<< 朝のリレー by 谷川俊太郎 キックオフ! >>

最後だとわかっていたなら (Official Version)

b0027290_11545.jpg

「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから




先日、サンクチュアリ出版様から下記のような御丁寧なメールをいただきました。
以前、アタシのHPや拙ブログで 『心に残る言葉』 として取り上げたことのある
「最後だとわかっていたなら」 という詩に関するものでした。
誤解や誤植を訂正した Official Version として広く皆様に読んでいただきたく、
ここに頂いたメールをご紹介いたします。



★★★★★★★★★★★★★★★★(mail message)★★★★★★★★★★★★★★★★

はじめまして、サンクチュアリ出版と申します。
突然、メールをお送りしてしまい、申し訳ございません。
以前 『最後だとわかっていたなら』 という詩を、ご紹介いただいたことがあるかと思います。
そのことについて、お話しておきたいことがあり、ご連絡させいただきました。

この詩を、実は、先日(6月28日)当社で本にして出版したのですが、
それにあたり今までの誤解や誤植を訂正させていただければと思います。

もし、今後どこかで、この詩をご掲載いただくことがございましたら、
下記の件をご注意いただければ幸いです。

① この詩は、「9.11テロで亡くなった消防士が書き残した詩」 ではありません。

アメリカ人のノーマ コーネット マレック という女性が、わが子を亡くしたときに書いたものです。
それを、テロのときに追悼集会やテレビで朗読され、チェーンメールで勝手に流されてしまったのです。
現在、この詩(英語原詩)の著作権はオーストラリアに住むJudyさんが持っています。

② 詩の一部に訂正があります。
チェーンメールとして勝手に使われた際、どうやら原詩をアレンジされてしまったようです。
今回、出版するにあたって、日本訳も原詩を忠実にいたしました。
上記が正しいものです。

皆さんがおっしゃるように、本当にとても良い詩なので、作者や訳者の思いを尊重し、
正しい掲載をお願いできれば幸いです。

尚、本書のHPもございますので、よろしければ見にいらしてください。
「最後だとわかっていたなら」 Official Site

何かご不明な点がございましたら、サンクチュアリ出版までご連絡をお願いいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
このたびは、大変失礼いたしました。

**********
サンクチュアリ出版

★★★★★★★★★★★★★★★★(mail message end)★★★★★★★★★★★★★★★★

と、いうことです。 この詩の存在を紹介し、またブログ等で掲載される場合には
上記の事情を明確に併記されることをお願いいたします。


(近況報告):

7月3日以来、ブログを書くどころか頂戴した温かなコメントへのお返事もできず、
皆様には大変ご心配をおかけしておりますが、
アタシ、これ以上の喜びはないぞ!というくらいの感動を覚えながら派手に飛び回っております。 
カラダはスンゲー疲れてるのでしょうが想像以上の刺激に興奮の毎日です。

昨日は12時間、死んだように眠り続け、ひさびさに食った息子との食事は涙が出るくらい美味かったです。

皆さんの温かな応援が、アタシを支える熱いエネルギーになっています。
 
みなさん、本当にありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-07-15 01:10 | 夢のカタチ
<< 朝のリレー by 谷川俊太郎 キックオフ! >>