<< 大事にしたいもの 好奇心 >>

ブログ短編小説 『好奇心』 のための “ラクガキ帳”

b0027290_21135949.jpg

思いつきで始めてしまったブログ・コメントによる創作・短編小説 『好奇心』
想像する・創作する って意外とたいへんな作業でしょう!
と、ふとそんなことがアタマをヨギッタ・・・で、

もしかしたら、好奇心は働くものの、
PCの前で皆さんが一斉にフリーズしてたらテ~ヘンだぁ~~~と思って
急遽、ここにストレス・フリーのラクガキ帳(コメント欄)を置きます。

エピローグもプロローグも設定しないままに
いきなり、筋書きのないドラマが始まってしまいましたが、
ここには質問・疑問・アイデア・リクエスト (文句でもいいよ…)
思いついたことをなんでも書き捨てて頂戴!

ひょうたんから駒 みたいな企画第1弾のこのブログ短編 『好奇心』 は
5月31日(木曜日)までのストーリー・コメントを目処に 「大人の童話」 として
なんとか完結できればいい~な~!と、こころ密かに・・・。 

面倒かけて、みんなゴメンネ~!

Progress (起承転結) : ★☆☆☆

【ブログ短編小説のタイトル】

『好奇心』 (後日変更あり…?)

【これまでの登場人物】
① 男 
② 赤いドレスの女
③ バーのマスター
④ 女の恋人? (昨年交通事故で亡くなった…)

【舞台とキーワード】
① 男の想いでのレストラン…(Orange Tree : オレンジツリー) @SOHO 香港
② 男の行きつけのバー …(LinQ : リンク) 
③ Chili Wine : チリワイン
④ グランブルーの深い海の底を見るようなカクテル
⑤ 大人の童話


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気 blog Rankingへ ポチッ!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-05-27 21:21 | 大人の童話 | Comments(22)
Commented by 童子 at 2007-05-27 21:48 x
【好奇心】というタイトルと文章に、他人の想像を見てみたくなったのです。
幼い頃、学校の課題でやった・・『絵を見て物語を想像する』を大人が描いたとしたら、どんなストーリーが出来上がるのだろうと。
さまざまな道を選んできた私達、顔も見えない世界で1つの想像を共同でできたら・・なぁ~なんて思ってしまったわけです。。

テツヤさんと、その仲間達さん、、本当に!ごめんなさい!!!
 
私、tetsuya04さんの知人です。
チョコ・パラとか桜花とか・・で極稀に書き込みし、自分のブログは放置プレー中のわらしと申します。
この場をお借りして、ご挨拶させていただきます。
宜しくお願い致します! ペコリ
Commented by はちみつ at 2007-05-27 22:26 x
 みなさま、おばんでした。「海辺の家から」のはちみつでございます。

