<< メリークリスマス 修行の旅 >>

バスストップ

今年の年の始めにアタシがそうしていたように、バスストップの横にあるベンチには、
虚ろげな顔をした男が煙草をくわえて座っている。

キリスト・イエスの生誕を静かに祝うアドヴェント第4の週の始まりの今日、
アタシは眩しいほどの朝の陽を浴びて、
実に爽やかな心で教会の礼拝に向かうバスを待っている。

オセロゲームで黒を全部、白に変えられたかのようなつらかった時間はもう過去のこと。

「暗やみに入っても夢を持つことで、一日一日が充実する。」

来年の年の終わりには、あのベンチに座る彼もまた、清々しい顔をして
どうぞ未来に向かうバスに軽やかな心で乗り込んでくださいます様に…。

短い修行だったのか…神のご計画をまざまざと感じた喜びの2005年…感謝。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

[PR]
by tetsuyak04 | 2005-12-18 22:28 | 大人の童話
<< メリークリスマス 修行の旅 >>