カテゴリ:徒然なるままに戯言を( 78 )

自分の中の毒と幸せのひとりぼっち

b0027290_22224967.jpg
Street Wall Art at Sham Sui Po, Hong Kong


この世に生を受け、幼少時代、青年時代、壮年時代と時を過ごし、
この地球のあちらこちらを駆けずり回り、
社会で受け継がれてきたものや受け継ぐべきものを学び、
心から愛しあった人と過ごした時間と記憶の儚さと価値を悟り、
愛しい者と離れた悲しみ、苦しみ、孤独はしみじみと味わってきたけれど、
長いものに巻かれ、
見たくないものを避けつづけるようなことだけはしなかった。
何かを得るときには、何かを失いながら、
癒しと自己発見をもたらすこの豊饒のアジアにおいて、
僕は僕の運命を切り拓いてきたんだ。  だから、
いま、ひとりぼっちを幸せと思う。
       
岡本太郎さんの『自分の中に毒を持て』にこんな言葉がありました。

友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分をつらぬいていけば、ほんとうの意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

自分が思う以上に世界はやさしいことも、僕は知っている。
正しい人は不正を行う人を憎み、
悪しき者は正しく歩む人を憎む。 (箴言 29:27)
人は心に自分の道を考え計る、しかし、
その歩みを導くものは主である。 (箴言 16:33)

[PR]
by tetsuyak04 | 2017-12-09 22:58 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

忍耐とか試練とか

b0027290_19025820.jpg
-私の2017-今年を振り返ろう

大きな期待を胸に秘めた年の初めも、気がつけば、いつの間にやら早くも師走。 2016年から2017年と過去2年間は、多分、絶対に忘れないけど、忘れてしまいたいほどに強烈な苦痛を味わう患難の時間を通された気がします。

ジットリ重たく湿った不快感と、得も言われぬ焦燥感や敗北感を身に纏いながら、ただひたすら這いつくばるように前へ前へと祈り願い歩んできた。 決して打ち倒されず、朽ちることもなくこうして今も前向きに生きている自分という人間を僕は決して嫌いじゃない。

忍耐とか試練とか、言葉でいうのは簡単だけれど、地に足つけて踏ん張った甲斐は確かな肥やしとなって2018年の花や実を育てるだろう。

そこには耐え忍んだ者にしかわからない確かな喜びが待っている。


人の真価がわかるのは喜びに包まれている瞬間ではなく、
試練や論争に立ち向かうときに示す態度である。
牧師、公民権運動の指導者、ノーベル平和賞受賞者 
Martin Luther King, Jr.(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)


忍耐は苦いが、忍耐が結ぶ実は甘い。
忍耐によって、
いかなる逆境の中にあっても
耐え抜くことができるし、
いかなる敗北も乗り越えることができる。
忍耐によって自分の運命を支配し、
望みのものを手に入れることが可能となる。

米国の自己啓発書作家、小説家、講演家  
Og Mandinoオグ・マンディーノ)

このひどい世の中、
永遠のものなんてないのさ。
我々のトラブルさえね。

喜劇王 
Sir Charles Spencer "Charlie" Chaplin (チャールズ・チャップリン)


[PR]
by tetsuyak04 | 2017-12-06 20:06 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

身に染みて何かを学ぶ

b0027290_23231046.jpg

b0027290_23233867.jpg


自分で決めたことが守れない時の気分って、すんげぇ~落ち込むんだよなぁ~~~。何か新しいコトを始めるときの理由付けってのは意外と簡単なのだけれど、継続できない時の言い訳ってのは、自分にとっても実に不愉快。 何故か無限に思いついてしまう無意識の言い訳がましい言い訳が実にカッコ悪ィ~!って思います。 もっとハッキリ言えば、カッコ悪いのは、その場の思い付きで言う言い訳の中身なんかじゃなくて、そんな軽薄な言い訳で済まそうとする己の性根・・・根性っつうやつですね。 実に腐ってます! そんな腐った根性は叩き直す!なんて気張ったくらいで変えられるくらいなら、苦労などしませんけど。 人生、掛け声だけじゃ~いけないんだよねぇ。。。


