<   2005年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

弾ける時には、弾けなさい!

自殺者は「勝手に死んだわけじゃない」。 誰かに追い込まれたのか。 自ら追い込んだのか……!!

言うはたやすい。できればとっくにやっている。だが、ある年齢、特に四十代を過ぎたら、消去法的にあれこれあきらめる必要がある。 そうして自分の本質を見極めていく。 さもなくば、自分が本当にやりたいのはなにか、なにが本当の自分なのか、わからないままだ。 自分はけっこう働きモンだと錯覚していたが、できれば働きたくないナマケモノだと気づいた。 別になんにもしたくない。居直るコトで活路が拓けるとはあまり思ってはいないが、とりあえず自己肯定あるのみ……。
(from 東京無重力アワー)

アタシ・・50歳、エラソーな事は云わない! エラクないから・・・。

消去法的にあれこれあきらめる必要がある? 削れるだけ削ってみなさい!
そうして自分の本質を見極めていく! ナンダ、わかってるじゃん!
自分はけっこう働きモンだと錯覚していたが? アタシもそう思ってたけどね!
できれば働きたくないナマケモノだと気づいた? 少しは賢くなったかな!?
とりあえず自己肯定あるのみ? そうだね、そこから・・・始まるんだよな!

弾ける時には、弾けなさい! 自ら自分を追い込む前に!
b0027290_721940.jpg

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-30 06:55 | 徒然なるままに戯言を

長洲島の漁港にて

b0027290_1738480.jpg
三週間ぶりに合気道の稽古に参加できた事に安堵
無心でカラダを動かす事のアリガタサをあらためて味わう
子供たちの真剣な眼差しにも負けないくらい・・自分の目は輝いているだろうか?
家への帰り道、なぜか気が向いて
島へ行ってみたくなったので
急いでフェリーに飛び乗った

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!


click here to see more photo・・・
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-29 18:13 | 香港漫歩@手ぶれ倶楽部

雨が空から降れば

b0027290_2175841.jpg
b0027290_2182637.jpg

家から数分のところにある動・植物公園までの坂道を下って
セントラルの夜景でも写そうとサンダルつっかけて出かけたのに
雨が降ってきちゃったよ
ずぶ濡れになったのに~

たった二枚の写真
やっぱり・・・手ぶれだわ!


雨が空から降れば
オモイデは地面にしみこむ
雨がシトシト降れば
オモイデはシトシトにじむ
黒いコーモリ傘を指して
街を歩けば
あの街は雨の中
この街も雨の中
電信柱もポストも
フルサトも雨の中
しょうがない
雨の日にはしょうがない
公園のベンチでひとり
おさかなをつれば
おさかなもまた
雨の中
しょうがない
雨の日にはしょうがない
しょうがない
雨の日にはしょうがない
しょうがない
雨の日にはしょうがない


(小室等・曲 別役実・詩)

タイトルを読んで、思わずつづきの歌詞を口ずさんでないですか~!?
オモイデが地面にしみこむ~♪

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-28 02:38 | 香港漫歩@手ぶれ倶楽部

man and boy

薬剤師で、東洋医学の探求をつづける癒しの達人が、ブックストアーで医学書を漁っている時、
暇を持て余してふらふらと洋書を眺めてたアタシの目にふと留まった一冊の本がありました。

tony parsons
man and boy
“I cried five times
and laughed out loud four”

James Brown, Observer


b0027290_1619561.jpg順風満帆の人生を送っていた男が30歳の誕生日を迎えるとき、つまりこれで完璧に大人っていうときに、やってはいけないこと・・・同僚と一夜を共にする。贅沢品を衝動買いしてしまう。妻に出ていかれる。失業する。突然シングル・ファザーになる。…それらすべてを、ハリーはやってのけてしまう。4歳の息子の世話をしながら、やっと真の父親になることを学んだとき、ハリーは自分自身の父親と、息子である自分との関係も、新たな目で見ることが出来るようになっていく。父と息子、息子と父。そして、女たち。現代社会に生きる私たちの心にせつなく迫る、とっておきの物語だ。

ブックレビューのつづき・・・
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-25 16:09 | 映画・音楽・本のこと

香港漫歩

アタシの半世紀 生存記念週間!?にあわせて香港に駆けつけて下さった奇特な癒しの達人と、
誕生祝に貰った万歩計を身につけて、香港をゆる~りと歩き回っておりました。

よ~くお邪魔するブログで拝見した“sansetu先生のゲージツ写真”に刺激を受けて、
たまたま知人から頂戴した真っ赤なサイバーショット(還暦祝いには早すぎるっしょ!)を片手に
香港漫歩・・・そぞろ歩き
手ぶれ効果バッチシの写真が撮れました! あはっ・・

これからも 『香港漫歩』 を愉しみながら香港のアレコレを写しまくってみます!
って、ただ暇なだけじゃん!

