「ほっ」と。キャンペーン
<< さくら 52万5600分という時間 ... >>

精神のフレキシビリティー

b0027290_21164348.jpg

ブログを書くことから少~し遠ざかっている今日この頃ですが、
皆様は如何お過ごしでしょうか?

少し前までの信じ難い寒さに身をかがめていた香港にもようやく春が戻り、
惰眠を愉しみ、陽だまりにうずくまるシアワセを感じています。

レントの週の礼拝を守った帰り道、ホテルの壁一面に掲げられた巨大広告を目にして、
トラムを飛び降り、セントラルからSOHO辺りをフラ~リふらりと歩いてきました。

b0027290_2115941.jpg

人生の経験と荒波をくぐり抜け、人情の機微も幾分わかる歳にもなり、
滋味に富んだ叡智の結晶なる言葉の一つも残したいところですが、
今のアタシには、まだまだ…まだまだそこまでは~です。

束の間の休日のまにまに、
自然のままの自然を愛することを学び、
静かに過ごす夢の日々を、
勝手気ままに思い描いていた休養万全の今日のアタシです。

がんばろ~っと! 今日からそして明日からも…。
b0027290_1544473.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2008-03-09 22:07 | 大人の童話 | Comments(4)
Commented by bebecat at 2008-03-13 21:19
忙しそうですね。私なんぞでも、毎日なんだか「あっ、」っという間に過ぎるもので、生活に追われて、、、という決まり文句がぴったりな生活してます。これじゃだめっと思うんだけど、、意味もなくババアになっていくのがもったいない。何とかせねば!
Commented by いちのへ at 2008-03-14 03:30 x

テッちゃん、元気でやっているようで何よりです。
で.......、ネ? 最近、ゲストの書き込み少ないでしょ?
これね、血を吐くような心情吐露の言葉が無いからですヨ。

オレ達は、マァ、50も超えて人生とか世の中を語りは
しますけどね、硫黄島、タラワ、ペリリューで必ず死ぬ結末に
向かって毎日穴を掘っていた人間に比べれば、オレはよく
云うんですが、

『毎日がピクニックみたいな人生』

ですナ。
オノレのシノギがうまくいかないことを言葉で繕ってみても
しょうがない、神に祈るよりは国家に尽くせ、民族のステイタスを上げろ、というのが最近のアタクシの心情なんですネ。
『南京の真実』というのをググってもらうと、内容がわかると
思いますが、これは南京大虐殺などいうものは、共産支那の
プロパガンダで日本を貶める悪意極まりない陰謀である、と
主張する映画なんだけど、思うところあって数ヶ月前に数日徹夜でやった仕事のアガリをUS$12,000ほどを支援金として送った
んだけど、オレたち齢を重ねた日本人はやはり『公』というものを意識していかないと、人生の最後は空虚なものになる、と
最近アタクシは沈んだ思いで感じていますね.........。

Commented by tetsuyak04 at 2008-03-16 10:53
べべさん、こんにちは。
「あ」っというまに過ぎていく生活はアタシもおんなじです。
意味もなくジジになっていくのを待つんじゃあまりにも拙いですから
気合を入れて、できるものから片付けまわっているところです。
↓の いちのへおじさんの云うように「公」を意識すると
人生の最後は大きな意義と満足が得られるらしいです。

物事を考えるときや進退を決めるときにはアルゴリズムが働きますが
「YES」か「NO」を即断では決めかねる時は必ずありますね。
忙しさの中にも確実に働く「義」を追い求める「こころ」が精神の破綻の
避けどころかと思ってがんばってます。
Commented by tetsuyak04 at 2008-03-16 11:08
いちのへおじさん、こんにちは。
記事を書かなきゃゲストもこないよね。
血を吐くような心情吐露の言葉か~そのうち書いてみっか…。
今は言葉を吐く前にカラダがぶっ壊れてしまわないように気をつけています。

毎晩ね、家に戻るのが午前様です。
今月末に昨年10月から開発していた製品の量産を開始して
まず日本市場に登場します。 やっぱりクリエイティブな仕事は面白いね。
System Integrateっつうの今のアタシのKey Wordです。

数日徹夜仕事でアガリUSD12,000は立派です。 
それを支援金に回せるおっちゃんの意気込みもまた立派です。
人生が空虚なものとならないようにがんばってください。

4月1日から日本です。
桜を観に靖国に寄ってみようと思っています。
<< さくら 52万5600分という時間 ... >>