<   2007年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

香港の祭り~Hong Kong Rugby Sevensで熱くなる

b0027290_2128422.jpg
b0027290_2513173.gif (人気blogランキングへ)

毎年イースター前に開催される International Rugby Seven Hong Kong 2007 が始まった。

香港に住む外国人が一年中でもっともエキサイトする3日間…香港の祭りだ。
だがこの祭り、実は新年前のチケット発売のアナウンスとともに始まっている。
チケットの争奪戦だ。 キャンペジやロムーが現役だった時代からずっとそうだった。

香港が中国へ返還される1997年に、香港で開催されたSevensのワールドカップは勿論のこと、
それ以降も年々人気が高まり、旧植民地香港の宗主国として英国が残していったこのイベントは
香港の春の祭りとして廃れることがない。 

過去の日本チームの活躍も鮮明に記憶に残っている。 1999年、Plate class の決勝。
残り時間3分。 日本チームが圧倒的に劣勢だったスコットランド戦で、フラフラになりながらの快走
を見せて驚異の連続3トライを奪い、その年のMVPに輝いた大畑大介の姿は未だに忘れられない。
b0027290_21233099.jpg

開催中のこの3日間は、めったに満席になることのない40,000人収容の香港スタジアムは
朝から熱気に包まれ、、仕事も時間も心配事さえも忘れさせるように人々を熱狂させる。 

地元メディアは連日テレビでライブ放送し、惜しくもチケットをゲットできなかった者たちにも優しい。 

ワンチャイやランカイホンやSOHOといったバー&レストラン街にはそんな連中がスクリーンを前に、
朝から晩までビヤマグを片手に一日中大騒ぎできるんだ。 
踊るほうも踊らすほうも、これほど愉しい集団ストレス発散現場にはなかなかお目にはかかれない。 

実際、そのなかに紛れ込んだときの連帯感と爽快感の記憶は忘れられないものとなる。

日本チームを含む24カ国の代表が7人制で前後半7分のゲームで勝敗を競うこのラグビー・イベントは
ラグビーの知識なんか全くない者さえも虜にしてしまう不思議なイベントだ。

国籍を超えて純粋にスポーツを堪能する粋な姿がここにはある。

昔、男ありけりの~開高健植草甚一 がもしここにいたなら、縁あって世界中から香港に集まった
こんな仲間たちと、間違いなく特上の笑顔で杯を交わすことだろう。

昨夜息子から、ハイスクール時代に一緒にサッカーで活躍していたキース(Keith Robertson) が
香港代表として出場するから応援してくれ!と嬉しいニュースが届いた。
イングランドの大学でラグビーを磨き、在籍するHKFCから香港代表として選出されたんだ。

今日のアルゼンチン戦に出場した彼は、華麗なサイドステップで見事な初トライを奪ってくれた。
b0027290_21244445.jpg

糞世知辛い世の中だからといって、つまらんズルをしながら生きてるような、チンケな根性の奴らにこそ、
こんな爽快な世界があるってことを教えてやりたい。

きょうの日本戦での中国チーム…執拗で不必要なファールはいけないよ~! 
毅然と笛を吹いて右手を挙げたレフェリーの手にはイエローカード…
スポーツの世界だけじゃなく、正義はいつだってこうでなくちゃ~いかんよね。

スタジアムで振られる日の丸の旗…いつ見ても熱い気持ちが伝わってくる…。
なんでこれを嫌う日本人が、日本には住んでいるのかな? 


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

b0027290_21262089.jpg

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-31 21:40 | 夢のカタチ | Comments(0)

光があるから影がある

b0027290_1442697.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


アタシ、書籍でも映画でもドラマでも歴史物に反応する癖があるようです。
昨晩、NHKの 「その時 時代が動いた」 を観ました。 
過去8年の番組で取り上げられた歴史を動かした偉人たちが残した言葉を紹介していました。
激動の人生からあふれ出た至言は、多くのひとびとに共感や感動を与えるものですね。

番組で紹介された言葉ベスト20はご参考までに下に書き残しておりますが、
傑出した人物がこの日本という国には随分いたのだな~とアタシ、あらためて感慨に耽りました。

あの時代この時代の背景から紡ぎだされた言葉の奥底には、
日本人としてのDNAがどこか垣間見えてくるような気がしました。

今、この国の政治や社会の中に巣食う似非日本人に、こうしたDNAは理解できるんでしょうか?
 
