旅の途中

長かったような気もするし
あっという間のような気もします
お陰さまで
息子が
無事
卒業です

晴れ晴れしい顔で
未来を夢見る若人を祝し
また
アタシ自身も
晴れ晴れとした気持ちで
更なる旅を
愉しむように

今朝
イギリスに
向かいます

b0027290_2322068.jpg

ひとつひとつ
かたずけて
ゆくんだね
具体的にね

みつを

[PR]
# by tetsuyak04 | 2009-06-21 03:00 | アタシ…のこと | Comments(2)

気分転換

b0027290_0422083.jpg


年の初めの睦月の静けさはいったいどこに行ってしまったのでしょう?
如月、弥生と月が巡るにしたがって、慌ただしく飛び回る日々が続いています。
さっぱり頭が休まりません。

出張のたびにキャリーバックに入れられて、知人宅に預けられるワンコも
この頃では流石に呆れてしまったようで、
アタシが在宅しているにもかかわらず、玄関に置いてあるキャリーバックに自ら入って
「さあ、私を知人宅まで連れてって!」 という意思表示をするようになりました。

あ~あ、アタシ思いっきり気分転換したくなりました! とか云って、
ブログスキンを替える程度かよ、オレ。 
あ~あぁ~。
[PR]
# by tetsuyak04 | 2009-03-23 01:16 | 徒然なるままに戯言を | Comments(10)

モチベーション (2009)

b0027290_2138388.jpg
昨年は息つく暇もないほど忙しかった2008年でした。

迎えた2009年の幕開けは、
なんだか…
とてつもなく広い大地にひとりたたずみ、
どこまでも果てしなく続く景色をただ眺めているような、
そんな気分にアタシをさせています。

まるで風景画のように何ひとつ動かず、
時が止まっているかのようです。


今朝は早から起きだして掃除洗濯を済ませ、
開け放ったバルコニーに椅子を持ち出して読書三昧です。
本屋で偶然目にした長いタイトルが気になったというだけの理由で
先日購入しておいた洋書を開いて拾い読みしていました。

IT’S NOT HOW GOOD YOU ARE,
IT’S HOW GOOD YOU WANT TO BE.
 
(by Paul Arden 1940-2008)

明日からまた始まるビジネス戦争や日常への心構えとして参考になりそうな
気の利いたキーワードが所々に散らばっていました。


何かに向かって走り続けるように高いモチベーションを保ち続け、
野心を持ち、
自分のなりたい自分に一歩近づく手ごたえを感じながら、
広さや深さや高さを意識して2009年を過ごしてみようと思います。

きっと年の終わりには、開放感に充ち溢れた
心地よい気分に浸れるかもしれません。

今年もこんな風なアタシ…皆さんどうぞ宜しくお願します!
[PR]
# by tetsuyak04 | 2009-01-04 21:42 | 徒然なるままに戯言を | Comments(11)

夜間飛行

自分の歩いた足跡が古い記憶となって消えてしまわないように
写真を二つ三つ残しておきましょう。 

深夜の香港空港、鳥取砂丘、倉敷美観地区。。。

先々週(16-24日まで)は中国地方(ちゅうごくちほう)といっても日本の地域のひとつ、
本州の西部に位置する山陰山陽地方、鳥取と倉敷へと出かけてきました。
♪旅に出るなら夜の飛行機、見つめるアナタぁ~セクシィー♪♪  ってな気分ではありませんでしたが
香港から羽田行きの深夜便をはじめて使ってみました。 で、感想は!? といいますと、
アタシみたいな中途半端な年寄りは無理して死に急ぐような真似はしないほうがいい!
と気づかされました。 
やめればよかった…深夜便なんて…。
b0027290_22123194.jpg
b0027290_22131076.jpg

b0027290_2219557.jpg
b0027290_22135531.jpg
b0027290_0483935.jpg
b0027290_22225847.jpg
b0027290_2217263.jpg
b0027290_22232214.jpg


倉敷美観地区に社を構える北田証券さんの店先の黒板にチョークで手書きされた株式市況に見入ってしまいました。
グローバル世界の金融はDIGITAL化されたシステムで動いているとばかり思い込んでいましたが
システムを動かすもの・・・その根っこはやっぱり人間なんだよな。

状況に対する前向きな捉え方は日々の生活の参考になりますね。
[PR]
# by tetsuyak04 | 2008-11-02 22:43 | 徒然なるままに戯言を | Comments(2)

冷暖自知

b0027290_2335382.jpg
ネットの回線が重くて、ようやっと写真アップです。 (数奇屋造りの花茶寮門前にて)


8月26日に生存証明とかいって Progress でお茶を濁しておりましたが、
実際は4月26日に記した 一期一会 から半年ほど自身のブログから遠ざかっている間、
カラダがボロボロになるくらいにアタシは実によく働いてきました。 

一つ所にとどまることのない雲水の如く中国、日本を駆けまわっていました。
多くの人間と出会い、良くも悪くも様々な感情を垣間見ながら溺れもせずに流れてきました。 溺れているのか?

建築馬鹿から商社マン、流れ流れて飲み屋のオヤジ、流れついでに再び IT世界なんぞに足を踏み込み、
奇跡のサラリーマン!とは誰も言ってはくれませんが(涙)、こんなアタシのMirai Project は
きっとまだまだ続きます。

手前の罪や罰を棚上げにしている弱い人間のアタシが、
自分がいったい何をしているのかわからないほど非情で愚かで傲慢であったりするお馬鹿で脆い人間たちを
身近な反面教師として捉えていると聞いたらきっと皆さんお笑いでしょう。
そうは云いながらも、腹の底ではやっぱり馬鹿なやつは本当に馬鹿だなと思うほどの馬鹿が
実に多い世の中だとアタシはこの頃ツクヅクそう思います。

財布の中の札束の厚さやクレジットカードの枚数では人は幸せにはなれません。
人を力で動かそうとする者はいつか人に裏切られます。
人の為と書いて、偽り(いつわり)と読みますが、心が無いと空しいですね。

人間、生まれてきた時は皆裸です。 生まれたら死にます。 例外はアリマセン。
アタシ、どこで野垂れ死にするかわかりませんが迷惑は最小限にとどめたいなと思っています。
アタシが逝ったら、オマエ泣けよ!と脅しながら部下を可愛がっている毎日です。

悟りから連想される智慧を以て生滅の因縁を明らかにし、次いで因縁を滅ぼして苦しみの六道を解脱して云々……
というような話は立派な?学者や坊主に任せるとして、
正味の生き方というのがあるとすれば、それは結局のところ なにもいらん! という
まるで禅の悟りのような気分なのかもしれませんね。

アタシ…何となく行き着く先が見えてきたような気がします。 
相変わらずの錯覚かもしれませんけんど。

bebecatさん
クリスタルさん
ようじさん
mimiさん
eremiyaさん
chocoさん
アリスさん

コメント有難うございました。 
暖かな言葉は陽だまりの座布団のようです。

拙いブログに目を通して下さっている多くの皆様
いつも本当に有難うございます。

なんもいらん! とかいっても
健康は大切です。

ボロボロのカラダを鍛えに今からジムに行ってまいります。
[PR]
# by tetsuyak04 | 2008-10-12 14:57 | 夢のカタチ | Comments(3)