<< 半信半疑という美学 未来予想図を映し出す瞬間 >>

食う寝る遊ぶ!のベビーシッター?

b0027290_3123946.jpg
(photo from a brush with hong kong by Dave Parker @1990)


夏休みで香港に戻った息子
食う寝る遊ぶ を目指すのか!? と思っていたら
TVコマーシャルのキャスティングの仕事なんぞしてる

そうかと思えば、先週からは知人の英国人夫婦に請われて
ちゃっかり5歳の男の子のベビーシッターまでやっている

息子が所属する香港フットボールクラブのメンバーで
息子をよく知り、彼の性格が好きなんだ!と云ってくれるその夫婦
彼はひとの気持ちがよくわかるから…という理由で
午後の5~6時間ほど自分の子供と一緒にいて欲しいという

一緒に遊ぶ、学ぶ、食べる、習い事へのエスコート
で、時給150ドル (2400円) 交通費は別途
一日5時間で750ドル (12000円) って、
学生のパートタイムジョブとしては中途半端じゃない金額だよ!

芸は身を助けるとは云うけれど
あっさりと 食う寝る遊ぶ を別の形で実践してる!

気を使う仕事ではあるけれど
こんな旨い話があってもいいのかな?!


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-06-27 11:59 | 夢のカタチ | Comments(2)
Commented by apako0828 at 2007-06-28 11:17
性格で人を惹きつけるって、すごいことですよね。
きっと、tetsuyakさんの子育てが良かったからなんでしょうね^^

Commented by tetsuyak04 at 2007-06-28 11:47
apakoさん、おはようございます。
アタシなりの精一杯の愛情表現はしたつもりでいますけど
子育てに関する確固たる信念があったわけではないんですよ。
むしろ何をやらかすのかわからないアブナイアタシを反面教師に見てたのかもね。
3歳までが情緒を決めるといいますが、そういえば5歳くらいまではいつも一緒でしたね。
<< 半信半疑という美学 未来予想図を映し出す瞬間 >>