<< 旧約聖書 『ヨブ記』 ~神の義... 『冬の時代』 の心構え >>

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ

b0027290_16413684.jpg

敬愛する三節先生 (長らくのご無沙汰ごめんなさい!) の ブログ に紹介されていた記事
「不二家で働く皆さんへ」 
という、ある食品会社の工場長がご自身のメルマガに書かれた率直な言葉を読んで、
たいへん心を動かされました。

私たちのだれもが、頭では理解していながら実際には誤った行動をしている、ということは決して少なくありませんね。 そうした身近な誤りが正されるために、私たちはどんなふうに考え、行動しなければならないのか? をあらためて問いかけ、そして実践するためのヒントがここにあります。

平等な社会や、健全な日常生活のさまざまな活動において、ひとりの人間として備えるべき資質とは、
意外にも稚拙にも見える簡単な行いや言葉の中から再発見することができますね。

老若男女のだれもが皆、こうした資質を身につけ実践できたなら、なんと素晴らしいことだろう。

一人一人には自分で判断し、行動する自覚と力が与えられているはずですが、容認しがたい独断と偏見
に警笛を鳴らすことができない社会 (それは学校でも、会社でも、家庭であっても) というのは、ほんとうに不幸なことです。 勇気を持って鳴らす警笛が、自分のキャリアの損失につながる危険が少なくないのが今の日本の状況だとしたら、それは実に悲しいことですね。
 
昨年末に我が身に降りかかった “不運” もまた、自ら吹いたこの “警笛” が引き金だったのですが。

仕事は、自分と家族の生活を支えるための純粋な経済行為です。 当然苦楽はつきものですが、
自分の仕事、自分の会社という意識を常に心がけて、誠心誠意働けることはとても幸せなことです。 
そのためには、絶え間ない個人の向上心による成功が、会社の成功にも結びつくという理解も
大切かと思います。

壊れることはないと確信したほどの深い信頼関係にあっても、ある日突然、一人の人間の裁量によって、
無残な結果を招く場合もあるのですから、警笛を鳴らす者が守られるシステムがなければ、
勇気を持って鳴らす警笛は、なかなか鳴らしづらいのも事実です。

Pride and Joy (誇りと喜び) をもって、それぞれの仕事や勉学に取組める意識と仕組みが、
それぞれの環境の中で見直される機運が高まってほしいと切に願っています。

前述の食品会社の工場長さんのメルマガに触れられていた ロバート・フルガム氏の著書
「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」 は、 「ずるをしない」 から始まりますが、
この “ずるをしない” という考え方が強くあれば、昨今のおぞましい事件の増加を食い止めることに
少なからず役立つのではないでしょうか。 

同時に、そうした事件をセンセーショナルに煽るだけの媒体と成り下がった マスコミ や ジャーナリスト
への警笛にもなれば、世の中捨てたもんじゃないなと、もっともっと前向きに人生を捉える人々が増える世の中になってくるかもしれません。

原作の一小節をそのままアップします。






「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」
by ロバート・フルガム (All I Really Need To Know I Learned in Kindergarten)

人間、どう生きるか、どのようにふるまい、どんな気持ちで日々を送ればよいか、
本当に知っていなくてはならないことを、わたしは全部残らず、幼稚園で教わった。
人生の知恵は大学院という山のてっぺんにあるのではなく、
日曜学校の砂場に埋まっていたのである。 

わたしはそこで何を学んだろうか。


●何でもみんなで分け合うこと。

●ずるをしないこと。

●人をぶたないこと。

●使ったものは、かならずもとのところに戻すこと。

●散らかしたら自分で後片づけをすること。

●人のものには手を出さないこと。

●誰かを傷つけたら、ごめんなさい、と言うこと。

●食事の前には手を洗うこと。

●トイレに行ったらちゃんと手を洗うこと。

●焼たてのクッキーと冷たいミルクは体にいい。

●釣り合いの取れた生活をすること

●毎日、少し勉強し、少し考え、少し絵を描き、歌い、遊び、そして、少し働くこと。

●毎日かならず昼寝をすること。

●おもてに出るときは車に気をつけ、手をつないで、はなればなれにならにようにすること。

●不思議だな、と思う気持を大切にすること。
発泡スチロールのカップにまいた小さな種のことを忘れないように。
種から芽が出て、根が伸びて、草花が育つ。どうしてそんなことが起きるのか、
本当のところは誰も知らない。でも、人間だっておんなじだ。

