「ほっ」と。キャンペーン
<< 耳を澄ませて聞くチカラ 350ml の感動 >>

ジャックという名の男

b0027290_20302751.jpg

ハロウィーンの夜に恐ろしい仮装をするのは、
家のまわりを徘徊し人間にとりつこうとする悪霊達が、その姿を見て驚いて逃げるようにするためだったそうですが、
なんだか怪しい格好の兄ちゃん姉ちゃん達が出没し始めたここ香港
アタシは悪霊なんかじゃねぇ~けど、オマイラ、アホか!と腹の底から思いながら逃げ惑っています。

ハロウィーンの時に決まって登場する、くりぬいたカボチャの提灯 (the Jack-o'-lantern) の風習は、
アイルランドの民間伝承 (folklore)から来たらしいですね。 話はこんな感じです。 エヘン!

イタズラ好きで飲ん兵衛で知られているジャックという名前の男が、(アタシのことじゃないよ!)
悪魔サタンを騙して木に登らせた上、 (って、すげぇ~じゃん!)
その木の幹に十字架を彫り付けて、悪魔を木から降りてこれなくしちゃったんだそうです。
で、金輪際ジャックに対して悪いことはしない、と約束させて悪魔を逃がしてやります。
(大した奴ジャン!と、アタシは思うけど…。)

時が経ち、ジャックは死んで天国へやって来ます。
ところが、これまでの悪業(悪魔を騙したということがか?)のために天国へ入れてもらえません。
ジャックは仕方なく地獄へ降りてきますが、悪魔を騙したということで(やっぱり…)ここでも門前払いにあいます。

ジャックが途方にくれていると、悪魔がやって来て僅かに燃える光を手渡します。

もうジャックにはこの火しか持ち物がなくなってしまいました。
ジャックは、その火が消えないように、くりぬいたカブの中に置き、
そこからもれる光を頼りに、寒い闇の中をさ迷い続けていると伝えられています。 
(なんだかジャック君、可哀想じゃん!)

この話が元にあって、アイルランドでは(the Jack-o'-lantern) にカブを使っていました。
今日、アメリカでくりぬいたカボチャを使うのはカブよりも丈夫で整形しやすく日持ちがいいためなんだそうです。

ハロウィーンという語はカトリック教会にその起源があります。 が、キリスト教の風習ではないですね。

歴史をさかのぼると、紀元前5世紀ごろのケルト民族の暦に関係があります。

10月31日のハロウィーンは11月1日の万聖節 (All Hallows Day または、All Saint's Day-
亡くなった聖人たちを祀るカトリックの祝日) の前夜祭で、
All Hallows Eve と呼ばれていたのが訛って Halloween となったんだそうです。

当時ケルトでは、夏は10月31日で終わることになっていました。
その日には Samhain(ソーウェン)と呼ばれるお祭りがあり、
ケルトでの新しい年が始まる前日(つまり、大晦日)だったわけで、
これがハロウィーンの原形だと考えられているらしいですわ。

強大な力を持つローマ帝国が南から侵攻し,それと一緒に布教活動を行ったキリスト教(カトリック)は、
ケルトのドルイド教の人たちもキリスト教に馴染めるようにソーウェインを伝統ある儀式として認めつつ
11月1日の万聖節と融合させていったのだそうです。

ということで、ハロウィーンのお祭は、アイルランドのケルト民族の大晦日の祝日から生まれ、
中世ヨーロッパの祈りの儀式で育てられ、
悪魔崇拝とは無縁のところで祝われてきたんですね。

で、今や東京や香港あたりの酒場に集まる若者等が(っつうか、馬鹿もん等?)が、
由来も知らずにただただ馬鹿騒ぎするだけの風習に変化してきているっつうわけです。

イタズラ好きで飲ん兵衛で知られるジャックという名の男は、(アタシじゃないってば!)
今、それをどんな思いで眺めているのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-10-28 21:46 | 徒然なるままに戯言を | Comments(9)
Commented by Naozo at 2007-10-31 00:37 x
tetsuyak04さま

