<< 蚊に刺されやすい体質? 血液型? とっぴんぱらりのぷぅ >>

人生の情熱の瞬間

b0027290_21583554.jpg

一昨日、5ヶ月振りに息子が笑顔で香港に戻って参りました。
香港は彼の生まれ育った故郷だから、
彼にとっての香港は、無条件に安心できる場所らしい。
自分の成長のDNAが故郷には染みついているものだからね。

いろんな人に出会い、いろんなものを見聞きして、
叶わぬ恋の儚さ、夢のもろさや刹那のきらめき、
そうした喜怒哀楽を繰り返しながら、
人はだんだんと自分の輪郭をはっきりさせていくものです。

日常の騒がしい雑音の中にあって、
時間と距離を移動しながら彼なりの生き方を決めていく様は
ふと自分の魂のかすかな息づかいを聴くみたいに
なんだか自分を映す鏡を見ているような気がします。

昨日、4月に亡くなった我が家の家族、スノーイの眠る場所に彼を連れて行きました。

「海が見えるね…」と云った彼の瞳に涙を見たとき、
意味ある記憶は点などではなくて、抜け落ちた時間を埋めながら、
実は過去から現在までずっと続いてきている一本の線なのだなと思いました。

裸以上に自分の心の中を見せてくれる彼を、
アタシは誇りに思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
and
人気 blog Ranking に参加中です!


関連記事: こどもの「ムダ」をあたたかく見守ってみる
[PR]
by tetsuyak04 | 2007-06-17 22:00 | 大人の童話 | Comments(6)
Commented by はちみつ at 2007-06-17 22:30 x
<時間と距離を移動しながら彼なりの生き方を決めていく様は・・
 
 点から線へ・・そして立体へ・・それから力へ・・人生の情熱の瞬間

 良い記事を読まさせて頂きました・・
 
Commented by tetsuyak04 at 2007-06-18 01:33
はちみつさん、いつもありがとうございます。
心配しながらも成長していく子供の姿をみることはアタシにとっては情熱の瞬間です。
アタシを写す鏡であり、アタシ自身の人生をも考えさせてくれるかけがえのない存在に
感謝せずにはおれません。 

ひとつひとつの記憶の瞬間が、また新たなエネルギーを生んでくれて
彼の、そしてアタシの人生の輪郭をさらに鮮明にしてくれるものと信じています。

Commented by bebecat at 2007-06-18 18:18
tetsuyaさんの大切なもの、、、戻って来ましたね。
文字に「寂しかったよ」って書いてある。
これからまた親子喧嘩しながら仲良くやっていくのね。
Commented by apako0828 at 2007-06-18 22:03
親の気持ちって、まだ未知なのですが、「こんなに愛されてる息子さんは幸せだな~」と思いました。

私も、未来の子供を全身で愛したいです^^
Commented by tetsuyak04 at 2007-06-18 22:30
bebeさん、大切なもの戻ってきましたよ!
>文字に「寂しかったよ」って書いてある。 あはは、そんな風にみえたかね・・・。
でもね、心配は尽きませんが、けっして寂しくなんかないですよアタシ。
昔から放し飼いにしてましたから・・・。
それとね、叱ったりすることはありますが、喧嘩らしい喧嘩をしたことがないんですわ。
なんでかな?
Commented by tetsuyak04 at 2007-06-18 22:35
apakoさん、こんばんは。
溺愛はだめですね。 でも3歳までのスキンシップは絶対に大事だと思います。
あとはこどもの「ムダ」を温かく見守ってあげる・・・親の根気ですね必要なのは。
<< 蚊に刺されやすい体質? 血液型? とっぴんぱらりのぷぅ >>