<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロマンチシズム : romanticism

b0027290_16153747.jpg世の中、わからないことがあるから楽しみがあるんだよ

わからないことが無くなったら寂しいよ

原因と結果の理屈を求めて納得しようとしても

すぱっと割り切れないから面白い

心の余裕ってそんなもんじゃないの?

語学でもスポーツでも精神世界でも

完璧さ、ばかりに気をとられてると

かえって精神によくないもんね!
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-30 16:24 | 徒然なるままに戯言を

イマジネーション : imagination

b0027290_16412577.jpg

ちょっと画像をイタズラしてみたよ・・暇だから。。
どんな創造も偶然から? それとも必然・・?

オリジナル画像はコッチ!
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-26 17:02 | 香港漫歩@手ぶれ倶楽部

フレキシビリティ : flexibility

b0027290_2274969.jpg

余計な事、云うようだけど

トコトコと休まずひたすら歩いて
黙々と目的地を目指して急ぐのもいいけどさ

この道でいいのかなぁ?
迷っているのと違うかぁ?
とか思ったら・・

ちょっと、ここらで休もうや!

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-26 02:51 | 徒然なるままに戯言を

息子の部屋でくしゃみをする

b0027290_17343257.jpg泣きながら素っ裸で生まれてきた子も
気がつけば・・・
いつのまにか立派そうに成長している

良き親であろうと慌てるわけでもなく
ただ淡々と自分の道を歩いてきただけ

ただ先に生まれてきただけのアタシが
親として子と向き合う時間よりはやく
子は自分の足で自分の道を歩いてゆく

アタシもそうして生きてきたのだから
お前もそうやって生きていけばいい

地中海に面したスペイン第二の港町で
かの偉大なる建築家ガウディが残した
サグラダ・ファミリアの尖塔の上に立ち
今頃お前は何をみつめているだろうか

ひとり取り残されたような静かな午後
息子の部屋をのぞいてくしゃみをする

ビールでも飲みに出かけるとするかな
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-21 17:39 | 徒然なるままに戯言を

神の奇跡


ひっそりと 静かに 特別な事じゃなく
平凡な 日常の中で
神の奇跡は 届けられていますb0027290_3442973.jpg

悲しみの中で 喜びを
不安の中で 確信を
絶望の中で 希望をもてるような
神の奇跡が
心の貧しい者たちの中で
心の貧しい者たちの中で
日々 起こされています

気がつかないほど ひっそりと
静かに 神の奇跡は
毎日 届けられています
  

(作詞:関根一夫 作曲:岩渕まこと)
                           ↑香港の怪しくも活気ある屋台通りで買った750円のナイキ! Oh my ・・

歌詞の生まれた背景を関根氏が綴っておられます。 ズッコケのアタシも常日頃、感じていることでした。

「ひっそりと静かに特別なことじゃなく、平凡な日常の中で神様の奇跡や祝福はもたらされるのではないでしょうか」 教会における様々な活動に疲れ果てて、教会不信に陥っていたひとりの女性からそんな言葉が書かれたメールが届きました。

心が痛くなる思いがしました。神様の愛は何ができても、できなくても、その人に届いているのだということを信じて欲しいと思いました。 私は、すぐに、「ひっそりと静かに特別なことじゃなく、平凡な日常の中で神様の奇跡は届けられていますよ」 と返事を書きました。

そして、その後の歌詞がすらすらと出てきました。

フランシスコの「平和の祈り」 を何となく意識しながら書きました。 でも、それはものの数分で出来上がりました。 同時に神様の支配や神様の祝福は心の貧しい人たちのところに、何もできない貧しさを知っている人たちのところに届いているのだと思い出し、それを書き加えました。

それこそが神様の奇跡だと考えました。

様々な活動があることは悪いことではありませんが、いわゆる人数だけを増やすことが、本当に神様の奇跡なのかなと思うことがあります。

私たちの人格の中に、じんわりと育ってくる神様の優しさや神様の愛、人格的な成熟などがもっともっと大事にされなきゃなあと思う中で生まれた歌詞です。  (by 関根一夫)
歌声ぺトラ楽譜集から


つけ加える言葉?・・ありません。
アタシ・・この歌が ダイスキ・・です。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-18 03:33 | 聖書・信仰・祈りの世界

救われる理論と救われない理論

三節先生は云いました・・・

大人の宿題は・・自分が自分に出すものですから・・

アタシ、三節先生の鍼灸に関する専門分野については全くわからん素人です。
↑の言葉は、先生のブログの本文記事ではなく、コメントへの返信の中の一言ですが、
こういう言葉が自然に出てくるって、ほんと・・凄いな~って、アタシそう思いました。


大人の宿題は・・自分が自分に出すものです・・
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-15 05:43 | 徒然なるままに戯言を

自転車に乗って

b0027290_16284640.jpg
(from a brush with hong kong by Dave Parker @1990)


