<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

モノが多いのにモノ足りない?!

b0027290_11492590.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


モノは多いがモノ足りない!?
満たされていないってことですが
そう感じている人はきっと多いんだろうな~と、この頃ふと思うわけです。

どこか不自然ではあるが、不愉快ではない。 
だが、なんとも不健康な話だと…。 不合理ですね。

足るを知るという不都合な生活の意味がわかっていないんですね。
便利になりすぎて、便利であることの不便に気がつかないんですね。 不勉強です。
不便であることによって得られる価値観や新たな発見という喜びや
当たり前のことを当たり前に考えて当たり前に暮らすという覚悟がない。
で、無意識に慣らされて、必要以上な欲求を貪欲に求め続けていく。

いつか行き止まりになって、息苦しくなるのは当たり前ですね。

要は心のもちようなんですが
これが意外と簡単じゃない。 
ましてや金やモノだけで簡単に得られるもんじゃないんですね。
貧乏はかまわねぇけれど貧乏性に成り果てて
いつまでも無いモノねだりはイカンな~と思うわけです。

日ごと垂れ流される新聞やテレビや雑誌や週刊誌の宣伝を鵜呑みにして
造られた 「知識」 や 「情報」、あらかじめ規定された 「正義」 や 「良識」 を押し売りされれば
善悪の区別がつかなくなってくる者もでてきます。 

お隣中国のように年間に25万人もの若者が自殺するような社会・・・。
ある日突然、世界中で株が急落して経済混乱にあたふたとする・・・。 (Excite : 経済ニュース)
日本という私たちの国はどうでしょう? 不条理なことないですか?  (Excite : 社会ニュース)
モノが足りてきてもモノ足りない人たちの世界は深刻です。 だんだん不自由になってきます。

だから、根の生えた筋肉質のアタマを持つために、日々創造する習慣が大事なんですね。


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ

b0027290_11501554.jpg
香港動植物園の竹園に茂っている竹、なんか真っ直ぐじゃ~ねぇ~よな~・・・

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-28 11:51 | 夢のカタチ | Comments(2)

私、ホントによかったわ~


仕事以外でPCに向かってるときには音楽を聴きながらが多い。
J-WAVEの無料インターネットラジオ Brandnew J は、24時間あらゆるジャンルの音楽が流れていて、
とても重宝している。

晩御飯を食べ終わってPCに向かって接続したら、いきなり
トゥトゥ プーマシェリー マ・シェリー♪  トゥトゥ プーマシェリー マ・シェリー♪
トゥトゥ プーマシェリー マ・シェリー♪  トゥトゥ プーマシェリー マ・シェリー♪
と、流れてきた。

『あぁ~~~、すんげぇ~懐かしい~!』 1971年8月リリースのフレンチ・ポップス
Michel Polnareff の 『Tout, tout pour ma chérie, ma chérie』 だった。

このフレーズを聴いて、懐かしい~と心底思えたなら
其のひとは間違いなく、りっぱなオヤジです! と、私は思う。

「シェリーに口づけ」 なんて邦題だったから、当時の私は歌いだしの、Tout, tout は
チュッ チュッ だとばかり思って聴いていたよ、私。 (実は今晩もそう聞こえたんだけどね…。)
しかも、シェリーは女の子の名前だと信じて疑わなかったよ。

ところが、シェリーって女の子の名前じゃなくて、 愛しの人って意味らしい…。

35年以上も気づかないままで…信じて疑わなかった私の常識はあっさりと崩れてしまったけれど
自分の常識の幼稚さを再確認できた夜だから、私、ホントによかったわ。。。 


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ
b0027290_1531515.jpg

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-27 02:20 | 映画・音楽・本のこと | Comments(2)

誰もがいつか失う重さ…21g

b0027290_0482258.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


鬱陶しい空が嘘のように晴れた日曜日の香港。
眩いばかりの朝に機嫌よく起きて、ちょっと熱めのシャワーを浴び、
オヤジらしく?なく? 資生堂の芳香石鹸キンモクセイの香りを漂わせながら
私は、神様に会いたくて、教会へ出かけました。

信仰は生きものです。 
大事なのは過去なんかじゃない。
いつだって、今の今が大事なんだからね。。。 
(独り言です。)

午後、家に帰ってDVDを観た。 
21グラム (原題は、21 Grams) という映画。

絶望の淵にたたされた人間が、葛藤の末に希望を見いだすという
メキシコのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトウ監督 (舌噛みそう!) の作品です。
菊地凛子、役所広司も出演して最近話題の映画 『バベル』 の監督ですね。
ストーリーを羅列する野暮はひかえます。 