正義と慈しみとを追い求めるものは、命と誉とを得る。(箴言 2121)




[PR]
by tetsuyak04 | 2017-12-03 23:38 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

確信

b0027290_21553848.jpg
Hong Kong Central, Soho Area

日本という国や日本人を貶めるために日夜勤しんでいる個人や組織の蠢きを肌感覚でキャッチできる今日この頃。 理不尽で不愉快な事実に対抗できる手段はないものかと溜め息交じりに考えている。 とは言っても、自分ひとりができることには限界があることくらいは知っている。自分のキャパを超えて物事に取り組んでも物事を難しくするだけでなんの解決にも繋がらない。


好き放題使っても尽きることのない才覚や資質が無いのなら、シンプルに日々賢明に自らを磨き鍛える必要がある。そうすれば一定の範囲ながらも多少は効果的な才能の芽が生まれるかもしれないし、ひょっとしたら枯渇することのない隠された本物の才能を引っ張り出す幸運に遭遇することになるかもしれない。絶対的な才能の不足分をあらゆる角度から見直しながら日々補強してゆく作業がやがて自分独特のカタチや味となってくる。

朝の散歩やスロージョギングが毎日の生活の柱になっていると最近のブログ記事に書き残したが、なにをすればいいのか? どこに向かえばいいのか? 迷った時にはとりあえず前に向かっって走ってみるのがいい。悶々と或いはボンヤリ生きるより、少しは前向きだね!と自らを鼓舞することができるから。

与えられた自分の限界の中で、自らを燃焼させてまわりを照らすキャンドルみたいな生き方が全うできれば最高だ。


「人は心に自分の道を考え計る、しかし、その歩みを導くものは主である。」
 (箴言 16:9)


b0027290_21562704.jpg
Wall Art at Next Bldg of SOHO Corner


[PR]
by tetsuyak04 | 2017-11-28 22:18 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

知恵と泥の道を走る


b0027290_16234411.jpg

b0027290_16242784.jpg

b0027290_16240041.jpg

b0027290_16561967.jpg

b0027290_16545866.jpg


今年7月に今のエリアに移り住んでから、朝の散歩やスロージョギングが毎日の生活の柱になっている。台風シグナルが出ない限り、多少の雨模様ぐらいならいつもの時間通りに家を出る。

毎日の朝散歩は、2月の主日礼拝から再開した教会復帰や、3月から突発的に実行した禁煙行動と共に、私の精神と身体的構造の強化にとても大きなプラス効果をもたらしている。

毎日朝を迎えられるということは、大袈裟に言えば、自分の人生にとって毎朝が初めての体験ということになる。当たり前のようで実は奇跡の連続であり貴重な経験なのだ。

老若男女、ほとんど毎日同じような時間に出会う人たち、すれ違う人たちがいるけれど、優劣をつけたり競い合ったりするような間柄では勿論ない。彼等には彼等なりの理由や価値観や生き方があり、私には私なりの思いや価値観や生き方があって、それが日常のカタチを創り出す。


知恵と泥の道を走りながら、それなりに歳を重ねてきた。

古い衣を脱ぎ去って日々新たにされる心の自由や豊かさに、我ながら驚き、そして感謝している。


「今の時を生かして用い、そとの人に対して賢く行動しなさい。

いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。

そうすれば、ひとりびとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。」

コロサイ人への手紙 4:5-6


[PR]
by tetsuyak04 | 2017-11-18 17:23 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

変化できる者


人生に興味を失わなければ老いることはない。

狭い香港とはいえ、何年住んでいても興味深い場所は沢山あります。 人生楽しみましょ!


b0027290_21395271.jpg
三家村Ferry Pierから東龍島へ向かう (土日と祝日のみ運航)

b0027290_21403511.jpg

東龍島桟橋

b0027290_21410363.jpg

同じく東龍島桟橋

b0027290_21524879.jpg
東龍島 hike’s passにて

b0027290_22032536.jpg
東龍島から望む 清水湾Clear Water Bay Golf Club

b0027290_21560793.jpg
東龍島士多 Store 島の雰囲気を満喫


最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である。

(Charles Robert Darwin)

