<< おとな 人生の分かれ道 (Part 2) >>

ブログについて

b0027290_22474247.jpg

ブログに関する意識調査によると、
ブログを書く目的は 「自分の考えや感情を人に伝えたい」 が大多数で、
もっとはっきり云えば、ブログの目的は 「言論よりも癒し」 だそうです。

ブログを書くという目的にはひとそれぞれの思いがあるでしょうが、
私の歳になってみると、遺言でもしたためてるような気になることがあります。

歳をとるということは素晴らしいことだと感じていますから、 遺言のようなブログといっても
いわゆる後顧の念を箇条書きにして書き残す遺言書なんて代物とは全くの別物ですが。

三浦綾子の小説、続・氷点に
「一生を終えて残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである。」
という言葉がでてきます。

自分の人生を肯定し喜びながら、私がこの世に残せるものはなんだろうかな? と、
ふと考えたとき、日々の思いを綴ることが生きている私自身を残すこと…かな? などと、
柄にもなく思ったのでした。

じゃ~、わたしは誰に向かってブログを書いているのでしょう?

多くは自分自身の心に向かってですが、
相手を想定するほうが書きやすいこともあります。

あるときは苦楽につきあわせてしまった息子に向かって、
いつか読んでもらいたいな…正直に云えば、そんな気持ちは強くありますから。

父親は実際はどんな男であったのかな?
どんなことを考えていたのかな?
なにを信条として生きたのかな?
あんな状況で、ホントはどんな気持ちでいたんだろうか? とか、

そんなことが読み取れるものになればいいなと…。

また
あるときは大事に思っているひとに向かって、
あるときはトモダチや知人に向かって、
あるときは国や社会やマスコミや政治屋に向かって
あるときはブログでお知り合いになれた方々ひとりひとりに向かって、

私は書いています。

そしてそのことが、似たような境遇や、苦悩を抱えておられてるすべての方々にとって、
共鳴しあったり、孤独を癒しあいながら、いくらかでもお役にたてるなら嬉しいことだと思います。
それに何よりも、そうした交流が私自身の人生を確実に豊かにしてくれます。

そういう意味で、毒にも薬にもなるブログの存在に感謝しているのです。 

このブログは、そんな気持ちで書いているということを今日はちょっとだけ書いておきかった…。
まだまだ私、死ぬ気なんてないですけどね…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
b0027290_1241322.gif
2つの応援クリック、いつもありがとうございます!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-04-28 23:03 | 徒然なるままに戯言を
<< おとな 人生の分かれ道 (Part 2) >>