<< 勇気凛々「野の花」 について 一瞬を生きる >>

わたしと小鳥とすずと

b0027290_2311836.jpg

今日の香港
朝から雨模様
湿度100%
気分最悪100%
だから
夕方5時過ぎ、ぶらっと散歩に出て
セブンイレブンで煙草を買って
いつもこんなに鬱陶しい気持ちだったら、俺たちに明日はない!
などと考えながら歩いていたら
20ドル拾いました。

俺たちには、明日がある!

で、

今の気持ち


わたしと小鳥とすずと

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。


金子みすず [1903-1929] の詩


ブログランキング・にほんブログ村へ
b0027290_1241322.gif
2つのランキングへの応援クリック、いつもありがとう!

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-04-25 23:03 | 大人の童話
<< 勇気凛々「野の花」 について 一瞬を生きる >>