「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

インターネット と きゅうり と 河童 ?


IT企業を舞台にしたドラマ 「恋におちたら~僕の成功の秘密~」 : Excite エキサイト
 
そろそろ仕事をしなくちゃな~ と、今日も陽だまりにうずくまりながらウダウダとしておりました。 最近、「プータローが似合ってきたね~!」 な~んて言われて喜んでる場合じゃないアタシですが…。  で、先ほどまでネットで調べ物をしながら仕事の構想を練っていて、改めて腑と思ったのですが、インターネットって…やっぱり、すっごいわ~!

遠い昔、むかし…原稿を揃えて、鉄筆を握ってガリ版にのせたロウ原紙に 「ガリガリ」 いわせて文字や絵を書いて、インクまみれでローラーを転がしながら徹夜仕事でせっせと仕上げた
ガリ版刷り(謄写版)の時代が、むしろ夢のようで懐かしいです…アタシ。

今となっては死語に近いワープロという道具さえも、文字通り「あっ!」という間にPCに取って代わられ、気がついたらいつの間にか身近にあったという感じの、インターネット。   

一家に一台から一人に一台の時代に迫り、家でも職場でも学校でも、はたまた通りすがりのカフェでもバーでも旅先のホテルからでもインターネットに繋がる時代。 
なんの疑問も感じる間もなく、その利便性にただただ感嘆し、享受し、そして依存しながら、
アタシ等の日常は時空を超えて劇的な変化を遂げているようです。

今や溢れるほどの情報が、クソもミソも一緒になって秒刻みで駆け廻っています。 さらに、
ブログの出現でこうした私的な意見や感情や雑多な情報が気軽に発信でき、その反応に
一喜一憂しながら、「アタシって…独りぼっちじゃないのね~!」 とつぶやきながら、今日も独り寂しく生きてる人も少なくないんでしょうね…今のアタシみたいに。

凄い世界になりました。 といっても北の大地の我が実家では老夫婦が相も変わらぬ暮らしぶりで 「そんなもん知らん!」 で事足りているようですが…。

きゅうり世界一辛いハバネロ唐辛子の栽培でもしながら晴耕雨読の生活をしていたとしても、ひとつふたつのキーワードを打ち込むだけで、インクの匂いを感じる事もなく、国内はもとより世界各地のニュースやあらゆるジャンルの情報やネタ話が瞬時に飛び込んできます。

「きゅうり」と入力すれば河童へと派生し、河童といえば芥川龍之介の小説や、一世を風靡した黄桜酒造の「カッパッパー、ルンパッパー黄桜~♪」のCMソングとともに清水崑の描いたカッパの絵までが画面に現れてきます。

インターネットさえあれば、そこは世界の中心であるかのような錯覚に陥りそうです。
素晴らしいといえば素晴らしいのですが、ネット依存が高じて引き起こされるストレスや新手のネット犯罪や、当たり前のように使えない状況に置かれた時のパニックを想像すると小心者のアタシ…空恐ろしくさえなってきます。

最近知った「噂の名物アイスきゅ~り」・・・ってのを噛りながら、ジックリ考えてみたいテーマです。 

満たされているようで素直に満たされていないような気がするこんな世の中で、日向ぼっこしているアタシ、プーターロー状態が続きそうで、これも想定の範囲内 ならいいんですが、
なんだかトッテモ…恐ろしい~~~!   天にまします我らの父よ、願わくば・・・・・・・・・。。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-30 04:52 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

漁夫の利 と 勧善懲悪

フジテレビに救世主? ソフトバンクのグループ会社が筆頭株主に: Excite エキサイト

アタシ…よく訳わからんけんども、ライブドアのホリエモンこと堀江貴文さんって、よくよくの
「いじめられっ子」 なんですかね?

