「ほっ」と。キャンペーン
<< 路傍の石 さくら >>

ブログのチカラ

b0027290_217354.jpg
イースター休暇の最終日の今日、
晴れ渡った香港の空に誘われるまま、アタシは街に出た。
昨日までの疲れきったカラダを労わるには、洒落たバーなんかで一杯やるのもいいが
迷わずアタシはフェリーに飛び乗って、近場の島へと出かけました。

いつもそうだったから。

何かを考えたい時には狭っ苦しい街を離れて海の上にいるのがアタシは好きだった。
長州島までのたかが1時間弱の船旅に、2階席のデラックスの乗船券を買った。
2階席にのみあるオープンデッキのチェアーに座って風に吹かれたいと思ったから。

何か特別に考えることがあったのかって?
別にアタシの人生に問題があるわけじゃない。 今はむしろ順調すぎるくらい順調だ。

しかし、考えることは無限にある。 
そして、そんなアタシに最近気になることがひとつある。

自分も死んで、子供も殺す」 という過激な言葉を綴るブログ仲間のeremiya姉さんの今の境遇のことです。 

ブログのプロフィールにはこうあります。
機能しない家族に育ち、子供も憎しみの対象になっていく。
苦しみの果てには子供との別れと、アルコール依存症。
そんな泥沼にいたから出会えた「神さま」と歩む…。  
神様に会うまで

何も語らなければ 人は何の苦しみも悲しみもないように見えます。
しかし、人は誰もみな誰にも語れない苦しみや悲しみをもっているものです。
アタシにもそんな時がありました。 とても辛いものでした。

君看双眼色 不語以無憂
君看よ双眼のいろ 語らざれば憂い無きに似たり
という言葉があります。

憂いがないのではありません 悲しみがないのでもありません
語らないだけです。

語れないほどふかい憂いだから
語れないほど重い悲しみだから

人にいくら説明したって 全くわかってもらえないから
語ることをやめて じっとこらえているひとがいます。

しかし、語らなければならない時があります。

彼女は今、ブログという媒体を通じてこころの叫びを精一杯綴っています。
読むほどに心が痛くなります。 

ある方が書いていました。

>心さえも自由にはならない。
頭が痛くなるほど泣いても、また泣きたくなることが起きます。
多くの幸せを望んだことなどないのに。
ただ普通に生きていきたいだけなのに…と。


同じ気持ちでアタシのブログ仲間、eremiyaさんが今、苦しみの中にいます。

捜すのに時があり、失うのに時がある。
保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。
黙っているのに時があり、話をするのに時がある。
愛するのに時があり、憎むのに時がある。
戦うのに時があり、和睦するのに時がある
神のなさる事は、すべて時にかなって美しい


と、伝道者の書:3-6~では語られていますが、
今、この時にアタシにできることは何かと考えています。

神に寄り頼むことも大事ですが
人の知恵チカラで何とか乗り越えられないものかとも考えています。

願わくば、重く深い悲しみの見える眼を持つブログ仲間によるeremiyaさんへの祈りと励ましの言葉、
そして大いなる知恵が授けられますように。
b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2008-03-25 02:37 | 夢のカタチ | Comments(14)
Commented by Aki at 2008-03-25 11:42 x
はじめまして、香港は今一番行きたい国です。
素敵なお写真ありがとうございます。
これからも遊びに行かせて頂きますね!
Commented by tetsuyak04 at 2008-03-26 01:22
Akiさん、はじめまして。
寄ってくれてありがとう。 そしてコメントありがとう。
さっきあなたのブログに飛んでみました。
素敵な曲と短くしかし染みる言の葉に感心しました。
今度ゆっくり寄らせてもらいます。 その時は一言残しますね。
いつでも遊びに来てください。 待っていますよ!
Commented by p-nuts-c at 2008-03-27 18:31
tetsuyaさん、ご無沙汰しています、みちこです。
ブログを閉じてから、たくさんの試練がありました。
けれど、主は見捨てずに私を義の右腕でささえてくださった。
tetsuyaさんにどうしても報告したいことがありました!
「イノセント・ムーン」をブログ用から短編小説用に書き直したものを
某文学賞に応募したところ、受賞が決まったと電話がありました。
感謝です!!
このブログにあの日出会わなかったら書かなかったであろう小説です。
版権が私にはなくなったため、ブログであの小説は公開できなくなり
ましたが、祈って応援してくださったtetsuyaさんに感謝を伝えたくて。
本当にありがとうございます。
すべての栄光を主にお返しします。
Commented by tetsuyak04 at 2008-03-30 23:13
みちこさん、お久しぶりでした。
そして「イノセント・ムーン」の文学賞の受賞おめでとうございます!
明日から日本に舞い戻りますが、書店に並んだみちこさんの本が見れたらいいな。
次回作も期待していますが、どうぞ自分のペースでゆっくり完成させてください。
人の世の試練を嬉しいものと捉えられるほど皆が皆、強くはありませんが
ポジティブ・シンキングが人を育て逞しく成長させてくれると信じています。
みちこさんとご家族のご健康と、今後益々のご発展をお祈りしています。