私、この映画のテーマにちょっと考えさせられました。 で、こう思うわけです。

命が消えるとき、人は21グラムだけ軽くなる… らしい。
その重さが 『魂』 といわれるものの重さだとしたら・・・ 

誰もがいつか失う重さ…21g

もしもそうなのだとしたら…
自分の命が消えるときに失う21gは
21gという私の魂の重さとして
自分が愛した人たちへの 豊かな愛の記憶 として
そっと残してあげられる永遠の贈り物。

そう考えるならば、それはとても幸せなこと。

だから、Life goes on… (人生は続いていくのだ…) という最後のセリフはきっと
誠実な 希望 という大切な意味を持つのだな~と、私は思ったのです。

一生懸命、生きましょう! そして、どうぞ命の重さを考えてみてください。。。


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ
b0027290_0484764.jpg

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-26 00:55 | 映画・音楽・本のこと | Comments(4)

善人も悪人も寝静まった頃・・・

b0027290_123933100.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


善人も悪人も寝静まった頃、独り音楽を聴きながら酒を飲むのが好きです。

酒は、肉体ではなく、精神が求める嗜好品。
健やかなる時も、病める時もって誓ったから。
 (嘘です。)

照明を落とした薄暗い闇に浮かぶオレンジ色のスタンドをぼんやり眺めながら
自分の息遣いとシンクロするように語りかけてくるハスキーな歌声
Diana Krall の世界にのめり込みながら、今日一日を振り返ります。

深夜、8時間の時差を越えて息子と会話しました。
自分の夢を抱えながら、昨年の9月にこの香港を離れた彼は、
多くの友達たちに囲まれて、元気に暮らしているようです。

お前、将来何やりたいの? って、聞こうかと思った瞬間
そういう俺自身はいったい何やってんだ? って想いがアタマをよぎって、
言葉にならなくなってしまいました。

Diana Krall の歌声が、心に沁みてきます…。
Billy Joel のカバーで Just the way you are を聴きながら
ぬるくなったビールを一気に飲み干します。
そろそろ寝ようかな、と思ったら
P.S. I love you...♪

すっかり夜が明けてしまいました。 

そろそろ、私も…。。。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-24 12:42 | 大人の童話 | Comments(4)

自分が何様であるのかをシミジミと考えてみる


私が携帯電話を持ち始めたのは14年前からですが
物持ちがいいというか、物を大事にするというか、必要に迫られて携帯電話を買い換えることなど、
めったにありません。

壊しません! 失くしません! めったに使いません!?

ところが、最近毎日のように携帯電話の充電をする所為か、待機時間がどんどん短くなってきました。 
ほとんど使っていないみたいな代物ですが、気になってきました。

「そりゃ~充電のしすぎだよ~」と、当たり前のように笑われると
充電時間の長さと、充電池の寿命がなんだか自分の人生と重なって、
そういえば私の人生も、時たま訪れる充電期間が長くなってきているような…そんな気がしてきて
この草臥れかかっている充電池が急に、イトオシクなってきました。

これを機会に、自分が何様であるのかをシミジミと考えているところです。。。



The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-23 16:19 | 大人の童話 | Comments(2)

『鈍感力』 を侮るなかれ


私は思う。
小泉氏の言う 『鈍感力』 を字面通りに受け取って、安部政権とその官僚こそ 『鈍感~!』 などと
キャンキャンと騒いだり、揶揄してはいけない。
それは今の野党諸氏の不健全な言葉狩りとなんら変わらん。 んで、ちょっと寂しいジャン!
そう思わん?

魑魅魍魎の政界力学の世界で、枝葉末節な言葉遊びによる謀事に一々反応してる暇はない。
不健全野党の国民を無視したマスターベーションは脆く、儚く、そして侘しく、さらに醜い。 
小手先だけの政治屋が思っているほど、無党派層=サイレント・マジョリティーは馬鹿ばかりじゃない!

能ある鷹は面妖な輩の矛先を鋭く瞬時に嗅ぎ分けて、『鈍感力』 を発揮して毅然と無視すればよろしい。

所詮、政界の支持率なんてもんは、BLOG世界のアクセス数みたいなもんで、
そんなもんに魂を売って、大事な時間を浪費して短い一生を粗末にするのは間違いなく不幸だ!