どちらのメディアもマスコミも、それなりに崇高な理想は掲げているものの、実は暇を持て余している幸福な方々の暇つぶしの為に、お昼のワイドショウーと化した報道の数々を、恥も外聞もなくただただ垂れ流しているのが実態のようですね。  
そういうメディアやマスコミの姿勢を冷ややかな眼差しで眺めておりましたが、正直言って
この頃アタシ…ニュースとしてではなく、娯楽番組として楽しませてもらってます・・・ほんと。

ライブドアの堀江さんのやり方がどうのこうのよりも、日本の野球界再編問題からM&A戦略による企業経営の手段や既存のシステムの在り方に一石を投じた才覚と勇気に、むしろ感心して応援してもいいんじゃないの? と、思っています・・・アタシ。

ここまで一人だけ悪者扱いされて、終いには、またいいところで同業者にサラっと美味しいところをカッサワレそうな彼をみていると、哀れにさえ思えてきました。

蛤(ハマグリ)と、詐欺・・・じゃなかった鴫(シギ)と、漁師が揃ったところで、この結末は・・・
“漁夫の利” の由来通りに落ち着くのでしょうか? 早くつづきが・・・みたいわ、アタシ!


一方では、己の既得権益や地位保全のためだけに躍起になってる経営者側の狼狽ぶりは、
嘘や悪事がばれそうになってアワ食ってる時代劇でお馴染みの越後屋の世界そのものだわ。

フジテレビやニッポン放送がなんぼのもんかは知りませんが、ライブドアの傘下になったなら
江本孟紀氏やタモリさん、脚本家の倉本聰氏らがそろって番組降板を申し入れているという。
アタシの好きだった同郷の 「中島みゆき」さんまでそんなこと言い出して、とうとう首を突っ込んでしまいました。 ソフトバンクならいいのかえぇ~~。 オラ、あと知らんど~~。

娯楽番組なら娯楽番組らしく、勧善懲悪をもっともっとハッキリせな~アカン!。

勧善懲悪の典型的パターンはな~、いつだって善玉(正義若しくは善人)と、悪玉(悪役・悪党・搾取する権力者など)が明確に分かれてんだよ。 そんでな、最後には必ず悪玉が善玉に倒されて後悔するっちゅう形で物語の幕が閉じるんだわさ。
今回の娯楽番組…見てるこちとら、どっちが善玉でどっちが悪玉かさっぱりわかんねぇ~よ!
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-25 04:24 | 徒然なるままに戯言を | Comments(2)

山谷ブルース と 丹下健三


建築家の巨星が逝った・・・。

アタシもかつては建築の世界でメシを食っていた建築馬鹿の一人であります。
また、賛否両論渦巻く 「東京新都庁舎」 の建築に僅かながらも関わった者の一人として、
建築世界での丹下健三の功績には敬意を払う。

アタシがまだ若かりし時代・・・「オラも東京さ行くだ!」と、北の大地を飛び出して、ひとまず落ち着いた先が東京は台東区東上野の稲荷町。 つい最近、落語家の林家こぶ平改め九代目、林家正蔵が襲名披露を
したばかりだが、その祖父の七代目林家正蔵の住む長屋のお隣だった。 

アタシはそこから東京下町の人情・風情に染まっていくことになりました。 御近所のテキヤの親分や兄さん達が、貧乏学生の自分をなぜか可愛がってくれました。 銭湯の一番風呂に誘ってくれたり、ほうずき市や朝顔市の手伝いを愉しんだり、(全身彫り物だらけの兄さんら、ホント優しかった…)、浅草寺から浅草のロック座や場外馬券売り場で時間をつぶしたりしてた頃、すぐ側には…日の当たらぬ生活に明け暮れていた労働者の町 「山谷」 があった。

浅草から花川戸、今戸をぬけ南千住に向かう道筋をたどっていくと、日本経済を最底辺で支える日雇い
労働者の街 「山谷」 がある。 1960年代後半、岡林信康はそんな 「東京の裏町」 に生きる労働者の姿を
歌にした…「山谷ブルース」 だ。