 いや~。面白いね!読んで一人で笑ってましたよ。
 >なんとか完結できればいい~な~!と、こころ密かに・・・。

 tetsuya04さん。完結させましょう!せっかく小石を投げたのですから。
Commented by bebecat at 2007-05-27 22:38
わんばんこ、、、って古い?
小説、参加したけど、なかなか時間が取れなくって、、、。でも出来れば私もContributeしたから、それまでに終わらないで欲しいです。
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-27 23:49
ホントみんなアリガトネ!
それぞれの想像力を存分に、はきだしてみてください。
そして、どうぞ愉しんでください。
成り行きを見ながら、必ず完結させますからね!
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-28 17:07
なんか、だんだん気合が入ってきたね!
ストーリーの七変化でいろんなバージョンが生まれそうだわ。
愉しく読みながら参加するのも忘れて妄想に耽ってますアタシ。
短編で終わるのかいな? 
Commented by はちみつ at 2007-05-28 18:20 x
tetsuya04さん、更新遅かったので先に入れちゃいましたよ。
ゴメンナサイネ。
変化つけ過ぎたかな・・・
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-28 18:32
いいのいいの! これでいいの!
それぞれの想像力でひとつのストーリーに仕上げる過程を愉しみましょう!
Commented by いちのへ at 2007-05-29 15:28 x
ストーリーは、一挙に暴走しはじめました、テ〜ヘンだッ!
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-29 15:30
お~~い、いちのへのオッチャン! アリガトね。 だけんどもよ~
大人の童話っていうキーワードと、場を読みながらすすめてチョーダイネ~。
恋愛モノか、大藪春彦でいくのか、はたまた小林信彦の「唐獅子株式会社」のノリで
いくのか、わかんなくなってきたぞ~アタシ。(笑) 
なんだか短編での完結は無理っぽくなってきたな~。 アタマいてぇ~
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-29 15:32
いちのへ専用ページつくろかな・・・
Commented by クリスタル at 2007-05-29 19:54 x
チリワインで話に加わるか、、、と思っているうちに、話は思わぬ方向に展開してしまいました。でも私は断然ハードボイルドの方が好きです。
Commented at 2007-05-29 21:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 迷々 at 2007-05-30 13:05 x
太陽の明るい(昼)・・・スペインの赤と青のイメージ(女の記憶)と
人工の夜景に象徴される暗い(夜)・・・香港の赤と青のイメージ
(男の記憶)との対比が、童子さんのイマジネーションで
いい感じだったですぞ~♪
折角なので、いちのへさんのハードボイルに
無理やりこじつけてみました。想像力貧困ですが…(^^ゞ
Commented by bebecat at 2007-05-30 13:36
話の展開が、、、速すぎて、構想を練っているうちに、、、、
ゆえに、、、参加出来ない~~~~~~。ハードボイルドになって来ましたね。これはもう私の出る幕ではないわ。ガンの名前なんてルパンの使っていたワルサーP38、、、だっけ?あれ、それさえも定かでないはもう。
だめだこりゃ!
Commented by 童子 at 2007-05-30 16:05 x
迷々さん、apakoさん、はちみつさん、いちのへさん、bebecatさん、
時間割いてお付き合いくださいましてアリガトウゴザイマシタ♪
感謝しちょります! でも、私の頭では残念ながらハードボイルドは想像できません・・・
皆さん、どうか頑張って完結してください。 御願いします。

Commented by tetsuyak04 at 2007-05-30 16:56
タイミングよくストーリー展開を誘導しないといけないな~と思いながらも
ちょっと私用でバタバタしてたもんだから、みんなのアタマを悩ませてしまったね~!
クリスタルさん、bebeさん、童子さん、ごめんね!
今回は初めての試みということで、右往左往してしまうけど
なんとか完結させたいと願っています。 
迷々さんも、apakoさんも、はちみつさんも、いちのへさんも、
もう締め切りなんて無視でいいから、ゆっくり愉しみながらやって下さい。
話の展開次第で思いついたら、どなたでもどんどんまた参加して欲しいな~と思います。
Commented by はちみつ at 2007-05-31 02:26 x
いちのへさん、次たのんだよ~。

Commented by tetsuyak04 at 2007-05-31 12:22
はちみつさん、おはようございます。

>いのちへと流れ込んだ・・・

これは、いちのへさんへの暗号ですね・・・。
Commented by apako0828 at 2007-05-31 22:51
↑同感~♪
tetsuyakさんと同じこと思いました。

いや~。皆様の文章力と柔軟性ある対応にただただ、関心して読みましたが、バカなapakoは参加不能状態です。(´;ェ;`)ウゥ・・・
みなさん、ガンバです!
Commented by tetsuyak04 at 2007-06-01 00:40
apakoさん、気づきましたね! 流石ですぞ!
この感性があれば、なんも心配要りません!
すんごい続き書けますって!  Just Let`s Try !
Commented by 童子 at 2007-06-01 21:31 x
★いちのへさんへ★
仁義にあつく正義感強め、それで色恋は苦手なオジサンなんですねぇ。
ほんと照れ屋さんなんですね!
時代屋HPで紹介されていたベトナムのいちのへさんデザインのホテルBarから、
いちのへさんの繊細かつ大胆な人柄を感じました。
小説の流れはちょっとハチャメチャな空気が漂ってきていますけど…
tetsuyaさんの軌道修正が見ものです。 ゆっくりでも是非完結してね。
いつか、いちのへさんとtetsuyaさんの密会現場を覗き見てみたいです。
私、見張り役に撤しますから。。
Commented by tetsuyak04 at 2007-06-01 23:51
密会現場ミッカッタラ…とんでもない奴ら!のラベルに箔がつきますかね。
そんな日もいつかきっとくるでしょう。
童子さんも気が向いたらまた続き書いてよネ!
<< 大事にしたいもの 好奇心 >>