Commented by 香港生活情報 at 2008-04-05 14:27 x
こんにちは、香港生活情報掲示板の管理人です。
ニューヨークで一番人気のサイトNYJAPAN (http://nyjapan.com/)を運営しておりますが、香港にも生活情報を開設いたしました。
在住者のためのブログ登録もございます。貴ブログのアクセスアップにもつながりますので、ぜひご登録ください。
以下のページよりご登録いただけます。
http://hongkongjapan.com/blogRanking.jsf

ご登録お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

香港生活情報管理人
Commented by eremiya2002 at 2008-04-08 01:14
海の向こうのtetsuyaさん
いつも有難う。

大事なところでうまい言葉が出ないですが
許してください。
Commented by eremiya2002 at 2008-04-08 01:23
あと、
いつか遊びに行かせてください。
それは嫌がらないでくださいね。
Commented by tetsuyak04 at 2008-04-13 23:03
eremiya さん、お久しぶりでした。
重く深い悲しみの中で頑張っておられるeremiyaさんに有難うなどと言われると
とても申し訳ない気がします。     こんな話を思い出しています。

地元では金持ちで知られ教会の役員何ぞでハバを利かしている父さんが
豪華な夕食を前に家族に言いました。
「隣に住む貧しい家族のためにみんなで心を合わせて神様に祈ろう!」と。
食卓についていた7歳の一人息子が父親に言いました。
「父さん、神様にお祈りするのはいいですが、父さんにできることはないのですか?」 と。

神に寄り頼むことも大事ですが、人の知恵とチカラで何とか乗り越えられないものかとも考えている
アタシにできることはないですか?

いつかお会いできる日を楽しみにしていますが、
eremiyaさんの復活がまず大事だからね。。。
Commented by eremiya2002 at 2008-04-21 23:20
tetsuyaさん

すごく助けて欲しいのだけど
何をどう助けて欲しいのか、助けて欲しいことだらけで分からないです。
ほんとは、とにかく毎日不安なので毎日泣きたい感じです。

私はどこにいくのかな、私はどうなるのかな。
年をとって、ひとりだったらどうしよう、なんていう事も
最近はよく考えています。

もう訳が分からないですね、トホホ・・・
Commented by tetsuyak04 at 2008-04-22 02:09
eremiya姉さん、毎日不安で泣き続けるのは一向にかまわないけんども
何をどう助けて欲しいのか、助けて欲しいことだらけで分からないではチエも出ねぇべ。
年をとって、ひとりだったらどうしよう? なんて、すったらこと歳をとってから考えれ!
そんな先のことに思い煩う余裕があったら、風呂にでも浸かって鼻歌でも歌ってしっかり寝なさい!
すでに歳食っちまったアタシでも明日のことはケセラセラ! なるようにしかならないんだからね!
問題を整理したうえで、さあアタシ、どうすればいい?

たったひとりしかない自分を、
たった一度しかない一生を、
ほんとうに生かさなかったら
人間生まれてきたかいが
ないじゃないか
Commented at 2008-04-22 22:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-22 22:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-22 22:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eremiya2002 at 2008-04-23 00:57
とりあえず忍耐!
まだ何も動き出してないから…

私の1番のお願いは、これからもずっと仲良くして欲しいと言う事、お祈りして欲しいと言う事、機会があれば必ずご飯食べに連れて行って下さい!と言う事ですよ。。。
<< 路傍の石 さくら >>