人は山谷を悪く言う
だけどおれ達いなくなりゃ
ビルもビルも道路も出来やしねえ
誰も分かっちゃくれねえが

建築馬鹿の矢田洋がかつて “建築をやめたい人へ” と題して建築馬鹿選集のプロローグに
こう書いている。

誰が建築をつくる? 建築家だ、と断言するのは自惚れにすぎる。
建築主だ、といえばお世辞がすぎる。 施工者だ、職人だ、では簡単すぎて問題がぼける。 
「造る」 と 「創る」 では答えが違う。 合わせて 「創造」 という。  

建築は誰が創る? それは建物を使う者だ、と言ったこともある。  
すべて一緒になってでかしたのだ、というのがスマートな答えだ。 

「建物」 と 「建築」、また意味が違う。 建物のどの部分を指してもそれは 「材料」 の構成にすぎない。 
建材の組み合わされた 「もの」 が建物であり、組み合わせる 「こと」 が建築なのだ
……と。

あれから何十年たったんだろう!?  アタシは香港に流れ着いていくつかの建築に携わり、
幸運にも世界標準のものの見方やあるいは偏見を見聞きしてきました。

かつて「山谷」でみた路上に座して酒を飲みながら名もなき人々が互いに誇りを持って、語り、怒り、笑い、共感する風景。 そこには、希望と限りない可能性と豊かな人間性が溢れていたような気がします…。

いまや路上生活者の存在が社会問題にまでなっているニッポン。 

建築家、丹下健三は世界建築界の巨匠として名声を博して時代の代表作を世に残したが、
発展神話が崩壊しかけている現代の建築や都市の裏側には、戦後日本の成長とともに、それを
支えてきた数多くの名もなき労働者のそれぞれの人生が存在していたんだ!という、
そうことの方に今、アタシは熱い想いを馳せている…。  

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

ランキング参加について、私は思う

2007年2月19日から 「ブログ村(オヤジブログ)」 と 「ブログランキング」 という2箇所のランキングに参加しています。 多くの方々がそうであるように、私も日々の思いをブログに綴りそれを公開することで未知の方々との遭遇を愉しみ、共感したり、異なった生き方や思いに刺激されることを望んでいます。 

私のブログは全くの自己満足のためですから大義名分もないし、毒にも薬にもならないようなものです。

多くの方々との出会いが目的ですからランキングのために衆を頼んで一喜一憂したりすることも、無理に記事を書こうとストレスをためるようなこともありません。 書きたいときに書きたいと思います。

ランキング参加はネットの連鎖を通して未知の方々との遭遇の機会を広げますし、正直励みにもなります。 が、投票は決して強制ではありません。 私の思いに共鳴するものがあったよ! という時に押してくださりお声をかけてくだされば誠に幸甚に存じます。 

多くのよき出会いがありますように。。。
 (2007年 3月15日)
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-23 23:34 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

祈りによる解決?! ~Passion Week~ を機に考えてみる

祈りによる解決!? (from 教会用語を考える)

クリスマスとならんでデパート商戦が活発に催されるイースターが近づいてきました。
香港では今週の25日の金曜日から28日の月曜日までがイースター4連休です。

キリスト教では移動祝日の20日の棕櫚(シュロ)の聖日(日曜日)から27日のイースター
(復活祭)の前日の土曜日までの1週間を “受難週(Passion Week)” としています。


折角ですからこの “Passion Week“ について簡単に整理しながら、祈りについての自分の考えを書いてみようと思います。

“Passion” は英語では「情熱」という意味を表わしますが、キリストの受難のことでもあります。 昨年、メル・ギブソンが監督した映画 「Passion」 も公開されましたので御存知の方もおいでかと思います。

棕櫚の日曜日(Palm Sunday)にイエス・キリストは力を象徴する馬ではなく、柔和を象徴
するロバに乗ってエルサレムに入りました。 キリストを「ローマ帝国の支配から解放する王」
と期待していた多くのユダヤ人は歓声を上げてイエスを迎えました。

