<< あわてず、あせらず、あきらめず 道化師のソネット >>

気だるさの秘密

b0027290_1104320.jpg

自分のしたい放題に生きることが本当の自由だとは思わない
それは欲望の奴隷の姿かもしれないから
しかし、良心に基づいて行動するとき
アタシ…自由を感じます

中国出張から戻った金曜の晩
週末の賑やかなバーの片隅で、一人静かに酒を飲んだ
土曜日には昼までゆっくり眠ろうと床に就いたが
朝も早からワンコに起こされて
散歩に出かけ
大あくびをしながら排泄姿を眺めてた

気分を変えて掃除・洗濯と身のまわりを片付けて
昼過ぎに思い立って髪を切りに行った

晩飯には寿司が食いてぇ~と唐突に思い込み
セントラルの 「なお膳」 に駆け込んで鱈腹食った
自分への褒美のつもりで

★★★

日曜の今日はなんだかひどく気だるくて、気だるくて
一日中、何もしたくなかった…
というか、何もしなかった
だけれども
こんな日があってもいいんだ!

人間の身体は余計なエネルギーは使わないようにできているらしい
さほど頑張らなくてもいいときに、だるさを感じさせてカラダとココロを休ませて
来るべき時に備えて、気力とエネルギーを蓄えろ!ということでしょう

気だるさの秘密!?。。。とか言いながら
わかったような顔をして
今日も気真面目に明日に備えている
てめぇ~勝手なアタシです

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-09-17 01:00 | 大人の童話
<< あわてず、あせらず、あきらめず 道化師のソネット >>