冬来たりなば、春遠からじ・・

天地無言 作育萬物
桃李不語 下自成蹊


天地は何も言わずにあらゆる物を産み育む。
桃や李(すもも)は語らずとも、その花や実に人が集い、
自ずとその下には道ができる。

司馬遷の史記のなかに出てくる言葉です。
徳ある者は弁舌を用いなくても、人はその人徳を慕って集まり帰服する。

さあ、ぼやぼやせずに闘志を燃やして種まきしなきゃ!
桃李のように人が集い、枝に鳥が戯れる…そんな春を夢見て…ね。
[PR]
# by tetsuyak04 | 2005-02-15 06:00 | 夢のカタチ | Comments(0)

Footprints

心に残る祈り
神様に会うまで
b0027290_14331632.jpg
One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Load.
Across the dark sky flashed the scene from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand, one belonging to me and one to my Load.
When the last scene of my life shot before me
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.

I realized that this was the lowest and the saddest times of my life.
This was always bothered me and I questioned the Load, about my dilemma.

" Load, you told me when I decided to follow You, You would walk and talk me all the way.
But I'm aware that during the most troublesome times of my life there is only one set of footprints.
I just don't understand why, when I need You most, You leave me"

He whispered " My precious child, I love you all and will never leave you never, during your trials and testings.

When you saw only one set of footprints it was then that I carried you"

(1964 by Margaret Fishback Powers)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

足跡

ある夜、私は夢を見た。

私は、主とともに、なぎさを歩いていた。

暗い夜空に、これまでの私の人生が映し出された。
どの光景にも、砂の上に二人の足跡が残されていた。
一つは私の足跡、もう一つは主の足跡であった。

これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
私は砂の上の足跡に目を留めた。
そこには一つの足跡しかなかった。
私の人生でいちばんつらく、悲しいときだった。

このことがいつも私の心を乱していたので、私はその悩みについて主にお尋ねした。

「主よ。私があなたに従うと決心したとき、あなたは、すべての道において私とともに歩み、
私と語り合ってくださると約束されました。

それなのに、私の人生の一番辛いとき、一人の足跡しかなかったのです。

一番あなたを必要としたときに、あなたがなぜ私を捨てられたのか、私にはわかりません」



主はささやかれた。

「私の大切な子よ。 私はあなたを愛している。
あなたを決して捨てたりはしない。 ましてや、苦しみや試みのときに。

足跡が一つだったとき、私はあなたを背負って歩いていた。」





神様・・・愛しています。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

[PR]
# by tetsuyak04 | 2005-01-22 05:21 | 聖書・信仰・祈りの世界 | Comments(0)

横槍

よこやり 【横▼槍】  by 大辞林
談話や交渉の途中で、横から口を出して妨げること。
(原義は) 両軍の合戦中に別の一隊が横合いから槍で攻めること。
(――を入・れる)
人の話や仕事に第三者が横から口を出して妨げる。差し出口をする。



無粋な横槍を平気でかます
そういう輩に辟易しながら
沈黙の世界を漂っている
苦悩を笑う者たちは、嫉妬の塊
明日、俺が笑ったら
また尻尾を振って近づいてくるのかい?
何事もなかったみたいにね
ちっぽけな人間
イヤだな~
[PR]
# by tetsuyak04 | 2005-01-12 06:52 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

本気

週一度だけの武道場での合気道稽古
楽しくて…愉しくて
だんだん本気になってきた

もっともっと稽古がしたい、だが
金も無い、場所も無い
欲も無く、見栄も無く
ただ静かに笑って無心に打ち込む時間が欲しい

野外に見つけた無償の稽古場
ここは香港、ビクトリアパーク

街の明かりや月光の真下で
木々の鋭気や風を感じて宇宙と一体になれる場所
ここは野外の稽古場

これでいい
ここがいい

ここで流す汗の数だけ、心もからだも洗われるから

[PR]
# by tetsuyak04 | 2004-10-24 15:32 | 武道・合気道・心の稽古 | Comments(2)

新しい門出

貧しいことが善でもありません
豊かなことが悪でもありません
貧富にかかわらず貪欲の心が起こるとき
ひとは美しい心を失ってしまうのかもしれません

そんなことに気付いて今
アタシ
新しい領域に足を踏み込み始めました

b0027290_1571319.jpg

[PR]
# by tetsuyak04 | 2004-10-20 15:06 | 徒然なるままに戯言を | Comments(2)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