人々はイエスの通る道に自分の服を敷き、他の人々は棕櫚(シュロ=なつめやし)の枝を切って敷いたために、“棕櫚の日曜日”と呼ばれています。 しかし期待を裏切られたと思った群集は、歓喜の叫びをあげたこの日のわずか数日後には、イエスを十字架につけろ!と叫ぶようになるのです。

木曜日が洗足木曜日(Maundy Thursday) と呼ばれている 「最後の晩餐」 の日です。 
弟子の裏切りも予知していながらもイエスはたらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、
腰にまとった手ぬぐいでふき始められたのです。 この夜にイエスは捕縛されました。

翌金曜日が、イエスが十字架で殺された “受難日(Good Friday)” です。 
英語では “Good Friday” と呼ばれていますが、それはキリストが死んだことで、キリストを
信じる者の罪が赦されるとされるからです。  しかしキリスト者にとっては、自分の罪の為に
キリストを死に至らしめた悔恨の日とも言えます。

受難日から三日目の日曜日が、イエスが死より甦った日、“復活祭(Easter)” となります。


私は3年前の2002年5月19日、ペンテコステ(聖霊降臨の日)に母教会となる香港JCF
(香港日本基督教会)に於いて息子と一緒に洗礼を受けてクリスチャンになりました。

自分は打たれ強い方だとは思いますが、それでも人並みの苦労はありますから心を暗くする
思いや出来事に当惑して悩むことも多々あります。

どんな人にとっても、生きるということはたやすい事ではありません。 

それは過去と未来が絶えず私たちを悩ませるからです。 咎めや悔恨が過去からついてくるし、思い煩いが未来からやってきます。 今、私が在る状態がまったく思いもよらないことだったとしても、自分の人生の支配権はいつも自分が持っているのだと思うものです。 

自分にとって必要なものは何か? 次に何をしたいのか? といったことをことごとく自分で決
めたいものなのです。 その一方で、困難や苦難に遭遇した時、あるいは欲望や願望を叶えたいと思った時に人は、見えない何かに願ったり祈ったりしてすがりたくなるようです。

私も紛れもなくそんな人間の一人ですから。

祈りによって抱える問題は解決できるのか? ということについては正直なところ私にはわかりません。 

神様を賛美します!と唱えながら、実は自分が願っている結果だけを密かに望みながら祈っている間は、ただ自分を欺いているだけのような気がします。 そのことで自分を変えたり状況を好転させるようなことはきっと何も起こらないと思います。

哀れっぽい泣き言を言いながらクリスチャンという仮面をかぶった偽りの謙遜の祈りには
決して平安は訪れないでしょう。 私も無意識のうちにそんな祈りをしていましたから。

神様がなぜ、またどうしてこんな禍を私に、あるいは世の中に起こされたのかを知ろうとすればするほど人は知性によって困難に陥ってしまいます。 その知性を持って事態を受け入れることができるかどうかだけが“信仰”の始まりであり、行き着くところであるような気がします。
   
「ニーバーの祈り」 には、そんな気持ちが込められているように私は思います。


主よ、
変えられないものを受け入れる心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける英知を私に与えてください。


God
grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
the courage to change the things I can;
and the wisdom to know the difference.