毎日せっせと三流記事をコピペして、面白おかしく評論家かぶれに成り下がっているのと同じような
そんな勘違いな、幸せの時間はそう長くは続かない。
そういった本質に気づかずにいることのほうが、よっぽど 『鈍感』 かと思っている、私は。
結局はご自由にって事だけど、胡散臭ければ、ただただ冷たく無視されるだけのことだからね。 

そういう私、昨日からブログ村のオヤジブログとか、人気ブログランキングに参加した。
数字に一喜一憂する気分がよ~くわかる。 私も根っからの負けず嫌いだから。 
正直、読んで欲しいと願うサイレントマジョリティーの発掘を、ココロから願っている。 

そうは言いながら、サイレント・マジョリティーの反応に対しては、私 『鈍感』 ではいられない。。。


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-21 21:14 | 徒然なるままに戯言を | Comments(2)

飛ばねぇ豚はただの豚だ


宮崎駿アニメ 『紅の豚』 (くれないのぶた) のポルコ・ロッソ (Porco Rosso) の台詞。

何故かは知らんが、600年ぶりの幸運な猪年だと言われる Year of the Pig 2007。
その旧暦の正月(春節)を迎えている香港。

一年の計は元旦にあり、そして一日の計は朝にあり・・・とか。 う~~ん
計らずも、年に二度目の元旦を迎え、なんとも変わり映えのしない朝を迎えているのだが、

そうだ! 年がら年中喧騒の香港が奇跡的に静かになるのはこの時期だ!(注1) とばかりに
オヤジブログ に参加してみた。 (意味わからん! が、まっ い~か!)。

オヤジパワーの刺激を受けて、木にでも登ってみっかな!? と思っている。 (嘘!)
b0027290_23295765.jpg
飛ばねぇ豚はただの豚だ。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

折角ですから香港の旧正月、大晦日の花市の様子をUPしましたのでご覧ください。
[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-20 00:18 | 香港漫歩@手ぶれ倶楽部 | Comments(2)

思いっきり地味な生き方・・・してみたい


人としてのほんとうの美しさとは、いったいなんだろう? 
人としてのほんとうの優しさとは、いったいなんだろう?

自分って何?
人間って何? 
人生って何?

どこでどんな風に生まれようが、
どこでどんな風に生きようが、
わたしの血の中を流れる罪を、ハッキリと 『ゆるす』 と言ってくれた権威あるものに感謝しながら
思いっきり地味な生き方・・・してみたい

魂が望んでいる・・・これがわたしの生きる道!
b0027290_002350.jpg
そんなことを考えながらSOHOの坂道を登っていた。 (復活した Peak Cafe の眩い電飾)
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