"Charles Darwin", with the surname underlined by a downward curve that mimics the curve of the initial "C"



[PR]
by tetsuyak04 | 2017-11-06 22:10 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

バカと小利口

迷走するどこぞの政党の新代表が、さっき決まったらしい。

b0027290_10480167.jpg


他に届け出る者がなかったから?!  流石、バカと小利口の戯れ集団。
政治屋といわれる輩には実にバカが多い。 エラそうだが、当然、偉くない。
バカだから「恥ずかしいこと」とか「間違っているかも」などという「思慮」や「感情」など通り越してバカをやる。
小利口な人間があれこれ考えて行動を起こせずにいる間に、手を挙げるバカがチャンスを手にしたりする。
小利口が癖になると、せっかく目の前に面白いことがあるのに、一歩引いているせいでタイミングを逃すバカもいる。


愛するものを見つけなさい (You've got to find what you love)

飢えてなさい、バカでいなさい (Stay Hungry. Stay Foolish.)
と、Steve Jobsは言った。

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ!とも言った。 が、
週刊誌を愛読し、ベストを尽くして無駄を侍るバカと、人のフリ(不利?)見て、愛国人士のフリする小利口。
血税吸取るコウモリ野郎たちに、この国のカタチ、行く末など任せられる筈もない。


とても呆れてる。 だが、ワタシは怒らない。 
怒ると心が汚れてしまうから。。。 



[PR]
by tetsuyak04 | 2017-10-31 17:08 | 徒然なるままに戯言を | Comments(2)

人生を最高に旅せよ!

哲学者ニーチェが言ったかどうか知りませんが、毎日考えてばかりいると日が暮れてしまうから、
たまには旅に出る。シゴトもがんばるけど、人生再考の為には旅がサイコー!

b0027290_19150378.jpg


b0027290_19140127.jpg


b0027290_14582065.jpg
某 Private Beach at Koh Samui Island (2014)

[PR]
by tetsuyak04 | 2014-01-10 15:00 | 徒然なるままに戯言を | Comments(0)

I Dreamed A Dream

b0027290_1415153.jpg


こんな夜中に家に戻って、
さっさと眠ってしまえばいいものを
ホンの気まぐれに点けた埃っぽいテレビ

いつまで観れるのかわからないロケーションフリーから垂れ流される
アナログ放送の日本語番組

意味もなくツマラナ~イ戯れと
秒数がやたらと短縮されて、延々と終わらないCMの数々

湿度100パーセントの香港の窓の外は
ドンヨリとした靄(もや)が舞い降りてきて
なんだかとても幻想的です。

春はまもなくやってきます。

I Dreamed A Dream

とても静かな夜…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tetsuyak04 | 2010-03-16 02:19 | 徒然なるままに戯言を | Comments(5)

モノクロームの時代

b0027290_0542880.jpg


永い沈黙の時間でした

私は今
光と影のモノトーンから生じる不思議な力に魅せられています
白と黒の間の無限の濃淡
そこにはただ白い世界と黒の世界が存在しているだけ
光と影…
真実とは、きっと思っているほど複雑なものではないのかもしれません

陰影礼賛…
色という多彩な情報を減ずることで浮き出されてくる純粋な世界
無限の色彩はリアル…に見えるけれど
垂れ流される作り物のTV番組みたいに押し付けがましく時に虚しい

モノクロームの世界は…想像力の世界
白と黒のコントラストが織りなす艶やかな存在感
それは…洗練された空間
切り取られたように止まった時間…

しかし…生きている、私はそんな時代の中で、確かに活きている

色に惑わされず
誰かと比べるなんてことは一切抜きにして
本当に自分の好きなことを追い求める

モノクロームの時代

嗚呼、贅沢だな~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tetsuyak04 | 2010-03-02 01:01 | 徒然なるままに戯言を | Comments(11)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