柳生宗矩の 『兵法家伝書』 の言葉を聴いたとき、生きるためのカンニングペーパーともいわれる
美和明宏の著書 『ああ 正負の法則』 と共鳴する人生哲学を感じました。

「前もって負をもちなさい」 という画期的な方法は、アタシのような凡人の普段の生活の中の
思い煩いを軽くしてくれる、そんな不思議なチカラが込められています。 アタシお勧めの一冊です。 

正があれば、必ず負がやってくる。
負があれば、必ず正もやってくる。
負を避けつづけようとすればするほど、正は歪んでいく。
織田信長の 「是非に及ばず」(=仕方がない) という覚悟も大事ですが
うたかたのごとく浮かれ騒いで悪いツケが回ってきてから慌てないように、
先ずは、負を先払いする気持ちがいつも必要だな~と思うわけです。

世の中、光があるから影がある。
夜があるから昼がある。
歴史があって現在がある…。

朝の来ない夜はない。 万事はすべて、相対的なんですよね…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !


続き・・・番組で紹介した言葉ベスト20
[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-30 14:44 | 国のカタチ | Comments(0)

雨が匂ってくる前に、おのれのすみかに辿り着け

b0027290_1947921.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


春の陽気に戯れて青空の下で愛でる桜もいいが、アタシは夜桜が好きだったな~。
幻想的な光の中で、ジオラマみたいに浮きあがった妖艶な桜の道を、ひどく遠い日のように想い出す。

もうすぐ4月…アタシのキライな卯月の香港は、これから湿度100%の洗礼を受ける。
街を歩き回って汗ばんだシャツは素肌に張り付き、汗かきのアタシの髪は乾くことがない。

都会のど真ん中で影絵になった高層ビルの隙間を縫って、今日も路地裏を歩いている。
都会のど真ん中だというのに、色と欲に絡んだ喧騒とは全く無縁の情景がそこには拡がっている。

b0027290_19411280.jpgb0027290_19414776.jpg



石段のひとつに腰をおろしてそんな空気に溶け込むと、どうしてここにアタシはいるんだろう? と、
なんだかとても不思議な気分になってくる。 そして、
身の程知らずだった頃のつまらぬ意地というものも、それはそれでよかったんだな…などと思えてくる。

繁華街を歩きながらでも、無意識に路地裏を探す癖がついてしまった自分だから、
どんな国に居たとしても、メインストリートには在りえない隠れ家の匂いを、きっと探し続けるんだろうな。

そんな自分を素直に喜べば…アタシがいま生きてる意味が、なんだかよくわかるような気がしてきた…。

雨が匂ってくる前に、
おのれのすみかに辿り着け、
おのれのすみかに辿り着け・・・。


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-28 21:03 | 大人の童話 | Comments(0)

昭和の匂いがまたひとつ消えた

b0027290_082357.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


植木等さんの訃報…アタシの中の昭和の匂いが、またひとつ消えた…。 (Excite)
アタシが少年時代に耳にした芸人たちの発したギャグは、アタシの中の昭和の匂い。

(1950年代) アタシがこの世に足を踏み入れた時代

伴淳三郎 : 「アジャパー」
由利徹 : 「カックン」 、「おしゃまんべ」
花菱アチャコ (エンタツ・アチャコ) : 「もう、ムチャクチャでごじゃりまするがな」

(1960年代) な~んも考えることなく、腹の底から笑っていた時代

植木等 : 「お呼びでない・・・こりゃまた失礼致しました」 、「わかっちゃいるけどやめられないっ♪」
谷啓 : 「がちょ~~ん!」
ハナ肇 : 「アッと驚くタメゴロー!」
トニー谷 : 「あなたのお名前なんてぇの?」
藤田まこと : 「あたり前田のクラッカー」
南利明 : 「ハヤシもあるでよ~」
東京ぼん太 : 「夢もチボーもないネ」、 「生活かかってっからネ」 、「まァ、いろいろあらーな」

(1970年代) 変な知恵がつき始めて、夢を見はじめた時代

いかりや長介 : 「だめだこりゃ」
加藤茶 : 「ちょっとだけよ~」
横山やすし : 「毎度! 横山や!」、 「眼鏡眼鏡…」 、「怒るでしかし! (しまいに)」、 「正味な話が・・・」
西川きよし : 「あるとこ分ってんねやろ?」
坂上二郎 (コント55号) : 「とびます、とびます!」
萩本欽一 (コント55号) : 「なんでそーなるの!」

.........etc.

