「漫画」 の持つチカラ

b0027290_14572929.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


日本漫画家大全 「水木しげる」 の珠玉の民話集14話を読んだ。

・妖花アラウネ
・原始さん
・福の神
・風の神
・妖精
・かげおんな
・雨女
・ねこ忍
・河童
・河童膏
・鳥かご
・よみのくに
・影女
・群衆の中に

水木しげると手塚治虫は共に日本の戦後漫画の黎明期から活躍しているが
そこには愛や正義や社会風刺やサスペンスなど、
ごく日常の不思議や疑問や理想がいっぱい散りばめられている。

漫画は日本が世界に誇る文化だとも云われているが、
いい年こいた大人が見るもんじゃねぇ! との声も聞こえてきそうだ。

だけどね、

右脳と左脳だけが発達して前頭葉が未成熟な輩が蔓延すると、国も社会も劣化するらしいよ。

家庭教育、学校教育、社会教育に欠損しているのは、“徳育*” かもしれない? (Excite)
そんな風に思いながら、「漫画の持つチカラ」 に感嘆しているアタシです。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !



 徳育 とは 「徳」 つまり、人間にとって大切なもの、人間にとって価値あるものを教えることですね。 
社会生活の秩序を保つために一人ひとりが守るべき行為の基準・美しいもの、純粋なもの、崇高なものを
見たり聞いたりして、素直に感動する豊かな心を身につける教育のことだと云われています。







それにしても、「水木しげる」の経歴は、とても漫画的である。
Wikipedia-「水木しげる」 によると、


・1922年大阪で会社勤めをしていた父・武良亮一 母・琴江の次男として生まれた。
実家は鳥取県境港市入船町にあり、武良家は江戸時代、「武良惣平商店」という裕福な廻船問屋であったという。 父親の亮一は早稲田大学卒業後大阪で会社員となったが後に境港に帰郷し銀行員、保険会社の社員となる。

・恵まれた環境に育つが勉強はできるほうではなく、両親は小学校入学を一年遅らせる

自身で認める超マイペース振りからまともに学校へ行かず、たいてい2時間目くらいの時間から登校

・高等小学校卒業後、大阪の石版印刷会社に勤めるも2ヶ月でクビになった。

・絵の勉強をしようと思い立ち精華美術学校に入るが中退

・東京美術学校(現在の東京芸術大学)の受験資格を得るため大阪府立園芸高校を受験する が失敗

・新聞販売店に住み込み工業学校の採鉱科を受け合格したが半年で退学になる。

・新聞販売店を辞め中之島洋画研究所に通いデッサンを集中的に学ぶ。


・やがて太平洋戦争中に召集令状が出され、第17師団に入営する。

・その後激戦地だったニューブリテン島ラバウルへ出征する(当時21歳)。

・乗船したのは信濃丸、日本海海戦で 「敵艦見ユ」 を打電した老朽船であった。

・ラバウルへ向かう途中敵潜水艦に襲われたものの、間一髪魚雷を避け、上陸する。
 この時体験したジャングルがその後の漫画に影響を与えた。

・ところが、所属する部隊(ズンゲン支隊)が事実上壊滅し、本人はマラリアを発症してしまう。

・さらに、その療養中に敵機の爆撃を受け左腕に重傷を負う。

・そして軍医によって麻酔のない左腕切断手術を受けた。

・九死に一生を得て終戦を迎え、駆逐艦雪風で日本本土へと復員。

・その後、武蔵野美術学校(現在の武蔵野美術大学)に入学をするも、
 東北に復員兵救済募金の旅行などをしているうちに中退



・魚屋などの業種を経て、貸家経営をしつつ紙芝居作家として作品を描く。

・ペンネームの 「水木しげる」 は、紙芝居時代に彼が営んでいた神戸市水木通に因んで、
関係者が付けた通称による。

・しかし貸本漫画が流行し紙芝居が廃れたことから、上京し貸本漫画家に転身。

・長い貸本作家としての活動を経て、1964年、雑誌 『ガロ』 創刊号で漫画家として雑誌デビュー。

・1965年には 『テレビくん』 で講談社児童漫画賞を受賞。

・『悪魔くん』 や 『ゲゲゲの鬼太郎』、『河童の三平』 など主に妖怪に関する漫画を発表し、妖怪漫画の第一人者となる。 いまなお現役。


赤ん坊時代の 「水木しげる」 は自分の名前を正確に発声できず、「ゲゲ」 と言っていたため、それがあだ名となってしまった。 水木のその あだ名は、後の代表作である 『ゲゲゲの鬼太郎』 のタイトルの原点となったと語っている。

