<< Progress 春と修羅 (心象スケッチ) >>

一期一会

b0027290_1144916.jpg
靖国神社の境内入り口に立っている車止めポールの文様は、やっぱり…「桜」 でした。


明日ありと 思う心の徒桜(あだざくら)
  夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは


またまた詮無い話というか、むしろどちらかといえば縁起でもない話かもしれません。
つい最近のアタシの夢想体験。 もちろん実話です!

仕事が終わっていつものようにオフィスビルの下にあるバーの止まり木で飲んでいました。
昨年10月から開始したプロジェクトも佳境に入りゴールが見えてきた安堵の時間と同時に
新たなプロジェクトの仕掛けをそこでジックリ考えたいと思っていたのだと記憶しています。
時間の流れの速さを実感しながらも、まだまだ尽きない夢があることにアタシは満足していたような気もします。

ところが何故だかわかりませんが、そんな未来の仕事のことなど無視するかのように
時空を飛び越えてしまったアタシのアタマに過(よ)ぎったのは自分が死んだ日の葬式の場面でした。

父子二人という欠損家族の我が家で、アタシが死んだら喪主は息子の真さんです。
アタシの姿は当然見えません。 黒装束の関係者に囲まれて最前列に立っているのは真さんでした。 
喪主になってしまった真さんが、一呼吸して背筋を伸ばしたかと思うと参列者の皆さんを前にして語り始めました。
日本語が完璧ではない彼ですが、ゆっくりと、しかししっかりとした口調で静かに語り始めました。

「本日は父さんとのお別れにお時間を下さいまして有難うございました。」
「テッチャンは…父さんは…いつだったかボクにこんな言葉を聞かせてくれました。」
「ロシア伝承のひとつだと言ってました。」
「人として、父さんが…テッチャン自身が目指したい言葉だとも言っていました。」


「今 おまえが生まれ
みんなが おまえを見て笑い
おまえは 泣いている

おまえが 逝く時には
おまえが 笑い
みんなが 泣くような
そういう人に なりなさい…と。」


「テッチャンとの今日の別れはとても悲しいから…ボクは今日、いっぱい泣きます。」
「でも・・・泣くのは・・・・今日だけにしたいと思います。」
「テッチャンはきっと笑ってそれを望んでいますし、ボクはいつか必ずまたテッチャンに逢えますから…。」
「だから、皆さんも泣くのは今日だけ…今日だけにして…笑って明日を迎えてください。」
「みなさん、今日はホントにありがとうございました。」


そういって真さんは深々と頭を下げたのでした。

アタシはとても嬉しくて・・・胸がいっぱいになりました。


不謹慎な話でしょうか? アタシはこの日から、なんだか怖いものがなくなったような気がします。
でもこれホントの話!(夢想状態の中での話ですが)。 

明日ありと 思う心の徒桜(あだざくら)
  夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは


一日一日を大切に。 
一期一会を大切に。

b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

05.07.08
[PR]
by tetsuyak04 | 2008-04-21 00:36 | 徒然なるままに戯言を | Comments(11)
Commented by みの at 2008-04-21 16:37 x
真さんはテツヤさんのことをテッチャンと呼んでいるのですか?
なんだかうちの親子(私とおかん)と似ています。(笑)
日本語が完璧ではないとのこと、英語の方が得意なのでしょうか?
いろいろ想像しているとまだ見ぬ我が子も真さんのようになるのかな、とわくわくです。
Commented by tetsuyak04 at 2008-04-22 01:43
アタシはね、真さんが生まれるずっと前から…男か女かわかるずっと前から
決めていた名前が“真之介”でね…何故だか知らんけどその“真之介”が必ず生まれてくると信じていたんだよ。 でね、生まれてきてくれたんだよコイツが。
アタシはね、それが奇跡のような気がして狂いそうなくらい嬉しかったんだよ。
こいつをね、ひとりの人間としてリスペクトする証としてね、
アタシは生まれてきてくれた時から“真さん!”と、ずっと呼びかけ続けたんだよ。 
そうしたら、なんだかコイツがフッと笑ったような気がしてね…。
で、コイツが言葉ができるようになった頃、マンマとかマーマと同じように
テッチャン!って…。
それから今の今まで、アタシ等は“真さん!”、“テッチャン!”の関係です。
彼は香港で生まれましたが日本国籍の日本男児です。 が、中途半端な日本語教育に苦しむよりは徹底的な英国スタイルが善しとしてアタシがそういう道を選択したために、日本語は上手とはいえないのです。
英国海軍の品格を学んだ日本海軍の誇りの名残というか遺伝子ですかね? 親子の絆はとても深いですよ。
みのさん、まだ見ぬ我が子を大切に…大切に、ね!
Commented by bebecat at 2008-04-28 19:16
泣いて、、、しまったよ。
テッチャン、いつか会おうね。
真さんが一人で立派に立って、テッチャンを見送る姿を、
見届ける、私!って私が先に行く可能性もあるけど、、、。
じゃあ、テッチャンが私の娘が立派に一人で立って私を見送る姿を
見届けてください。
Commented at 2008-05-16 03:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by クリスタル at 2008-05-19 19:43 x
tetsuyaさん、お久しぶりです。
そしてお誕生日おめでとうございます♪
今年も来てしまいましたね、私たちの誕生日!
また一つ歳を取ってしまいました。
この歳が昨日までの自分よりもさらに飛躍の歳となるよう、お互いにがんばりましょうね。
tetsuyaさんのご活躍を陰ながら応援しています♪

5月19日生まれのクリスタルより(^^)
Commented by choco at 2008-05-19 23:57 x
お誕生日☆オメデトウ☆ございます!
どんなお祝いされたんでしょ?気になる、な~ 
クリスタルさんにも☆オメデトウございます。

Commented by ようじ at 2008-05-24 21:24 x
こんにちは。
おじゃましました。
またよらせてください。
Commented by bebecat at 2008-06-12 23:05
元気でがんばっていますか~~~?
Commented by mimi at 2008-06-27 23:28 x
はじめまして!みちこさんのブログから(45セントの頃から)
来ています♪このブログでは沢山、学び、励まされました。。。
ありがとうございました!!一期一会!感謝します★
Commented by bebecat at 2008-07-16 09:37
しばらくご無沙汰してますけど、元気ですかあ?
お仕事、うまくいっている証拠だと、安心してますけど、
体は無理させないでくださいね。
私のようにすっとぼけた失神なんぞ起こしたりしませんように。
Commented by eremiya2002 at 2008-08-25 23:37
最近、私の娘は私の身長を越えました。なんとも、なんとも感慨深いものがあります。
離婚してきたころはまだミルクを飲んでいたのに。
早く彼氏を、早く結婚を、なーんてジタバタしていた幼い母を、この娘は天からおりて来て、ゆっくりじっくりと成長させてくれました。

人生のリレーをするって、何て素敵なんでしょう。谷川俊太郎の、朝のリレー、みたいですね。

あ、まえブログに掲載されていましたね。

苦しんでいるとき、いつもお祈りありがとうございます。また一緒に歩いて行きましょうね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Progress 春と修羅 (心象スケッチ) >>