<< ジョーク・国の仕組み 真之介 >>

ブログのチカラとジャーナリズムの脳みそ


偶然たどり着いた ブログ 刻々是雑感写真の持つ力 という記事と写真をぜひ紹介したいと思う。
アタシ…この写真に目がクギ付けとなり、その解説文を読んでさらに衝撃を受けた…。

b0027290_15414491.jpg
疲れきった妹を背負った頼りになるお兄ちゃんの写真…?

そんなセピア色に染まった懐かしいアルバムの中にあるよう写真なんかじゃない…。

「ナガサキ」 の原爆投下後、弟か妹の遺体を背負い、次々と火葬されていく順番を唇をかみしめながら待っている少年…。

写真を撮影した米従軍カメラマン、
ジョー・オダネル氏のコメントを引用:

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。

しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。 …しかも、足は裸足です。



少年は焼き場のふちまでくると硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。

この時私は、背中の幼子がすでに死んでいることに初めて気づいたのです…。

男たちは幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。 真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。

その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気がついたのは…。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。 夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。
……背筋が凍るような光景でした…。
(引用おわり)


アタシ…この写真を見て耐えられなくなってきた…。 そして
だんだん腹が立ってきた…。

今、日本という国にとって真剣に取組み、解決せねばならない重要な問題ってなんだ? 
暗雲漂う渦巻きのようにどんどん、どんどん、ひろがっていく。

日本という国を侮蔑した歴史の捏造と認識のあやまち
従軍慰安婦決議問題
南京大虐殺捏造問題
・首相の靖国参拝問題
・竹島問題
・北方領土問題

生活の安全・安定を脅かす国際・国内問題への取り組み
・北朝鮮による拉致問題
・北朝鮮による核問題
・外交・防衛問題
・憲法問題
・法律改正問題
・格差問題
・教育問題
・福祉・年金等の社会保障全般

片手まで解決できる問題なんてひとつもないよ。

無駄に時間を浪費するような国会議員や官僚のやっていることはいったい何なんだ?
どんな神経で生きているんだ?

野党がやってる仕事っていったいナンナンダ? 
・審議拒否
・柳沢厚労相の女性機械発言の追及
・松岡農相の水道光熱費問題の追及
・都知事推薦人選定の迷走といいわけ
・統一地方選と夏の参議院選挙へのパワーゲーム

不遜かつ偏狭な野党陣営のあからさまな国政妨害は
最も大事な国益を害する無差別な犯罪に等しい。

与党保守連合を一方的に支持するつもりは無い。が、
対立する野党があまりにも酷すぎるから選択肢がない。

言葉だけの正義を振りかざすのもいい、で、なにが解決できる!?
身近な社会問題を論点にして一方を批判し煽るだけ。 で、なにが解決できる!?


マニュフェストなどと洒落た言葉を捜してきても、真実を隠すばかりでは、
具体的な行動と意義ある改善は一向に見えてはこない。

ジャーナリストのいうジャーナリズムって、いったい何なんだ?
高みに潜んで国民を愚弄し、目を欺くかのように枝葉末節な話題で時間をつぶす。

こんなヤツらに国民の本当の痛みなどわからない。
こんなヤツらが造った世界に飲み込まれ、やがて吐き出されるだけの民であっていいわけがない。

何度でも云う。
包帯を巻いてやれないのなら、他人の傷にふれてはならない。


ワタシらにとって重要な問題とはいったいなんだ?
ワタシら自らができることって、いったいなんだ?


国民の生活は日本という国が安泰であってこその話です。
いまの日本という国は安全ですか? 安泰ですか?

この日本という国のカタチを考えるとき
いつの間にかこの前提が忘れ去られてはいないだろうか?
日本という国が安泰であると仮定して、好き勝手な議論がなされていないか?

この国があぶない!と叫ぶだけじゃ野党の野次馬と変わらない。

さて、大切なことってなんだ?

私たち自身のココロが変わらなければ、この国は変わらない。 アタシ…そう思う。

アタシは、面妖な利権搾取の国会議員を嫌う!
アタシは、捏造と拝金のジャーナリズムを嫌う!
アタシは、日本というこの国を危険にさらす、すべての反日集団を嫌う!

だが、アタシは、日本の名誉を毀損したり、精神的・経済的な損失を与えたりするそういう嫌いなひとたちが、ひとたび真実に目覚めて、美しい国のカタチを創るひとりひとりになることを祈る!

アタシは、世界中のすべての国の人たちが、笑って手をつなげる日がくることを祈る!

