち のそうした言動は、必ずあからさまになってくるだろう。

そうした者たちの末期がどうなるかは、旧約聖書の 哀歌 を読んでみるといい。


否定的なことが起こるたびに、そのことが私にとっては救いの足掛けとなってくれた。
私の身に降りかかった災難が、私の可能性を広げてくれたことに心から感謝したい。

だから、今の私は一点の曇りもなく
一切の思いわずらいを解き放つことができる。

明日・・・2007年7月3日
愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制 という9つの言葉をを心に刻んで
私は、私自身の実り豊かなる未来に向かって感動のキックオフ!です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-07-02 20:01 | 夢のカタチ | Comments(17)

半信半疑という美学

b0027290_23394826.jpg

人生が公平ではないことを
悟れるくらいの歳になって
半信半疑という美学を知る

平凡であろうが逆境にあろうが
富んでいようが貧しかろうが
才能があろうがなかろうが

自分の置かれた状況のなかで
ただ黙って最善をつくせばいい

自ら創意して仕掛ける遊びは無敵

半信半疑な用意でどんどんやり始めて
あとになってあわてたりもするが
それもまた楽しからずや

無知から経験
それが人間


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-06-29 15:18 | 大人の童話 | Comments(2)

食う寝る遊ぶ!のベビーシッター?

b0027290_3123946.jpg
(photo from a brush with hong kong by Dave Parker @1990)


夏休みで香港に戻った息子
食う寝る遊ぶ を目指すのか!? と思っていたら
TVコマーシャルのキャスティングの仕事なんぞしてる

そうかと思えば、先週からは知人の英国人夫婦に請われて
ちゃっかり5歳の男の子のベビーシッターまでやっている

息子が所属する香港フットボールクラブのメンバーで
息子をよく知り、彼の性格が好きなんだ!と云ってくれるその夫婦
彼はひとの気持ちがよくわかるから…という理由で
午後の5~6時間ほど自分の子供と一緒にいて欲しいという

一緒に遊ぶ、学ぶ、食べる、習い事へのエスコート
で、時給150ドル (2400円) 交通費は別途
一日5時間で750ドル (12000円) って、
学生のパートタイムジョブとしては中途半端じゃない金額だよ!

芸は身を助けるとは云うけれど
あっさりと 食う寝る遊ぶ を別の形で実践してる!

気を使う仕事ではあるけれど
こんな旨い話があってもいいのかな?!


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-06-27 11:59 | 夢のカタチ | Comments(2)

肝心なことは目に見えない

b0027290_13282780.jpg

ムダな時間を味わうための方法などない
ただ、利口でない日々を送ることが勉強だった
足の向くまま気の向くままに歩きながら
少しずつ手がかりをつかんでいく
なにかが大きく変わるとき
うれしくなかったことの意味がわかった

人間の一生は、神さまが書いた童話のようなもの…。


道端のがれきの中から
黄金を拾い出すというよりも、
むしろがれきそのものが
黄金の仮装であったことを
見破る者は詩人である

(by 高村光太郎)


なるほどね~

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-06-21 13:35 | 大人の童話 | Comments(19)