<< 驚きとは、精神が受ける突然の不... 少女ハッティが捧げた57セントの奇跡 >>

全く意味のない、ただの楽しみ方をひとつ


財布に留まる暇も無く、支払いに出て行くときのホンの瞬間にだけ、その価値を感じる…それが
私にとってのお金の価値感。

同じ紙幣が本当に戻ってくるかどうかは分からないけれど、
自分のポケットの中にある紙幣が、どこからやって来て、その後どこをどう旅していくのか? 
知ってみたいと思ったことないですか? 

そんな興味にとりつかれたアメリカ人、ハンク・アスキンさんが始めたのが、
米ドル紙幣をトラッキングする 「Where’s George?」 というサイト。

George=ジョージとは、1ドル紙幣の愛称。紙幣にジョージ・ワシントンの顔が印刷されているので、
そう呼ばれている。日本で1万円札を諭吉さんと呼ぶのと同じ感覚。

とりあえず米ドル札を手にしたら 「Where’s George?」 のサイトにログインして、紙幣の額面、
シリーズ・ナンバーとシリアル・ナンバー、及び自分の住んでいる所の郵便番号を入力してみよう。

入力したお札を誰かが以前に登録していれば 「このお札は1年間に2,142マイルを旅しました」
とかいうメッセージとともに、過去の登録履歴が現れる。
もし未登録であれば、栄えある“オリジナル登録者”として記録できる。
登録したら、紙幣にサイトのアドレスをスタンプするのが、マナーなんだそうだ。

このサイトには1998年12月の開設以来約6万人の登録者が参加し、約2400万枚の紙幣が
トラッキングされている。その価値実に8900万ドル(約106億円)。
ばかばかしいけれど、侮れない。


日本の諭吉さんはないのかい? と思ったら、やっぱりあった!
「OSATSU.NET」 : 日本のお札追跡サイト

出て行ってしまったドラ息子…今頃どこでどうしているのかな~と
イトオシイ 気持ちで、トラッキングしてみるのもタマにはいいかもしれない。  早う戻っといでや!。。。

≪御礼のコトバ≫
2週間前に思いつきで参加してみた2つのブログランキング、拙いブログにもかかわらず、たくさんの応援
を頂き心より感謝します。 また、思いもよらず懐かしい方々からのメールも頂きたいへん感激しています。 
恐縮しまくら千代子状態の私ですが、ここが自分にとって居心地のいい場所で在るように、また蔭ながら
見守ってくださる皆様との絆の場所で在りますように、リキマナイデ、コトバのチカラを信じていきたいと思います。 これからもどうぞよろしくオネガイシマス。


The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !



参照記事: 米ドル紙幣の行方を追跡する 「Where’s George?」 by Excite
[PR]
by tetsuyak04 | 2007-03-05 13:06 | 徒然なるままに戯言を
<< 驚きとは、精神が受ける突然の不... 少女ハッティが捧げた57セントの奇跡 >>