狭い香港での移動にはタクシー、地下鉄、路線バス、ミニバス、トラム、そしてフェリーと、とても便利です。 アタシはもっぱら歩くことが大好きで、人と会うために出かけるときでも早めに出かけてぶらぶら歩く事が多いのですが、最近・・アタシ自転車にこころを魅かれはじめています。 こんな車だらけのゴミゴミした街で、自転車になんて乗るのは止めときなさい! という心の声を押さえることができなくなってきました。

連日連夜、あれやこれやと調べ物をしながら続ける作業でアタマがボ~~っとし始めた頃、
息子が差し出すデイリー・ファームのイチゴヨーグルトのスプーンを口に挟んだまま、窓の外の明るい陽射しと青空に心が騒ぎ始めて、自転車に乗って坂道を、風を切って疾走するアタシの姿がなんとも鮮やかに浮かんできちゃったりするわけです。

自分のハートの内側に、そして外側へと絶え間なく向かうこころのバランスを保ちながら
いつか手にするだろう折りたたみの自転車・・アタシの愛車を想像しながら、今日もコツコツ生きてます。
b0027290_1651193.jpg
Dahon speed pro :
super portable – folds in only 15 seconds

小さなゆるゆる空間の隙間を縫って
フリスビーみたいにゆらゆらゆれて
コオロギみたいに触覚を研ぎ澄ませながら
足の向くまま気の向くままに
あっちへと、こっちへと 
自転車にのって
汗をかきかき
暮らしたい

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-12 16:33 | 徒然なるままに戯言を

望みが高ければ退屈しない    

アタシ…のこと

熱い勢いが感じられるまではヘタな選択はしないと腹に決めていました
私の中の創造性とか感性に、不思議なチカラが響いてきて
チャレンジしたいという気持ちがふつふつと湧いてきた時
本能のままに道を歩けば、きっと物事は進展していく
そう堅く信じてきましたから

こころの中に秘めた神への何千回もの問いかけを
沈黙の中で繰り返し、繰り返し…そして、また繰り返してきました

目を覚ましていなさい。
信仰に基づいてしっかり立ちなさい。
雄々しく強く生きなさい。
何事も愛をもって行いなさい。
(コリントⅠ 16:13-14)


思いもよらない方法で示された新たな可能性に導かれ
154日 3696時間の黙想から開放されて
今、私は・・Mirai Project へと続く扉を開き

静かに歩き始めました



心に留めてくださったみなさん
無言のうちにも優しく応援くださったみなさん
感謝して…お伝えします
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-06 14:47 | アタシ…のこと

香港返還8年後のエピローグ

中国への香港返還から8周年を迎えた今日7月1日、香港は祝日。
b0027290_2271596.jpg
朝から曇って薄汚れた上空をけたたましい音のヘリコプターが何度も何度も旋回している。
午前中に親中派や経済団体が中心となって返還を祝うパレードが行われた一方、午後からは民主派、民間人権陣線が主催する大規模なデモ行進が行われるというので多分その取材の為なんだろう。 

最近の中国政府の横暴さや一方的な論調による反日デモの様子を身近に見聞きしているから、滅多にそうした人混みには近づかないようにしていた。 アタシ臆病だし・・・。 
ところが、どういう風の吹き回しか急に思い立って、このデモ行進を実際見てみようかなという気になって出かけてきちゃったよ。

経済的にはシンガポール並みに一国として独立できる規模を持ちながら、政治的には無頓着で無関心にも見える香港。
スポーツの世界では同志として一心同体の声援を飛ばすものの、現実の世界では腹の底に隠れた本音・・「中国本土の中国人とは違うんだ!」というプライドが見え隠れする香港人。

香港は・・香港人は、英国の植民地から中国の一部として返還されたことを心底喜んでいるのだろうか? 
そんな疑問を抱きながらセントラルの歩道橋の上から行進を眺めていました。
b0027290_2293880.jpg
一私見として感じるままに敢えて述べると・・中国本土の人民全体の平均的民意レベルと香港のそれを比較すれば、表面的には反共をスローガンに掲げてデモが可能な香港には制度的な自由さはある。  しかし、
水面下での中共圧力が香港にジワジワと浸透してきている状態を放置していけば、正常なベクトルは歪められ、民主のパワーは黙殺されて、保障された一国二制度の実践モデルは曖昧模糊とした実態に変質していくだろう。 誤った愛国心の操作に踊らされて香港にも飛び火した “哀しき人民の反日デモ” が繰り返されれば、「ここ香港にず~~と住んでもいいかな!」 というアタシの選択肢はいずれ無くなるかもしれない。

自ら首を絞める前に、こんな姿勢は間違っているのだと、早く目を覚まして欲しいな・・中国。

some more photo・・・
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-07-01 22:45 | 香港漫歩@手ぶれ倶楽部