今 おまえが生まれ
みんなが おまえを見て笑い
おまえは 泣いている

おまえが 逝く時には
おまえが 笑い
みんなが 泣くような
そういう人間に おなりなさい
 .....(ロシア伝承)

昭和の匂いとともに生きた植木等さんも、そういうひとのひとりだったね・・・。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-27 23:57 | 夢のカタチ | Comments(2)

ウマすぎる嘘はいけない!

b0027290_0301494.jpg
熊出没注意! バタークッキーバス from hokkaido
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


ウマすぎる! 白クマ塩ラーメン なる記事に目が留まった。
北海道のラーメンだな! と、なにげなく思ったが、
ちょっと妙な気もした。 なんで 白くま が北海道なんだよ?!

記事を読むと、旭川の 旭山動物園 の白くまをイメージしているとある。 あぁ、納得…。

この記事を読んだとき、フッと学生時代の仲間を前にして自分のついた嘘を思い出して苦笑した。

地方各地からやってきた新しい仲間らが集まって、それぞれがお国自慢をはじめた。
ある男が、アタシに向かってホッカイドーのことがもっと知りたい!と云いだして催促した。

アタシはマジメな顔をして奴らに、こう話して聞かせてやった。。。

「北の大地の冬は厳しくてね、1月になると東部沿岸には 流氷 がくるんだ。 知ってっか?」

みな、一様にうなずいた。 アタシは続けた…。

「オホーツク・ブルーと白銀が輝き、その雄大な自然が創る別世界には誰もが言葉をなくすんだ。 
だけどね、地元の人はたいへんなんだ! すんごくキケンなんだよ! ヤバイんだよ!」

モッタイブッテ、アタシは一呼吸おくと、『なんで?』 という顔をして皆が続きを待つ。

「実はさ~…これはあまり知られてはいないんだけどね、流氷が流れ着くその時期に
カムチャッカやアムール川から氷に乗ってきた白くまが人を襲うことがあるんだよ!」

え~~っと云う顔だが、コイツらはだ~れも疑ってはいない…。 で、嘘の話はさらにつづく。

「だからさ~、白くまが流氷に乗って接岸した町を襲わないように、毎朝、天気予報でな、
白くま注意報! ってのを流すんだよ~!」

へぇ~~っと、奴らはみ~んな、納得したような顔をして大きくうなずいていた…。

嘘だよ~~! と、アタシは云っていない。
いまでも信じてる奴がいるかもしんない・・・。 ごめんよ。。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-26 23:00 | 大人の童話 | Comments(3)

白い犬とワルツを

b0027290_2225094.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


アタシの家にワンコがいる。 

、と書くのは、はちみつさんとこの ブログ がワンコの話だったから…。 (なんだ?)
、と書くのは、実は ワンコが2匹 いるから…。

娘1号は、愛嬌のいい、性格の優しい コッカ・スパニエル。 で、名をスノーイという。 白いから。
娘2号は、嫉妬深くて小賢しい、勘違い女の ポメラニアン。 で、名をイッポナ(美人?) という。 
だけどアタシはチビ!と呼んでいる。 だって、チビだから。

この娘らは今、香港島のアタシの家からこの写真の向こうのラマ島というところで島暮らしをしている。

息子が家を離れてから、アタシの不在時に面倒を見る者がいなくなったのが理由だが、
本音は一足先にのんびり田舎暮らしをさせてみようとアタシがこの娘らに、ちょっと暇を出したから。

どちらもアタマがいいのか悪いのかわからない。 だけどアタシには、そんなことは問題じゃない。
小さいときに教えたお手だけはいつまでも忘れないでいる。 それだけでアタシはじゅうぶん、イトオシイ。

空気の澄んだ疎開先の島暮らしが、とても気に入っているようで、たまに実家に戻ると元気がない。 

スノーイ は、首輪をつけると安心する?…臆病者タイプ。
イッポナ は、首輪をしたことがなく、外に出すと抱かれるまで動かない。

花嫁修業には歳をとりすぎたこの娘らが、修行に疲れて出戻りになる日が待ち遠しい。

かなり前に読んだ、テリー・ケイの 白い犬とワルツを という小説がある。 
ちょっと不思議な、でも読み終わったとき、ぽわ~~んと温かい気持ちになったことを思い出している。 
アタシもそんな歳になってきたのかな…。

しあわせ…って身近にあるね。
幸せとは、その文字の組合わせから (土地)と (お金) だ! というひともいる。 
仕合わせ…と書いて、互いが労わり合い、支えあい、仕え合うことだよ! というひともいる。
どっちも、ひとに優しい しあわせ であってほしいな。

明日、島の娘らに会いに行こ…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-25 22:31 | 大人の童話 | Comments(0)

ジョーク・国の仕組み

b0027290_2037898.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


子: 「とうさん! ひとつ聞いてもいい?」
父: 「なんだね?」
子: 「国の仕組みって、どうなってんの?」
父: 「おぉ~、いい質問だな! そうだな~、よし、うちの家族を例にとってみよう。」