●金魚も、ハムスターも、二十日鼠も、発泡スチロールのカップにまいた小さな種さえも、
いつかは死ぬ。人間も死から逃れることはできない。

●ディックとジェーンを主人公にした子供の本で最初に覚えた言葉を思い出そう。
何よりも大切な意味を持つ言葉・・・「見てごらん」


人間として知っていなくてはならないことはすべて、この中に何らかの形で触れてある。
ここには、人にしてほしいと思うことは、自分もまた、人にたいしてそのようにしなさいという
マタイ伝の教え、いわゆる「黄金律」の精神や、愛する心や、衛生の基本が述べられている。

エコロジー、政治、それに、平等な社会や、健全な生活についての考察もある。
この中から、どれなりと項目を一つとりだして、知識の進んだ大人向けの言葉に置き換えてみるといい。

そして家庭生活や、それぞれの仕事、国の行政、さらには、世間一般に当てはめてみれば、
きっとそのまま通用する。

明快で、揺るぎない。

わたしたちみんなが、そう、世界中の人々が三時のおやつにクッキーを食べて、ミルクを飲み、
あるいはまた、各国の政府が使ったものは、必ずもとのところにもどし、ちらかしたら自分で
後かたづけをすることを、基本政策に掲げて、これを、きちんと実行したら、
世界はどんなに良くなるだろう。

それに、人間はいくつになっても、やはりオモテにでたら、手をつなぎ合って、
離れ離れにならないようにするのが一番だ。

どうだろう、この言葉。 みなさんは、どう思うかな?

The greatest enemy of man is PC- holic. 
But, The Bible tells us to love our enemy. Click please
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
One more ! → (人気blogランキングへ) ← Thank you !


英語による原文は以下の通りです。


ALL I REALLY NEED TO KNOW I LEARNED IN KINDERGARTEN

(a guide for Global Leadership)

All I really need to know about how to live and what to do and how to be
I learned in kindergarten. Wisdom was not at the top of the graduate
school mountain, but there in the sand pile at school.
These are the things I learned:

•Share everything.

•Play fair.

•Don't hit people.

•Put things back where you found them.

•Clean up your own mess.

•Don't take things that aren't yours.

•Say you're sorry when you hurt somebody.

•Wash your hands before you eat.

•Flush.

•Warm cookies and cold milk are good for you.

•Live a balanced life - learn some and think some and draw and paint
and sing and dance and play and work every day some.

•Take a nap every afternoon.

•When you go out in the world, watch out for traffic, hold hands and
stick together.

•Be aware of wonder.
Remember the little seed in the Styrofoam cup: the roots go down and
the plant goes up and nobody really knows how or why, but we are all
like that.

•Goldfish and hamsters and white mice and even the little seed in the
Styrofoam cup - they all die. So do we.

•And then remember the Dick-and-Jane books and the first word you
learned - the biggest word of all - LOOK.


Everything you need to know is in there somewhere.
The Golden Rule and love and basic sanitation.
Ecology and politics and equality and sane living.

Take any one of those items and extrapolate it into sophisticated adult
terms and apply it to your family life or your work or government or your
world and it holds true and clear and firm.

Think what a better world it would be if we all - the whole world - had
cookies and milk at about 3 o'clock in the afternoon and then lay down
with our blankies for a nap.

Or if all governments had as a basic policy to always put things back
where they found them and to clean up their own mess.

And it is still true, no matter how old you are, when you go out in the
world, it is best to hold hands and stick together.

God bless you and your family as you begin your Kindergarten journey!

-All of us at OLH
b0027290_191733100.jpg

[PR]
by tetsuyak04 | 2007-01-13 19:07 | 夢のカタチ
<< 旧約聖書 『ヨブ記』 ~神の義... 『冬の時代』 の心構え >>