久しぶりに書き込ませていただきます。
ジャックという名の男とハロウィーンの話、無学の僕にはためになる話でした。
う~ん、そうだったのか・・・という感じです。

バンコクの一部もハロウィーンで浮かれています。場違いな飾りつけや、
勘違いして仮想している若者たち。そのエネルギーをもっと違ったことに
使えばいいのではないかと思ってしまう僕は頭が固いんでしょうかね・・・?
Commented by tetsuyak04 at 2007-10-31 02:29
Naozoさん、お元気ですか? 今もバンコクですか?
若者の勘違いもそれなりに新しい文化を築く礎になるんでしょうね、きっと。
同じ費やすエネルギーならば、もっと違うところに使えばいいのにって、
スゲェ~わかりますわ。 
アタシ等が若かった頃に年配者から云われてた言葉でもありますが、
世の中それで巧くまわってるんですかね。 良いか悪いかは別にして。

ところで、香港に来る計画はないですか? 
予定があるとき(創れる時)は連絡してくださいね。
Commented by bebecat at 2007-10-31 19:00
昔、、、アメリカで言葉のつたなさがたたり、銃で撃たれて死んだ名古屋からの留学生、、、、あれも、ハロウィーンに起こった惨劇でしたね。
いつもハロウィーンに対してあんまりいいイメージがなく、その上に起こったこの惨劇によって、私の中で完璧に拒絶された風習(?)です。
Commented by Naozo at 2007-10-31 20:24 x
tetsuyak04さま
香港はまだ訪れたことがないので行きたいのですが、なかなか機会が。
日本にも一年以上帰ってないし・・・。九龍城があった頃はトツゲキ
したいと思っていましたが、う~ん、キャセイで香港経由日本の便を
利用して立ち寄りますかね。

bebecatさま
悲しい事件がハロウィーンでありましたね。
銃を撃った本人は「恐怖を感じて撃った」と話していましたが、
言葉の問題からあんな悲劇が起きるとは。アメリカの銃社会の
問題を考えてしまいます。
簡単に銃を撃ってしまうところはタイも同じですけどね。
Commented by apako0828 at 2007-10-31 20:30
ちょうど、30日の昨日長野の実家からかぼちゃが送られてきて、31日の今日かぼちゃの煮物食べました。(あんま関係ないけど^^;)
日本でも、ハロウィーンを意識したもの増えてますね。
ディズニーランドもそうだし、先日お返しに買ったケーキ屋さんのお菓子もハロウィン風だったし、スーパーの片隅にもハロウィン仕立てのお菓子がありますわ。さすがに、変装して騒いで騒いでる人は見ないけど・・・。

由来を知れて良かったです^^いつも、知識を分けて頂き有り難うございます!
Commented by bebecat at 2007-11-01 17:15
Naozoさん、、、本当に銃の自由化(ちょっと洒落っぽい?)って、おろかな考えだと思いますよ。身を守るはずの銃が人を傷つける。正義と罪のバウンダリーもどこからどこまで、、、、って見極めかねます。
Commented by tetsuyak04 at 2007-11-04 00:27
bebeさん、いつもありがとうございます。
ハロウイーンに対するイメージはアタシもよくないな。 
悪魔の格好なんかして騒がなくたって、悪魔より冷酷な人間がいるもんね。
今の世の中の事件を聞く度に、嗚呼!何て人間って愚かで残酷なんだろうと
考え込んでしまいます。 で、風邪引いて寝込んでるわけですアタシ。
Commented by tetsuyak04 at 2007-11-04 00:36
Naozoさん、今晩は。
タイの暖かな気候が今は羨ましいです。
昨日から香港は急激に気温が下がり、道行く人の服装も厚着が目立ちます。
昨日、イギリスにいる息子から電話が来ました。
寒くて死にそ~って話したら、気温20度? アッタカイジャン!と笑われました。
アタシがジジイになっていくことに気づかないのかコイツ!
と思いましたが、まあ、息子元気で留守がいい!です。
Commented by tetsuyak04 at 2007-11-04 00:42
apakoさんの作るアッタカ~イ、カボチャの煮物のほうが
便乗商法蔓延の似非文化お菓子なんかより100倍価値を感じます。
アタシもその昔食った、お袋の炊いたカボチャの味を想い出しています。
カボチャ、食いてぇ~。
<< 耳を澄ませて聞くチカラ 350ml の感動 >>