それにしても、「水木しげる」 の経歴は、とても漫画的である。

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

b0027290_1531377.jpg
外ではもっぱら文庫本です
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by はちみつ at 2007-03-14 21:06 x
 コーヒーにチョコ、いいですねえ。
 色々と拝見していて勉強になります。
 今度じっくりとおじゃま致します。
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-15 00:04
はちみつさんの海辺の家で潮風に吹かれながらなら最高なんだけどね。
アタシもさっきそちらに寄って不動産の勉強させていただきました。
で、やっぱりアタシにはこの分野での才能は、じぇんじぇんないな~と
自覚しました。 わずかに残ってるかもしれない博才とほんの少しの運は
どこに使おうかと日々思案してますが、これが大きな錯覚かも・・・。
Commented by ヒロシです at 2007-03-15 06:17 x
tetsuyak04さんへ
いつもありがとうございます。
仰せの通り。さらに私の場合、日に日に、です。
住生の「創作四字熟語」、早速見てみました。「サラ川」とも相通じるところがあり、確かに面白そう。暇が出来たら、やってみます。
Commented by 竜男 at 2007-03-15 06:26 x
漫画はイイですね。私も好きです。大人の漫画は好きではないですが、普通の漫画は、文字で読むよりも分かりやすいものがあります。
漫画で読む民法、刑法、経済学とか漫画シリーズが沢山出ていますね。
殆どは立ち読み。手塚治虫全集は買おうかとは思っているのですが・・・。

さて、北国の寒さを忘れたようで、本当に羨ましい。腰痛は気をつけて下さいね。昨日、会議で昔の同僚と会いましたら、腰の手術で3ヶ月入院し、やっと職場に復帰したばかりと聞きました。コルセットを着けて、痛々しそうでした。
お互いに、腰を労る年齢になっているのですね。
Commented by p-nuts-c at 2007-03-15 10:32
こんにちは、みちこです。
こわがりの私は、一人で家にいるとき鬼太郎が始まるとチャンネルを
即、変えていました。ベム・ベラ・ベロもです。
それはさておき、本日はお願いがありまして(またもや)。
イノセント・ムーンの中に、57セントのお話をエピソードとして
入れたいのです。もちろん、もとの脚本にはないエピソードですが、
私の背中を押してくれた57セント、神様の深いご計画を教えてくれた
57セントのお話を伝えたいのです。
よろしくご検討くださいませ。
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-15 16:05
ヒロシさん、粋な記事をいつもありがとうございます。
PCが日常品として欠かせないものですが、使い方を誤るとアタマの劣化
を招く道具にもなってしまいますね。
創作四字熟語はアタマの体操に丁度いいかもしれません。
そのうち面白そうなものが集まったらいつかここで紹介したいと思います。
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-15 16:15
竜男さん、いつもありがとうございます。
手塚治虫もいいですね。 水木しげると手塚はナゼか仲が悪かったようで、
互いの漫画の中で皮肉を云いあってたというエピソードがありますね。
アタシが読んだこの漫画にも
「手塚毛虫斎にしたって、あれだけ仕事ができるのはアシスタントのお陰だよ」
というセリフがでていて、「あ!ほんとだ!」と思いました。
そうは云いながら、刺激しあえるいいライバルだったんだと思います。

クシャミして痛めた腰、まだ、痛ぇ~です。
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-15 16:31
恐がりのみちこさんを想像して思わず笑っていましたよ。

57セントの話はアタシの創作ではなく実話ですし、この話を紹介した方もクリスチャンだと聞いています。 ネットを通して心に響く話を、多くの方々に知ってもらう福音は喜びだと感じます。 出版するなどの営利目的ではない限り、こんな話がありますよ~というカタチで紹介することをクリスチャンは望んでいると思います。 多くの方に読んで感じていただけることをアタシも願い祈っていますよ。

風の声~イノセント・ムーン、がんばってください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tetsuyak04 | 2007-03-14 15:04 | 大人の童話 | Comments(8)

香港発の路地裏放浪記! 本能と信仰を礎に地味な生き方しています。


by tetsuyak04
プロフィールを見る
画像一覧