まずは作者紹介ねって・・・いきなりの手ぶれはアタシのせいじゃない!

b0027290_14493390.jpg




手ぶれ効果の・・・つづきを見てみるかい?
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-23 15:37 | 香港漫歩@手ぶれ倶楽部

病者の祈りと50の鐘の音


アタシ…39の時、
サラリーマン生活に別れを告げた
10年後の50前に、サラリーマンなら定年で受け取る退職金並みの資産は手にしていよう
そうすれば、会社というものから離れても生きてゆく能力は身につけたとして
アタシは、自分の決断に満足できるだろう
そんな風に思っていた

紛れもない情熱から生まれたアタシの居場所で
来る日も来る日も苔みたいに地べたにくっつきながら生きてきた
運が味方して、自分にとってそこは 『特別』 な場所にはなったけれど
失うものも多かったよ
おかげで少しは賢くなったかな

まだまだ、理にかなった生き方にはなっていないが
後悔はない

50の鐘の音を前にして今
確かな信仰との出会いに感謝
b0027290_449579.jpg
寂しそうにも見えるけど、なんだか吹っ切れた表情の孤高のJazz man
1950年代にスペインで生まれたリヤドロの一品はアタシのタカラモノ
そして今…アタシの心境は




-病者の祈り-

大事をなそうとして力を欲しいと神に求めたのに
慎み深くあるように弱さを授かった

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
より良きことができるように病弱を授かった

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞かれた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中で言い表せない祈りはすべてかなえられた

わたしはあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ


(ニューヨーク・リハビリテーション研究所の
壁に書かれた-患者の詩)

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-18 04:18 | 聖書・信仰・祈りの世界

色の神秘?

“人生色々” とは云うけれど 
Give me a break !


直感で選んだカラーボトルからその人の本質や可能性を読む、カラーリーディング
自分が好きだと思う色、大切だと感じた色には、自身に関するあらゆる情報が含まれている
今まで気づかなかった、あなたの新たな一面が発見できる !?
ビジネスも色々の時代なんだな~ 

ヨッシャ~! ためしてガッテンだっ!
Color Reading !! 
アタシの場合の診断結果は

直感で選んだボトルの色と今日のアタシの気分診断
b0027290_317812.jpg
アヌビス
Anubis
イエロー/ブルー

(内なる対話を通して得た知識)

今まで、自分の見たくないものからは目をそむけていた人も、今日は、その甘えから脱皮して、自分の中の深い部分に目を向けようとしています。 自分自身を知ろうという気持ちになってきているのです。 自分をより深く知ることによって今生きていることに感謝と歓びの気持ちを見出すことができるかもしれません。 自分が今できる最善のことが何であるかということがわかるでしょう。



もって生まれたアタシの色と本質診断 
b0027290_3173684.jpg
親切
Kindness
ピンク/ヴァイオレット

(無条件の愛、あるいは至上の愛による奉仕)

人を癒す力を持っている人です。そして他の人たちを助けることによって、自分でも心からの満足を得ることができ、自分自身がそのことによって癒されたり、救われたりします。あなたが心
を砕いているのはどうしたら人を幸福にすることができるかということです。そして人を幸福にすることを通して、自分を信頼していくことのできる人です。



さて、どうなんでしょう?

でも、こう云われれば気分は悪くないですね。 ついでだから、他も色々チェックしてみたのね。
つまらない事に関わって時間を無駄にするなよ!
とか書かれてるかと思ったよ…アタシ
あらまァ~、他で書かれてる言葉たち…ぜ~~んぶ、心地良い響きなんだわ!
んも~、上手にオダテトイテェ~!
ビジネス色々・・・ってことね!


[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-17 03:27 | 徒然なるままに戯言を

座頭市がつぶやいた

いくら 目ん玉 ひんむいても、
見えないものは 見えないんだな~

(from today's hong kong tv program on tvb pearl)
b0027290_5403511.jpg
耳を傾けなさい! ってことね!
(勧善懲悪の条件)
(でもさ、世の中って、白と黒ばかりじゃないからね~!)