今、この国にとってホントに頼れるものは草莽の民のチカラだと思っている。 
ブログのチカラを信じてみたい。

善意と正義と真実を求める意思をみんなで集めよう。
そして、脳みそを切り替えてブログに集おう。。

多くのひとが、このたった一枚の写真に映る真実を…自分の子どもたちにダブらせてみたらいい。
こんな国のカタチ…アタシには耐えられない…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-23 16:05 | 国のカタチ | Comments(15)
Commented by naonaochian at 2007-03-23 18:24
tetsuyak04 さんはじめまして。eremiyaさんのブログから来ました。すてきな写真、そしてクリスチャン?!共通項目が多くて嬉しくなりました。私も写真が大好きです。また寄らせてください。
それにしてもこの写真、インパクトありすぎです。自分も自然に、だけど心に残る写真を、と常々思っておりますが…。
Commented by はちみつ at 2007-03-23 18:38 x
 こんにちは。はちみつです。

 「重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました」
 この言葉に隠された真実を理解しなければいけません・・・

 現代の日本人はあまりにも自分さえ良ければという価値観で生きている方が多いように感じられます・・・
 
 ブログのちからを、信じてみましょう・・・・ね!
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-23 21:03
naonaochianさん、はじめまして。 寄ってくださってありがとうございます。
今、お邪魔してリンクいただいてきましたよ。 
インパクトのある写真ですが、けっして目をそらしてはいけません。 
アタシは、過去にあった数多の不幸を否定するものではありません。
拝金主義者や利権にとりついて、そうした不幸を餌に歴史を捏造していく
そういう根性がたまらなく哀しいのです。 
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-23 21:11
顔なき友…はちみつさん、ありがとうね。

アタシ…価値観が共通していてホントよかった、です!。。。
ブログのチカラ…信じてみます。 ね!
Always, Stand by me please !
Commented by fussyvet at 2007-03-24 21:23
背負われている子供は今うちの息子と同じくらいの年齢です。直視に耐えません。さらにこのような過酷な運命を”背負っている”のも子供だなんて。
この写真、初めて目にしました。カメラマンも初めて知りました。ネットでカメラマンについて調べました。私、アメリカのブログもやってまして、そっちに投稿しようと思いました。ブログのちから…、私など超弱小ですが、戦争の悲惨さを伝え広げるために、語りたいと思います。
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-24 22:45
fussyvetさん、ありがとうね!

ひとごとじゃなく、自分の子どもとダブらせて考えたら堪らないよね。
日本の中にも政治、経済、社会について異なった見方をする方々はたくさんいるようですが、
海外で伝わる日本の情報は質、量ともに全く不足しています。 
特定アジアの国々からの一方的なプロパガンダによって、日本という国に対する外国人の認識は
かなり歪められているのが事実です。
そうした実態に適切な反論や積極的な対応の見直しを国として進めていない限り、捏造が繰り返されて、日本という国の将来に大きな禍根を残すことになります。 
どんなに小さなことでも、変だなと思うことには変だぞ~!と伝えることは大切なことです。 
どうぞ正しいブログのチカラを信じて、内外に正論を発信してください。 アタシ応援します!
Commented by 桜花 at 2007-03-25 01:43 x
tetsuya04さんの写真に衝撃をうけて泣きました。  少年の眼差し。。今の日本。。。

昨夜、テレビで代理出産での親権は無効だと最高裁が判決を下したというニュースを 目にしましたが、それについてコメントをした音楽家のオバさんは、鼻で笑い乍ら、
 
「ま~親権などなくとも大事に育てて下さい」って・・・。

他人事だから深く考えもせず、そんな鷹揚なコメントができるのかな?…ヒトそれぞれですが哀しい方だと思いました。 マスコミに同調して媚を売ったり、偏った情報に麻痺して心の無い言葉の刃物を平気で突きつける人がいる。 
誰かが傷ついても、法では裁けない裁かない。。 でも…それは犯罪ですよね。

東京都の知事選が始まっています。 音楽家のオバちゃんも有権者、私も有権者のひとりです。
少年の見つめる先にある日本の未来・・・小さな私の一票を真剣に考えたいと思います。

私も正しいブログのチカラを信じています
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-25 18:58
桜花さん、ありがとうね。 春らしいHNに郷愁を覚えます。

日本の偏向報道や娯楽番組を無意識にアタマからツマサキまで浴びせられていると、もろに影響を受けてしまって、自分で物事を考えられないまま洗脳状態に陥ってしまうキケンがありますね。
放送の中立性の影に隠れて親中反日宣伝や日本人の無能力化を各テレビメディアは織り込んでいるように思います。

また、東京都知事選も、なりすまし日本人を政局に送り込んで自分らの利権のみを誘導しようとする政党や議員や団体が暗躍しているようです。 
星の数ほどあるブログにもそうした対極の考えを持つ輩が散見できます。
そうした左回りの一群の深層心理と動向に気をつけて、日本の将来がクソまみれにならないようにしたいですね。 

