<< ジョーク・国の仕組み 真之介 >>

ブログのチカラとジャーナリズムの脳みそ


偶然たどり着いた ブログ 刻々是雑感写真の持つ力 という記事と写真をぜひ紹介したいと思う。
アタシ…この写真に目がクギ付けとなり、その解説文を読んでさらに衝撃を受けた…。

b0027290_15414491.jpg
疲れきった妹を背負った頼りになるお兄ちゃんの写真…?

そんなセピア色に染まった懐かしいアルバムの中にあるよう写真なんかじゃない…。

「ナガサキ」 の原爆投下後、弟か妹の遺体を背負い、次々と火葬されていく順番を唇をかみしめながら待っている少年…。

写真を撮影した米従軍カメラマン、
ジョー・オダネル氏のコメントを引用:

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。

しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。 …しかも、足は裸足です。



少年は焼き場のふちまでくると硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。

この時私は、背中の幼子がすでに死んでいることに初めて気づいたのです…。

男たちは幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。 真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。

その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気がついたのは…。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。 夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。
……背筋が凍るような光景でした…。
(引用おわり)


アタシ…この写真を見て耐えられなくなってきた…。 そして
だんだん腹が立ってきた…。

今、日本という国にとって真剣に取組み、解決せねばならない重要な問題ってなんだ? 
暗雲漂う渦巻きのようにどんどん、どんどん、ひろがっていく。

日本という国を侮蔑した歴史の捏造と認識のあやまち
従軍慰安婦決議問題
南京大虐殺捏造問題
・首相の靖国参拝問題
・竹島問題
・北方領土問題

生活の安全・安定を脅かす国際・国内問題への取り組み
・北朝鮮による拉致問題
・北朝鮮による核問題
・外交・防衛問題
・憲法問題
・法律改正問題
・格差問題
・教育問題
・福祉・年金等の社会保障全般

片手まで解決できる問題なんてひとつもないよ。

無駄に時間を浪費するような国会議員や官僚のやっていることはいったい何なんだ?
どんな神経で生きているんだ?

野党がやってる仕事っていったいナンナンダ? 
・審議拒否
・柳沢厚労相の女性機械発言の追及
・松岡農相の水道光熱費問題の追及
・都知事推薦人選定の迷走といいわけ
・統一地方選と夏の参議院選挙へのパワーゲーム

不遜かつ偏狭な野党陣営のあからさまな国政妨害は
最も大事な国益を害する無差別な犯罪に等しい。

与党保守連合を一方的に支持するつもりは無い。が、
対立する野党があまりにも酷すぎるから選択肢がない。

言葉だけの正義を振りかざすのもいい、で、なにが解決できる!?
身近な社会問題を論点にして一方を批判し煽るだけ。 で、なにが解決できる!?


マニュフェストなどと洒落た言葉を捜してきても、真実を隠すばかりでは、
具体的な行動と意義ある改善は一向に見えてはこない。

ジャーナリストのいうジャーナリズムって、いったい何なんだ?
高みに潜んで国民を愚弄し、目を欺くかのように枝葉末節な話題で時間をつぶす。

こんなヤツらに国民の本当の痛みなどわからない。
こんなヤツらが造った世界に飲み込まれ、やがて吐き出されるだけの民であっていいわけがない。

何度でも云う。
包帯を巻いてやれないのなら、他人の傷にふれてはならない。


ワタシらにとって重要な問題とはいったいなんだ?
ワタシら自らができることって、いったいなんだ?


国民の生活は日本という国が安泰であってこその話です。
いまの日本という国は安全ですか? 安泰ですか?

この日本という国のカタチを考えるとき
いつの間にかこの前提が忘れ去られてはいないだろうか?
日本という国が安泰であると仮定して、好き勝手な議論がなされていないか?

この国があぶない!と叫ぶだけじゃ野党の野次馬と変わらない。

さて、大切なことってなんだ?

私たち自身のココロが変わらなければ、この国は変わらない。 アタシ…そう思う。

アタシは、面妖な利権搾取の国会議員を嫌う!
アタシは、捏造と拝金のジャーナリズムを嫌う!
アタシは、日本というこの国を危険にさらす、すべての反日集団を嫌う!

だが、アタシは、日本の名誉を毀損したり、精神的・経済的な損失を与えたりするそういう嫌いなひとたちが、ひとたび真実に目覚めて、美しい国のカタチを創るひとりひとりになることを祈る!

アタシは、世界中のすべての国の人たちが、笑って手をつなげる日がくることを祈る!

今、この国にとってホントに頼れるものは草莽の民のチカラだと思っている。 
ブログのチカラを信じてみたい。

善意と正義と真実を求める意思をみんなで集めよう。
そして、脳みそを切り替えてブログに集おう。。

多くのひとが、このたった一枚の写真に映る真実を…自分の子どもたちにダブらせてみたらいい。
こんな国のカタチ…アタシには耐えられない…。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-23 16:05 | 国のカタチ
<< ジョーク・国の仕組み 真之介 >>