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-15 05:36 | 武道・合気道・心の稽古

リアルタイムで信仰を

アタシの国ニッポンでは、『宗教』という言葉のイメージは決して良くない。 
むしろ悪い! すんごく悪い! なんでかな? 
『宗教』と聞いた途端に覚える『嫌悪感』と『拒絶』の反応…
こんなイメージは、いったいどうして芽生えたんだろう?
~宗教組織とメディアの功罪~ 今日の戯言…ちょっと長いぞ~!


我輩はクリスチャンである。 
だが、アタシも『宗教』という言葉には、意味も無く『嫌悪感』を抱いてきた。
「宗教って何?!」という素朴な疑問に明確に応える術(すべ)をアタシは知らない。
また、多くの日本人が同様の反応を示す事をアタシ自身、クリスチャンになるよりずっと前から実感している。

『宗教』という言葉を耳にしただけで、無条件に『偽善、まやかし、金儲け!』といったキーワードがオツムに浮かんできて、「アタシは嫌~~い!」「へ~~、アンタそんなもんに関わってんの?」といった会話が流れたりする。

また、多くのフリーウェブ素材の提供サイトでその使用が無条件に拒絶されているのは公序良俗に反するアダルトサイトと宗教関連と記載されてるものが多いよね。
知らぬ間にYESかNOかの二者択一の選択肢しかない根強い『宗教』に対する『嫌悪感』や『警戒感』が、日本ではアダルトサイトと同列なのには、なんだか無性に哀しさを覚えます。

イメージだけですべてを見透かしたように、警戒し、侮蔑し、排斥し、断言したりする『ものの見方』や『感覚』を多くの日本人が身につけているのは何故なんだろう? 
そしてそれはいったいどこから芽生えてきたんだろう?

アタシはそれがとても知りたくて、ずっと考えてきました。 

アタシなりのイメージですが、『宗教』と『信仰』というのではまた受け取り方がちょっと違うと思っています。

『信仰』には、個人の信念や気持ちの問題として『個人』に重点が置かれているのに対し、
『宗教』には、個人の信念や信仰と結びついた『団体、組織あるいは社会』などの存在が容易にイメージされるのです。

そう考えてみると、身近な『祈り、希望、願望』といった個人的な内なる『信仰』には寛容でも、『組織や団体あるいは社会』が『宗教』というカテゴリーを隠れ蓑にして権力を隠匿し、政治や金や様々な欲望に絡んで問題を起こせば、『宗教』という言葉のイメージが汚れて見えてくるのも頷けます。

世界中で起こる『宗教組織』がらみの紛争やテロ事件等が深刻度を増して度重なれば、ましてや日本国内での身近な凶悪事件や破廉恥事件ならば尚更の事、人々が『宗教』に対してあからさまな『嫌悪感』を覚えるのはむしろ正常な感覚と思えます。 

アタシ等、日本人は生まれたときから『宗教』の本質や真理など意識しなくとも
正月、クリスマス、ハロウィンなどの年中行事を通して時間の進行を体感し、
成人式や結婚式、葬式などの通過儀礼を通して社会での役割を実感し、
神話を通して人生の雛型や世界観を学び、
戒律や道徳観を通して人としての生活ルールを覚えてきました。 

身近なところに在りすぎて、求道しようという意識がなければ『宗教』が何であるかなんて考える必要などないのです。

テレビやラジオ、新聞、雑誌といった様々な媒体から絶え間なく垂れ流される情報のなかで『宗教組織による事件』がクローズアップされればされるほど、『宗教団体、組織、社会』に対する憎悪が無条件に蓄積され『宗教』を警戒し、避けるイメージが膨らんでいったとしてもごく自然のような気がします。

アタシがもう一つ注目したいのは、身近にあって意識することもなく受け入れているテレビや新聞、雑誌といった『メディアやマスコミ』は『宗教組織』と同様の功罪を持ってはいないか? ということです。

一見して社会に関心を示し市民的であるように見え、あたかも正義を貫いてるかのようにニュースを伝えるテレビや新聞、雑誌といったメディアやマスコミは、そうした一次情報、二次情報の配信にどのくらいの重責を任っているのかという使命感がアタシには見えません。 そうした話題を好んで選択したり曝されてるアタシもまた、社会に関心を示し市民的でありたいと思い込んでいるだけなのかもしれません。 

4月25日朝にJR福知山線の快速電車に乗り、脱線事故に巻き込まれて命を落とした人たち。
その乗車理由からは、貴い「日常」が一瞬にして破壊された様子が浮かびあがります。
あの電車にさえ乗らなければ・・・
それをみてるだけのアタシは・・・偽善者なのだ。