≪今の気持ちにシンクロするような、心理コラムからの抜粋。≫

~~~~~~~~~~~~~~思いっきり地味な生き方をしてみたい~~~~~~~~~~~~

皆が真っすく進みたいと言うのなら
私はわざと左に進んで遠回りをして失敗を繰り返し
その間に地道な努力を重ねてみたい

そしてどこかで別れた皆と会うことにしよう
私の姿には何の変化もなく、人目を引くこともなく、もてることもなく
「なんだおまえは何も変わっちゃいない」 と気がつかないならそれでもいい

分かる人にしか分からないようなところで
自分が成長しているのなら、それを誇りにして生きてゆきたい

私が彼女を連れて友人に紹介するとき
あまりに平凡な女性を連れてきたことに
「もっと 『いい女』 ならほかにいくらでもいるだろうに」 と言いたげな友人の顔を眺めながら
彼女のどこが 『いい女』 なのか他人には分からなくても
『遠回りをしてきた自分なら気がつくこともあるさ』 と心静かに勝利を喜びたい

久しぶりに自分のところを訪れた友人が
「何て地味な家に住んでいるんだい」 と言いたげな表情を隠しきれないでいるとき
「君は分かっちゃいないね」 と思いながらも
「なかなかいいところが見つからなくてね」 と友人の自尊心を損なわないような
返答をしてみたい

地味な生活を愉快だと感じる自分は
それの一つ一つの価値に気がついた自分だから
それはそのまま自分の成長を確かめていることになる

思いっきり地味な生き方とは
派手なことをしないことではなく
派手な自分を見せびらかして友人らに不快な思いにさせずとも
自信を持って生きてゆけることを示すことだから

そんな生き方を思いっきりやってみたい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(by 心理コラムの xSUNx)~~~~~~~~~~~~~~~~~~

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
人気blogランキングへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-17 23:57 | 大人の童話 | Comments(2)

立春 春の始まり

春はあけぼの。やうやう白くなり行く、山ぎは少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる…。
b0027290_1494797.jpg
文武廟で煙にまかれて Smoke gets in my eyes ♪


立春は春の始まり!ということで陽気に誘われて近所を散歩、1840年ころに立てられた香港最古の道教寺院として有名な 文武廟(まんもうみゅう) は旅行客も立ち寄るセントラル地区の観光スポットのひとつ。 我が家からぶらぶら歩いて10分ほどの Holywood Road (荷李活道) のはずれにあります。 
この辺は古物商やキャットストリートと呼ばれる露天街が軒を連ねていて、散歩していて飽きません。 
この辺りにある Pacific Coffee は、混雑していないのでゆっくり本が読める私の隠れ家なんですわ。 


<More Photo> ちょっと香港散歩してみましょ!
[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-05 01:53 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

義人はいない、一人もいない。


ニュースを眺めながら日本を憶う時 「なんか違うよなぁ」 と首を傾げることが多い。
b0027290_19195189.jpg
女性は産む機械!?


野党各党は、厚労省の柳沢大臣が辞任するまで審議を拒否するのだという。

この方の失言自体を擁護する気はないが、山積する諸問題と 「女性は産む機械」 という失言責任の追求とどちらの比重が大きいのかな?

『美しい国』 ではなく 『恥ずかしい国』 になった!と格好よく、そして都合よく批判する民主党の菅直人。

「発言は外国メディアも大きく報道している!?柳沢氏をかばい続ける安倍晋三首相や官邸は認識が鈍いし甘い!」 と相も変わらずヒステリックに叫ぶ社民党の福島瑞穂・・・。


「良心派」 を気取った偽善とご都合主義には開いた口が塞がりません。

「オマイラ、いつまでも騒いでないでしっかり職責を果たせよ!」 という空気が読めないのかね。
野党が野党たる所以なんだろうけど、ちょっぴり寂しい。

作り笑いの貧相な政治屋は、事あるごとに 「国民の皆様のために!」 とのたまうが、国民の生活に直結する予算審議を拒否してどうすんの? もっとまじめな問題意識で取組む集団であってほしいよ。 
(はっきり言うけど、私は旗振り役の民主党代表、小沢一郎の作り笑いがに嫌いです!)

あぁ、話を戻しますね。

「生む機械」 などという言葉尻に噛み付いて、取るに足りない問題をさも大事なことのように取り上げて国政を停滞させていることになんとも思わぬ国会議員を生んでいることが根本問題なんだよなぁ。

私は郵政民営化を狼煙に行政改革路線を断行し圧勝した小泉政権を支持した一人です。

あの時の民主党代表の岡田某や、後につまらん捏造記事で墓穴を掘ってしまった前原某は未熟ではあっても政策への取り組み姿勢は幾分か新鮮に感じられた。 だから小泉政権を引き継いだ安部政権の磐石なる体制への期待とともに、手強い野党として政治そのものに真摯に渡り合って、国政における正しい論議へと発展させていって欲しいという期待も抱いてはいた。 

だが、今やその安部政権も内からの脆さを露呈して目を覆いたくもなる。 

しかし、それでも尚、今の小沢、菅、鳩山執行部の民主党を筆頭とする野党連合の稚拙な姿勢には国政を任せる拠り所としての期待は残念ながら持てません。

政治が何かをいじればこの世から不平不満が一掃されるといった幻想を皆して振りまいているかのように見えてしまいます。

まさに、飼い主のいない羊の群れのようです。

今こそ政治をまじめに考えて、国民に付託されている責任を果たすことがまず第一でしょう。 

安部総理がいうように、『政治』 はいつだって二者択一ではないのだから。
今は早く審議に加わり国政の停滞を避ける努力をすべき時であり、そうすれば国民の政治を見る目が変わる!という方向で考えるべきです。 特に野党の方々は。。

余談ですが、武士道では 「義を見てせざるは勇なきなり」 といって、人として踏み行うべき正しい道のためには死をも辞さないという価値観がありました。 立派な価値観だと思います。

また、聖書には、「義人はいない、ひとりもいない。」 とありますが、正義に近ずこうとする人としての本分は決して忘れないで欲しいと思います。

貧弱な経済力しかなかった私たちの国が戦後大きな経済力を手に入れたのに、同じ島国の大英帝国イギリスの歴史と比較して、それに見合った政治や外交そして安全保障といった重要政策の研鑽と実践を疎かにしてきたツケが今、日本という国の稚拙な政治や社会に蔓延しているかのようです。

それにしても見渡せば、テレビや新聞といったマスメディアによる連日の論調と煽動は相変わらず酷いもんです。 国民を白痴化するテレビは見ないようにするのが賢くなる秘訣だというのは本当かと思いますね。 「職業に貴賎はない」 といいますけど、要は使命感の錯覚と喪失が致命的な気がします。

やっぱり、時事問題は片手間では語れませんね、ジジですが…。 失礼しました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-02-02 19:46 | 国のカタチ | Comments(4)