「ほっ」と。キャンペーン
<< 気だるさの秘密 やっぱり人生…笑うしかねぇ~じゃん! >>

道化師のソネット

b0027290_21441982.jpg

道化師のソネット

(作詩/作曲 さだまさし)

笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために

僕達は小さな舟に 哀しみという荷物を積んで
時の流れを下ってゆく 舟人たちのようだね

君のその小さな手には 持ちきれない程の哀しみを
せめて笑顔が救うのなら 僕は道化師になれるよ

笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために
きっと誰もが 同じ河のほとりを歩いている

★★★

僕等は別々の山を それぞれの高さ目指して
息もつがずに登ってゆく 山びと達のようだね

君のその小さな腕に 支えきれない程の哀しみを
せめて笑顔が救うのなら 僕は道化師になろう

笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために
いつか真実に 笑いながら話せる日がくるから

笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために
笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために


1980年(昭和55年)


今日、セントラルの中心街をリックサックを背負いながら歩いていました。
ヴィトンやティファニーやカルチェのブティックが立ち並ぶ街の中にある
いつか話した公園の前には
今日も家族から離れて、ただ家族の生活のためだけにその人生を捧げている
多くのフィリピン人やインドネシア人の出稼ぎの女性の一団がいました。

暗い眼をした人の数より
明日を信じて目を輝かせている圧倒的に多くの彼女たちの笑顔を見て
アタシたちは
本当に大事なものが何であるのかを学ばなくてはなりません。

人は、誰もが時の流れをくだる舟人であり、
やがては、生の此岸から、死の彼岸へとわたって、
死ぬべきものということが宿命づけられている同じ旅人です。

たまたま同じ時代に、同じ時間の流れの中で、生きているもの同士として、
喜びや哀しみが共有できるなら、
それはアタシ達たちの宿命として、
きっと、大きな救いになるような気がします。

同じ時間の中でも、人それぞれの目標とするものは違います。
その目標が、高いのか低いのかも、人それぞれによって違いますね。

だけど、
大事なのは、ひとそれぞれの定めたその目標を目指して、
ゆっくりとでも、着実に登っていくことではないでしょうか。

それこそ、人として生きてきた、証(あかし)なんだとアタシは思います。

上に記したさだまさしさんの歌詞をどうぞじっくり読んでみてください。

難しいことは抜きにして、真実がありますね。

著作権違反だよオマエ!と言われるのを覚悟で
アタシは好きな歌を紹介したいと思います。

本当に必要なこととは
そういうことに気づいて、皆で支えあいながら
長く短いこの人生の旅人として

力強く生きていくことがとても大切なことだと思うから。


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-09-09 22:05 | 大人の童話 | Comments(6)
Commented by tetsuyak04 at 2007-09-09 23:22
bebeさん、ごめんなさい。
さだまさしの「償い」聴いて涙ぼろぼろっていうコメント頂いたのに
アタシ…間違って消しちゃった!
コメントの返答だけ下に書いとくね!
ごめんよ~!!!
Commented by tetsuyak04 at 2007-09-09 23:23
Bebeさん、アタシ「償い」というこの歌は知りませんでした。
だから、今You Tubeで検索して聴きました。
もらい涙…でました。 ↓で聴けます。

http://jp.youtube.com/watch?v=Vl2XbBlNCzs

たとえ女々しいと誰にいわれようが、
死ぬまでアタシは…人の心情がわかる男でいたいと思います。

ついでに 「道化師のソネット」 は↓で聴けます。
アタシもう…著作権侵害オヤジで訴えられてもいいわ!

http://jp.youtube.com/watch?v=cl6NXV73jSE&mode=related&search=
Commented by michi-p-w at 2007-09-11 07:06
tetsuyaさん、こんにちは!
ほんとにもう、tetsuyaさんと好きな音楽が似ていていつも
びっくりします。Bebeさんご紹介の「償い」も知っています。
泣いちゃいますよね。
さだまさしさんの「眉山」もよかったですよ。映画は観ていませんが
小説は、彼の歌の世界が随所に感じられます。
「加速度」「吸殻の風景」「黄昏迄」…中学生のころ、姉の影響で
聴きはじめて、好きになった曲は数知れず。
最近よく心で歌うのは「主人公」でしょうか。この歳になって
じんわり心にきます。
登山で山へ行くと、知らない人同士が声を掛け合うように、人生って
いう山も荷物を持ってあげることはできなくても声を掛けることは
できる。たった一声に救われることってあるんですよね。
Commented by bebecat at 2007-09-11 17:55
償い、、、Tetsuyaさん紹介のYoutubeで聞きました。久々です。
私もMichi-p-wさんと同じで、「主人公」歳と共にどんどんひっかかってくる歌の一つです。私達ひとりひとりがみな主人公、、って
本当によく納得できるくらいの歳に私もなりました。
Commented by tetsuyak04 at 2007-09-17 01:33
michiさん、 bebecatさん、いつもありがとう!
「主人公」…いいですね。 
この曲についてのさだまさしさんの下のコメントも納得できるよな~。

****************************************

だから僕は、人は必ず選ばれて生まれて来たのだと信じていたいし、
だからこそ、生きてゆくことに誇りを持ちたい。
自分が主人公であるという考え方は、とかく「利己」を感じさせる危険な言い回しですが、
生きてゆく強さをふるいたたせる為に必要な起爆剤だと思ってください。 
自分の人生はドラマであると信じる事が、
時として自分の不幸を救うこともあるのです。

****************************************
今日も自分を信じて人生のドラマを謳歌しましょう!
Commented by CliPeDia at 2007-09-20 14:48 x
初めまして★ブログ拝見させて頂きました。
時間を流れながら、生きている~♪
このブログの楽しさをもっと沢山の人に伝えましょう!
CliPeDiaにUPする事で沢山の人に目に止まり、沢山の評価を得る事が出来ます♪

詳しくはコチラ⇒ http://clipedia.jp/
<< 気だるさの秘密 やっぱり人生…笑うしかねぇ~じゃん! >>