<< 悟りとは無縁の未熟を楽しむ…。 鏡は己の醜さを見るためにあるのです。 >>

たったひとりでもいいから…

b0027290_1583265.jpg
b0027290_2513173.gifIf you feel something to this photo, click please ! (人気blogランキングへ)


なんの不思議もない詮無い話ですが、あらためて思う。
人間というものはみんなそれぞれの苦労を背負って生きているのだな、と。
そして、みんな何かにじっ~と耐えているんだろうね。

どんな苦しみも悲しみも、たちまち解決するなんてことはない。
ましてや、悠々と構え淡々と語れることなんて限度があるからね。

それぞれが背負った苦労な荷物を解いて、ほんのいくらかでも軽くすることができる、
そんな話し相手が身近にいれば…。

こころの引き出しが空っぽになって、
こころの重荷という借金が増えるような生き地獄の中では
人間、ただのひとりも健康には暮らせない。

悲しいかな、
自分が生まれ育った日本という国の将来に期待が持てないというひとは少なくない。

かつては当たり前だったあたたかな人間関係や心のふれあい
それを肯定しながらも、手に入れた豊かさを手放すこともできない。
生きるうえで必要なものなんてそう多くはないと云うけれど、
今の時代、ほんとに必要なものってなんだろう?

自分さえよければそれでいい…というのは、やっぱり正しくないとアタシは思うよ。 : (Excite)

たったひとりでもいいから、
なんでも自分の思っていることを率直に話せる相手がいてくれたなら、
どんなにありがたいことだろう…
(フローレンス・ナイチンゲール)

きっと そんな風にどこかで呟いているひとは多いのではないだろうか?

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-12 15:16 | 大人の童話 | Comments(4)
Commented by michi-p-w at 2007-03-12 15:43
こんにちは。
しみじみ拝見しました。
なにか気の利いたことを言おうなんて思わないで、ただ聞くこと。
それだけがなぜこんなに難しいのでしょう。
なにもできなくても一緒にいる。
こころを沿わせる。
そうなりたいといつも思っています。
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-13 01:33
michiさん、こんばんは。
言葉で云うほど生きるということは簡単ではありませんが、
素直な気持ちで相手のコトバに耳を傾けて理解することって大切なことですね。
以前このブログにも書いたことがありますが、

生きるとは・・・愛すること
愛するとは・・・理解すること
理解するとは・・・赦す(ゆるす)こと
赦すとは・・・赦されること
赦されるとは・・・救われること

これが互いにできたなら、こころの引き出しはきっと豊かになるでしょうね。
アタシはそう思います。 そう思えるようになったのも、つい最近のことなんですが…。
Commented by 迷々 at 2007-03-13 11:57 x
時代屋さん、先日は色々ありがとうございました。

michiさんも言われるように、ホント私もそう思います。
また、時代屋さんの言葉を今一度かみ締めています。

愛し、理解し、赦し、赦される…それが生きるということ。
私たち誰もが本当は持っている心の中の神聖さ。
恐れを手放し、自らが心を開いて、そして手を心を差し伸べる
その時、対象者は実は自分の鏡であったこと
相手を通して自分自身の姿をも観いていたのだと…。
相手の問題であったはずが、自分自身の問題でもあったのだと
その時初めて気が付いたり……。
お互いが学び合っていたのだなぁとしみじみ思ったり。(笑)

人の縁とは、なんとも不思議です。
私も最近やっと少し大人になったかな・・・?!
Commented by tetsuyak04 at 2007-03-13 14:18
迷々さん、こちらこそ先日は遠路遙々ありがとうございました。
時代屋の扉を閉じてから2年…いろいろなことがありましたが、
こうして声をかけて下さり、またお訪ね下さって直にお話できたこと、
本当に嬉しくて感謝で一杯です。
戴いたシャンペンはきっちり冷やして、味わいたいと思います。

迷いの本質に気づかれて、洋々と漕ぎ出した明るい確信をお聞きし、
私自身もたいへん励まされました。
まだまだ悟りとは無縁の未熟を楽しみながら、充実した人生を創造して
いこうと思います。
これからもどうぞよろしくオネガイシマス。
<< 悟りとは無縁の未熟を楽しむ…。 鏡は己の醜さを見るためにあるのです。 >>