-Niebuhr, Reinhold -

b0027290_2315090.jpg
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-22 20:21 | 聖書・信仰・祈りの世界 | Comments(4)

人生の分かれ道

人の未来には、いつかどこかに分かれ道がある。

とは言い古された言葉ですが、そういった人生のターニングポイントってのは成功した者が後々のエピソードとして尾ひれをつけて熱く熱~く語る場合には気楽なもんですが、今がまさに正念場! といった局面では結構冷や汗もんです。 って、アタシ…只今、冷や汗かきっぱし…です!。

筋金入りの夜型生活者からようやく生還してお天道様の下での日常を取り戻し始めたというのに、先ほどから煙草をくわえながら、すっかり寝静まった香港の闇夜を再び睨んでいます。

そんなアタシは今、「未来の分かれ道に佇んでいるんだぞ~」というゾッとするような自覚はあるものの、
やりたい事、言いたい事、書き残したい事のヒントが衛星のようにグルグル回っているだけで
それが具体的には一体何なのかがさっぱりわからないまま…実に曖昧な時間を過ごしているのです。

ここぞという今、黙して踏ん張っているようにも見えるし、な~んにも気づかぬまま努力もせずにいるようにも思われますが、決断を焦って誤ることなく、己を信じて待つのも努力のうちかとそう自分に言い聞かせております。  (って、決して言い訳じゃありません…。)

こいつの実力じゃあそこまでが限界だったんじゃないの~! と思われて、その通りに終わってしまうのか、あるいは曖昧だったアイデアがいつの間にか熟した時に加速度的に勢いをつけて想像もできなかった道を見つけて歩き始めるのか、実にビミョ~な機微の中に生きてる…今のアタシです。  

源実朝 が詠んだ歌…。

おほ海の磯もとどろによする浪 われてくだけてさけてちるかも

アタシは・・・まだまだ散るわけには参りません…。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-22 05:52 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

夢の扉~NEXT DOOR~

「いつの日か」 を 「今日」 に変える人たちがいる。

昨日に引き続きネット検索で発見した “夢の扉シリーズ” 第2弾です! 

TBSのドキュメント番組 「夢の扉~NEXT DOOR~」
  
日本に住んでおられる方にとっては 「あ~アレネ!」 と御存知なのでしょうが、ここ香港では日本の民放番組は放映されてないのね。 だからタイムリーに視聴する事ができません。
ひょっとしたら在住日本人向けのレンタルビデオ屋さんになら貸し出しがあるのかもしれませんが・・・。 アタシは借りても期日までに返却するなんて自信が無いのでビデオ屋さんのメンバーにはなれませんし。 と言う訳で残念ながら私はこの番組をまだ一度も見た事がありません。

NHKのドキュメント番組 「プロジェクトX~挑戦者たち~」(これは香港のケーブルTVで観れるんですわ)では、先達者たちが実現してきた 「挑戦と変革の物語」 を描くことで、今、再び、新たなチャレンジを迫られている21世紀の日本人に向け 「挑戦への勇気」 を伝えたいというのがテーマですが、

この 「夢の扉~NEXT DOOR~」 のテーマは現在進行形で明るい未来を開く〈夢〉にあるようですね。
あらゆる分野・業種・フィールドで、近い未来、大きな夢の実現を目指す「未来の原石たち」が、次の扉〈NEXT DOOR〉を開けていこうとしている人達だというところに共感を覚えます。

彼らが夢の実現に向けて頑張る様を見て、〈明日を生きる元気〉 と 〈未来のビジョン〉を参考にしながら、私自身の 「夢の扉」 をこじ開ける 「挑戦への勇気」 を持ち続けようと思います。

夢とは、ただ願っているだけでは夢のまま…それが実現する日付を入れて初めて現実に近づくのではないでしょうか!? と、この番組では問題提起しています。

数年後、数十年後となるかもしれないその日付・・・
私も今日、自分の手帳に書き込みました。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-19 02:49 | 夢のカタチ | Comments(0)

夢の扉 純米吟醸酒発見!

只今、プータローの身で暇だから・・・という訳ではありませんが、
ブログのタイトルに因んで “夢の扉” をキーワードに検索して遊んでました。 って、
やっぱり暇なんだわ~~!