   「父ちゃんはお金を稼ぐから ”経営者” だ。」
   「母ちゃんは家計を管理してるから ”政府” だ。」
   「そして,父ちゃんと母ちゃんに面倒を見てもらっているお前は ”国民” だな。」
   「ウチで働いているお手伝いさんが ”労働者”ってわけだ。」
   「で、赤ちゃんは…そう! ”未来” だね。」
   「国の仕組みって、だいたいこんな感じだよ!」

子: 「う~~ん。 なんだかよく分かんないや!」

その夜、赤ん坊がおもらしをして、ひどく泣いていた。
彼は両親に知らせようと寝室に行ったが、母ちゃんはイビキをかいて熟睡している。
そこで,お手伝いさんの部屋に行った彼は、ドアの隙間から父ちゃんとお手伝いさんが
ベッドの上で夢中になっているのを見てしまった。
しかたなく、彼は自分の部屋に戻って考え込んでいたが、いつのまにか眠ってしまった。

次の朝・・・。

子: 「やっと国の仕組みが、分かったよ~!」
父: 「ほう! えらいな。 どれ、説明してごらん!」

子: 「あのね、えぇ~とね、”経営者” が ”労働者” をやっつけている間 ”政府” は眠りこけているんだ。
   そして、”国民” は完全に無視されて、”未来” はクソまみれなんだよ!」

みなさま、愉しい週末をお過ごしください。。。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-24 20:53 | 大人の童話 | Comments(2)

ブログのチカラとジャーナリズムの脳みそ


偶然たどり着いた ブログ 刻々是雑感写真の持つ力 という記事と写真をぜひ紹介したいと思う。
アタシ…この写真に目がクギ付けとなり、その解説文を読んでさらに衝撃を受けた…。

b0027290_15414491.jpg
疲れきった妹を背負った頼りになるお兄ちゃんの写真…?

そんなセピア色に染まった懐かしいアルバムの中にあるよう写真なんかじゃない…。

「ナガサキ」 の原爆投下後、弟か妹の遺体を背負い、次々と火葬されていく順番を唇をかみしめながら待っている少年…。

写真を撮影した米従軍カメラマン、
ジョー・オダネル氏のコメントを引用:

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。

しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。 …しかも、足は裸足です。



少年は焼き場のふちまでくると硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。

この時私は、背中の幼子がすでに死んでいることに初めて気づいたのです…。

男たちは幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。 真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。

その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気がついたのは…。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。 夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。
……背筋が凍るような光景でした…。
(引用おわり)


アタシ…この写真を見て耐えられなくなってきた…。 そして
だんだん腹が立ってきた…。

今、日本という国にとって真剣に取組み、解決せねばならない重要な問題ってなんだ? 
暗雲漂う渦巻きのようにどんどん、どんどん、ひろがっていく。

日本という国を侮蔑した歴史の捏造と認識のあやまち
従軍慰安婦決議問題
南京大虐殺捏造問題
・首相の靖国参拝問題
・竹島問題
・北方領土問題

生活の安全・安定を脅かす国際・国内問題への取り組み
・北朝鮮による拉致問題
・北朝鮮による核問題
・外交・防衛問題
・憲法問題
・法律改正問題
・格差問題
・教育問題
・福祉・年金等の社会保障全般

片手まで解決できる問題なんてひとつもないよ。

無駄に時間を浪費するような国会議員や官僚のやっていることはいったい何なんだ?
どんな神経で生きているんだ?

野党がやってる仕事っていったいナンナンダ? 
・審議拒否
・柳沢厚労相の女性機械発言の追及
・松岡農相の水道光熱費問題の追及
・都知事推薦人選定の迷走といいわけ
・統一地方選と夏の参議院選挙へのパワーゲーム

不遜かつ偏狭な野党陣営のあからさまな国政妨害は
最も大事な国益を害する無差別な犯罪に等しい。

与党保守連合を一方的に支持するつもりは無い。が、
対立する野党があまりにも酷すぎるから選択肢がない。

言葉だけの正義を振りかざすのもいい、で、なにが解決できる!?
身近な社会問題を論点にして一方を批判し煽るだけ。 で、なにが解決できる!?