差別だとか虐めだとかの一筋縄ではいかない問題をも孕んでいる在日帰化人の方々が、正々堂々と本名で日本で暮らせる社会はありえないのか?と、アタシは、素朴に思っているのですが。

どうぞそれぞれの貴重な一票を安心できる日本の将来のために、じっくり見極めて投票してくださいね。  
Commented by eremiya2002 at 2007-03-26 23:54
どもです。

眠いから寝ようかなぁ、なあんて思ったら
こちらのコメントと写真もはいけーん。

こういった情報を得ると心がシンプルになりますね。
でも、その後10人中9人がそれで終わってしまいます。
世の中が悪い、子供がかわいそう。
私達が何かしなければ・・・・と熱くなり終了。
これが一番喜ばしくないような気がします。だからといって
誰も気づかないから自分が、自分がと言って
自分の力を前面に押し出して油をささない機械のように進むのも
やはり嘘だと思います。

身近な戦争を沢山私達は持っていて
それをなくしていくことがすぐ取り掛かれる世界平和のための
第一歩だと思うのです。
大事に手を出すと同時に、自分の心の戦争を
神様と和解させることが必要不可欠ですし
身近な出来事 私みたいに会社の上司とか(笑)
がとんでもない人物だったからと言って
腹立てているだけじゃ、私も戦争を巻き起こすおろかな人間の
一員でいるままだと思います。

イッショに自分の戦争も、お隣さんとの戦争も
なくしていきまっしょい!

Commented by tetsuyak04 at 2007-03-27 02:03
そうね。 ひとりで気負っていても空回りして草臥れてしまうのはツライよな~。
身近な生活戦争でも思わぬ失敗というのはあるけれど、その後のカタのつけ方がやっぱり大事だね。 そこに人間性というかその人なりの本性が見えてきますから。
変わるべきときには変わるというのが一人前の人間っちゅうことかな、と思うよ、アタシ。 
Commented by 核心 at 2007-06-26 14:16 x
南京大虐殺はありましたよ。
マスコミが伝えきれないだけです。
南京攻略戦に参加した日本陸軍の高級将校たちが共謀で中国人捕虜を7万人から10万人を1週間くらいで虐殺した、というのが真実です。
興味のあるかたは親父(栗原利一)のサイトとリンク先を覗いてください。
うちに阿羅健一、田中正明、板倉由明、本多勝一、小野賢二、東中野修道などの手紙があります。
誰も無かった、なんて話は信じませんよ。
私も親父と南京大虐殺は日常会話でしたから。

ジューは畏れ多くも畏くも白人であらせられましたが
チャンコロは国も統一できてない三等国民でしたから
牛豚犬以下でした。
Commented by tetsuyak04 at 2007-06-26 14:51
核心さん、コメントありがとうございます。
戦争という状態の中での虐殺事例を否定するわけではないことを理解すべきです。
中国政府の捏造による誇大プロパガンダとそれを鵜呑みにする左傾団体や個人の
歪んだ思想や言動を否定するのです。
その曖昧さと侮蔑の精神が日本という国と国民の将来を貶めることに
腹が立たぬ者をアタシは否定します。
特定アジアの国々による終わりなき誹謗中傷は誰をシアワセにしますか?
鬼畜はまさに人の心に潜んでいます。 
どこの国の人間であろうがそうした人間は存在しますがそうではない人間もいます。
それぞれの見解の相違はあるでしょうが、破壊と破滅に向かう未来より
鬼畜の心が消滅するような言動をアタシは選択したいと思うのみです。
Commented by 核心 at 2007-06-26 16:30 x
貴兄の意見は貴重です。
当たり前といえば当たり前なのですが日本が敗戦当時に虐殺(これは
軍隊では処分と呼んでいたのですが)を認める人なんていません。
私の父も戦犯になることを恐れて斬首写真は破棄していたようですから。
ただ、戦史室、偕行社、日本「南京」学会がただの歴史捏造団体であることも事実です。





Commented by sachiko at 2009-04-10 18:17 x
涙が止まりません。
自分には何が出来るのか、もう一度真剣に考えようと思います。
Commented by tetsuyak04 at 2009-04-14 00:02
sachikoさん、記事に目を留めてくれてありがとうね。

忘れてはいけない過去もありますが、「今を大切にする」のが
一番健全な生き方だとアタシは思います。 
人には誰でも夢や目標があるものですが、それを追い求めるあまり
「今」より未来に目がいって自分を見失ってしまうこともあります。
真正面から「今」を見つめて、「今」という瞬間に集中して生きていれば
自分の未来を開いてくれる大事な手がかりが見えてくるものです。
sachikoさんの生活が最高に輝く日々となることを祈っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ジョーク・国の仕組み 真之介 >>