そ~したらなんと、純米吟醸酒の銘柄で “夢の扉” 発見! 
しかも、醸造の仕方がスゲェ~~~!b0027290_2462176.jpg

発酵中のもろみのタンクにスピーカーを取りつけ、モーツァルトの交響曲40番の振動を与えて醸した吟醸酒なんだと。 ホントかよ~~。

モーツァルトの交響曲の振動により酵母菌が活性化され、きめ細かくまろやかな口当たりになり、あっさりとした料理によく合うんだそうです。 アタシ飲んだこと無いから・・・。

ベートーヴェンの交響曲第9番の振動だったら、また異なった味わいの酒になるのかね~。
いや~~実に興味深い醸造法だわ。

ひと月ほど前、晴れてプータローになった御祝いに“百年の孤独” を贈って下さった奇特な方がおいででしたが、どなたかモーツァルトの名曲に育てられたっていう、この “夢の扉 純米吟醸酒” 贈ってくれないかな~~。
って、夢の話だよなぁ・・・。。

○ 銘柄/夢の扉
○ 酒名/夢の扉 純米吟醸 音楽振動醸造
○ 種類/純米吟醸酒
○ 日本酒度/±0
○ 酒米/山田錦、五百万石
○ 度数/15.5%
○ 容量/720ml
○ 酒造名/鳳鳴酒造株式会社
○ 蔵元所在地/兵庫県篠山市呉服町73

ちなみに、この音楽振動醸造酒の使用曲は・・・

純米吟醸  モーツアルト交響曲第40番(「愛よ永遠に」の原曲)
本醸造    ベートーベン交響曲第6番「田園」
普通酒    デカンショ節(丹波篠山の民謡)   なんだって。。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-18 02:19 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

私のこと



今、プータローしてます

1984年からここ香港で暮らすことになって、22年にもなりました
生まれた川に戻れないシャケのようです
b0027290_4442181.jpg

12年ほど前の1994年に会社を辞めました
正しい選択だったかどうかはいずれ書きます! 
(とか言い続けてから12年も経ってしまいましたが…)
香港駐在員として勤務していた日系企業を退職して
「時代屋」
という小さなカウンターバーを香港ではじめたのでした
(今ではもう過去の話しになってしまいましたが…)
香港の駆け込み寺、隠れ家、癒しの空間として知る人ぞ知る
伝説のユートピアでした
ホームページ  “時代屋の心” を管理しながら
今宵も集え! 老いも若きも男も女も!
個性豊かな人間模様を
時には赤裸々に
日々感じる徒然とともに
“クリスチャン” そして “武道家”

おっちゃんが居座る
「時代屋」

語り合おう!

ってな戯言を吐きながら頑張ってきました…

でも

10年の月日が経って、時代屋の使命は果たしたかな、と感じた自分を信じて
今年2005年の1月31日、突如・・・伝説のバー・香港時代屋を閉めることにしました
そして、新たな創造の途につく生き方を選択したのです

時代屋の空間と10年という時間軸の中で
とても数え切れない多くの方々にお逢いできたこと
そして、それぞれの人が抱える様々な境遇の中で率直に語り合いながら
癒し癒されてきたこと
時代屋の扉を閉めた今に至っても感謝こそすれ後悔などは一切しておりません。

さらなる正解を見つけるためには前進あるのみですから。

店は閉めましたが、ホームページ “時代屋の心” は
黙想篇さらに疾風篇・怒涛篇そして復活篇・完結篇と継続する予定です。
(本当かよ?)

俺、ちょっと焦っってきましたが
最近、巷で流行ってるという噂のブログというものに恐る恐る手をだしてみます
この
“夢の扉 Mirai Project
そして 
“時代屋の心・黙想篇”

今まで以上にみなさんが遊びに来て励ましてくれると
おっちゃん・・・頑張れる!
気がするのね。

オネガイしますぅぅぅ! ってば!
 ねっ!

さて

プータローの身になった私
これから、一体どこに向かうのでしょう・・・か?

望みが高ければ退屈しない
b0027290_1255727.gif

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-03-16 21:08 | アタシ…のこと | Comments(0)