おとな

b0027290_20422537.jpg

私がよくお邪魔するブログのひとつ、ヒロシさんの 男を磨く…ダンディズムのススメ に紹介されていた
JTのイメージ広告 “おとな” を読んで、この詩を私もブログで紹介させていただきたいと思う。

それなりの歳を重ねて、簡単にひとや状況を批判するだけの無責任な “おとな” ではなく、
成熟した “おとな” としての責任や在り方を自分自身に問いかけて、
世の光となる善意と正義と真実との実を結ばせるものがなんであるのかを
わきまえ知ることができる ”おとな” でありたいと思っています。

実を結ばない闇のわざに加わらないで、“おとな” が “おとな” であるために
「眠っている者よ、起きなさい。」 という声が聞こえてくるようです。

これを機会に自分なりに受け入れられる “おとな” について、あるいは
自分自身について省みることができれば、とても有意義なことと思います。


おとな

白でもなく、黒でもなく、
ただ純粋であることに憧れず、不純である自分を弁(わきま)え、
大声で叫ぶことを恥ずかしく思い、小さな声で呟くのをやめ、
若いことに価値などみつけず、年輪の重みにも意味などなく、
肩書きの名刺を破り、責任という荷物を背負い、
愛されることだけを盲目的に信じる人を寂しいと思い、
愛するものを盲目的に守り、
自分の場所を探している人に地図を与え、
自分の場所をその足が憶えている、
夜を嫌い、夜を好み、
やさしいという言葉の危うさを教え、
きびしいという言葉の重さを忘れず、
つばを吐くことをやめ、ため息を吐くことをやめ、
こころよりからだを磨く人々を笑い、
長生きのために長生きをせず、
痛みを知り、快楽を知り、
お金の意味を知り、お金の海に溺れず、
いのちを育て、いのちを与え、
他人の詩をいとおしいと思い、自分の詩を書き、
おとなという言葉を失った国で、
おとなという言葉をにぎりしめている、
そういう大人に認められ、愛されたいと、わたしは思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
人気 blog Ranking ポチッ!

応援のクリック、いつもありがとうございます!

[PR]
Commented by ヒロシです at 2007-05-01 00:22 x
tetsuyak04さんへ
いつもありがとうございます。
最近は、著作権を主張しているサイトが多いですよね。だから、私のやっていること(無断引用)も厳密には、と言うより、間違いなく違法です。そのことについては、言い訳をするつもりは全くありません。
一々断るのが面倒臭いからそうしているのですが、何も悪用したり金儲けに使ったりしているという訳ではないですし、出典(引用元)さえ明示しておけば、先方にとってはマイナスどころか、むしろプラスになる話――私なりに、そう解釈して勝手に使わせて頂いております。
ですから、私の口から「ご自由にどうぞ」とは残念ながら言えないのです。ご理解ください。
Commented by apako0828 at 2007-05-01 00:24
すごい詩ですね。
言いたいことを上手くまとめられない私には、言葉の魔法のようです。
>白でもなく、黒でもなく、
ただ純粋であることに憧れず
この出だしが今の私には一番共感できました。
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-01 02:22
ヒロシさん、いつも粋な記事の紹介をありがとうございます。
ブログに於ける著作権の取り扱いとなると私も明確には断言できませんが、
当該記事の悪用または商用目的でない限り常識的には許されるかと思っています。 
音楽や写真、動画等では商用サイドの利益を失する状況が多発していますからね。 
過去30年以上も愛煙家としてJTには貢献してきた身です。 
“おとな” の解釈として、JTの言葉を善意で紹介しましょうよ!
Commented by tetsuyak04 at 2007-05-01 02:36
apakoさん、いつもありがとうございます。
無駄に思えるような努力や苦労を経てそれなりの歳を重ねてくると、
ホントに必要なものというのはそう多くはないとわかってくるような気がします。
同じ欲でも知識欲や好奇心は死ぬまで持ち続けていたい欲ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tetsuyak04 | 2007-04-30 21:16 | 大人の童話 | Comments(4)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