裁き手気取りのマスメディアの悲鳴は、虚しい騒音にしか聞こえない…

戦争や事件や事故や天災は、あたかもフィクション映画や小説を楽しむより遥かに簡単に寛ぎのお茶の間に届けられますが、そこに双方向性のコミュニケーションがないならば、世の多くの人たちが毛嫌う『宗教』や『教会』の閉鎖性や着飾ったシステムを固持し続ける組織の世界となんら変らないようにも思えます。 

『ジャーナリズム』とか『宗教』といった言葉にはなんだか共通したところがあって、感覚的なイメージだけが一人歩きして氾濫しています。 が、思い当たるそれ以外のイメージに対する選択肢があまりに少ないということでしょうか。 とはいえ、

貧困から開放され、生まれた時から物質欲に満たされている者も、満たされずに求め続ける者にも際限がないのがアタシ等の世界のようです。

『すべてはアタシが決める!』 『それが自由です!』という感覚や考え方が曖昧な確信として容認されるアタシの国、日本にあっては、殊更、『宗教』とか『信仰』という精神世界は近づき難い『異質な世界』として扱われ過ぎているように思います。

いつも考えてきた事なのに、上手くまとめる事ができません。 アタマ悪いな・・・アタシ。
こうして書き綴りながらもきっとこの文章は何度も手を加えて書き直していくだろうと思っています。

アタシが此処で云いたいのは、存在するメディアや宗教組織や団体を批難したり優劣をつけたりすることではありません。 宗教組織とメディアの共通するイメージを比較しながら、それぞれの『ものの見方』の中にある『宗教』という言葉のイメージから受ける『嫌悪感』を拭い去って、多くの方々が生きる上での糧となり礎となる正しい『信仰』に接する機会が増えて欲しいと願うからです。 そして、それらが、ゆるやかにでも見直される世の中になって欲しいと思ったからなのです。

『宗教』とか『宗教組織』への疑念を晴らすには、自然な言葉で対話しながら世の中での謙虚さ、弱さという感覚をもって、正しい情報を発信する側と受け取る側の良好な信頼関係の再構築が不可欠だと思います。 

クリスチャンとして信仰を持つ身のアタシは、敬虔とはとても云いがたい有様ですが、過去から逃避することなく、真っ当に生きる為の選択に耐え抜く大きな支えとして信仰が与えられていると心から信じ、喜び、そして感謝しています。 しかし、

教会は誰にでも開かれているとはいうものの、教会で使われる暗号のような伝統的表現や用語が、一般の世界の感覚では閉鎖的であると認められるならば改められないのだろうかと思ってしまいます。 だって、クリスチャンのアタシでさえ、とっつきにくいと感じていますから。

ここがヘンだよ、クリスチャンというタイトルで
教会の中で、「何かがおかしい、どこか不自然だ」と感じる感性こそが、
もしかして健全なのではないだろうか……。という本の紹介記事を読みました。

「こういう率直な疑問を個人が公にすることが出来るようになったというのはいいことだ思います。 これまでは、疑問に思っていてもそれを表に出す場がなかったのだから。」 
(from 教会用語を考える by saichan) 

結局、最後の最後は個人の『ものの見方』がすべてであって、「叩けよ、さらば開かれん」であり、
「狭き門より入れ」ということなのでしょうか。

かなり長々と書いてしまいましたが、最後に最近興味をもったブログを書き留めておきます。

インターネットの世界での福音伝道の可能性について共鳴できる内容でしたので、同じような気持ちで自身の信仰をブログ等で語っておられる方々や、キリスト・イエスや聖書には興味はあっても教会へは行きたくないや!と思われる方々が、リアルタイムで信仰を語り合うためのキッカケになればいいな~と思います。


福音伝達のハイテク化に伴い、求道者、サイバースペースに注目する
(Seekers Turn to Cyberspace as Gospel Goes High-Tech)
from AG-NEWS: The A/G News & Information Service, (c) 2005


バーチャルな信仰
from hotwired japan


(追記) : 
今までの真っ黒なブログの背景と白抜き文字は、歳を食ったオッチャンには目がチカチカしすぎて
健康に悪そうなので、アッサリやめて、優しい叔父様モードで攻めてみたいと思います。 
(って、何を攻めるんじゃ!? オイ!)


Trackback to : 神を感じる from 縄文の風、たましいのこえ

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-05-14 05:07 | 聖書・信仰・祈りの世界