マニュフェストなどと洒落た言葉を捜してきても、真実を隠すばかりでは、
具体的な行動と意義ある改善は一向に見えてはこない。

ジャーナリストのいうジャーナリズムって、いったい何なんだ?
高みに潜んで国民を愚弄し、目を欺くかのように枝葉末節な話題で時間をつぶす。

こんなヤツらに国民の本当の痛みなどわからない。
こんなヤツらが造った世界に飲み込まれ、やがて吐き出されるだけの民であっていいわけがない。

何度でも云う。
包帯を巻いてやれないのなら、他人の傷にふれてはならない。


ワタシらにとって重要な問題とはいったいなんだ?
ワタシら自らができることって、いったいなんだ?


国民の生活は日本という国が安泰であってこその話です。
いまの日本という国は安全ですか? 安泰ですか?

この日本という国のカタチを考えるとき
いつの間にかこの前提が忘れ去られてはいないだろうか?
日本という国が安泰であると仮定して、好き勝手な議論がなされていないか?

この国があぶない!と叫ぶだけじゃ野党の野次馬と変わらない。

さて、大切なことってなんだ?

私たち自身のココロが変わらなければ、この国は変わらない。 アタシ…そう思う。

アタシは、面妖な利権搾取の国会議員を嫌う!
アタシは、捏造と拝金のジャーナリズムを嫌う!
アタシは、日本というこの国を危険にさらす、すべての反日集団を嫌う!

だが、アタシは、日本の名誉を毀損したり、精神的・経済的な損失を与えたりするそういう嫌いなひとたちが、ひとたび真実に目覚めて、美しい国のカタチを創るひとりひとりになることを祈る!

アタシは、世界中のすべての国の人たちが、笑って手をつなげる日がくることを祈る!

今、この国にとってホントに頼れるものは草莽の民のチカラだと思っている。 
ブログのチカラを信じてみたい。

善意と正義と真実を求める意思をみんなで集めよう。
そして、脳みそを切り替えてブログに集おう。。

多くのひとが、このたった一枚の写真に映る真実を…自分の子どもたちにダブらせてみたらいい。
こんな国のカタチ…アタシには耐えられない…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-23 16:05 | 国のカタチ | Comments(15)

真之介

b0027290_1213964.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


真之介 (しんのすけ)…私の息子の名前だ。
漫画クレヨンしんちゃん が世に出るより早く、アタシはそう決めていた。

子どもができたら、その子はきっと男の子で、
名前は真之介にする…そう決めていた。 二十歳の頃だった。

真理はひとをタスケル…。

一卵性親子といわれるほどに良く似た男の子が生まれたのは18年前。
かれが10歳のときに離婚をきめた。
かれは アタシを選んで、いつも傍にいてくれた。

昨日、小雪降る英国から明るい声が響いた。

「てっちゃん、なんにも心配いらないからね。 気楽に行こう!」

ずいぶん苦労をかけてきたはずだけど、
オマエからそんな言葉をもらったら…
アタシ…………もう、なんにもいらないや…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-22 12:14 | 夢のカタチ | Comments(6)

ヨウコハ、シンデハナラナイ

b0027290_234840.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


昨年末、アタシは人間不信に陥るような危機的な事態に直面した。
自分の生活が何かごまかされているような、押し流されているような
そんな感じがして、人間というものをひどく恐ろしいものに感じた。 

今年になってから、冷静さを取り戻して思考の連鎖を組み替える作業を続けていたが
三浦綾子の人間の底深さを解明するような 「救いの文学」、「希望の文学」 が役に立った。

塩狩峠
道ありき
草のうた
裁きの家
氷点(上)
氷点(下)
続・氷点(上)

そして今日、続・氷点(下)を読了した。

『氷点』 のテーマは 『人間の原罪』
そして、『続・氷点』 のテーマは 『罪のゆるし』 

それは、アタシにとって必要なテーマだった。

石を投げ打つよりも非道で冷酷な人間の非情さに無言で対抗するには
常に自分が人より正しいと確信している必要があった。 しかし、
相手より自分が正しいとする時、果たして人間はそんな相手に対して
あたたかな思いやりを持てるものだろうか?
自分が正しいと思うことによって、いつしか非道な相手を見下している冷たさが、
自分の心の中に育っていたのではないか? (原罪!)

小説を読み進むにしたがって、ようやく今、自分の心の奥底に潜む醜さの正体が
みえてきたような気がしている。

新聞連載中、「氷点」 における主人公の陽子のおかれた悲しさに同情し涙した読者は
陽子が追いつめられて自殺をはかる段階にきたときに三浦綾子に電報を打った。

ヨウコハ、シンデハナラナイ

人は、そしてアタシは…誰のことよりも、自分の事はたやすくゆるしている…。
人間とはなんと罪深いものだろう。

包帯をまいてやらないなら、他人の傷に触れてはならない…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-21 02:41 | 映画・音楽・本のこと | Comments(8)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