「ほっ」と。キャンペーン
<< 修行の旅 「働く」 ってこと >>

涙をぬぐつて働かう

夕飯支度の買い物の帰り道・・パキスタンの地震被害の援助基金の募集現場に遭遇。
アタシは生ビールを一杯飲みながら・・
香港の喧騒に紛れながら途切れ途切れに聞こえてくる拡声器から流れる声を聴いていた。
道行く人に語りかけるそんな言葉を聴いていて
ふと、アタシはシアワセなんだな・・と、思った。

働ける・・・って、
ほんと・・・シアワセなことです。
三好達治のこの詩・・
コレ・・最近のアタシの心境・・かな!?


涙をぬぐつて働かう  (by 三好達治)


忘れがたい悲しみは忘れがたいままにしておかう

苦しい心は苦しいままにけれどもその心を今日は一たび寛がう

みんなで元氣をとりもどして涙をぬぐつて働かう


最も悪い運命の台風の眼はすぎ去つた

最も悪い熱病の時はすぎ去つた

すべての悪い時は今日はもう彼方に去つた

楽しい春の日はなほ地平に遠く

冬の日は暗い谷間をうなだれて歩みつづける

今日はまだわれらの暦は快適の季節に遠く

小鳥の歌は氷のかげに沈黙し

田野も霜にうら枯れて

空にはさびしい風の声が叫んでゐる


けれどもすでに

すべての悪い時は今日はもう彼方に去つた

かたい小さな草花の蕾は

地面の底のくら闇からしづかに生まれ出ようとする

かたくとざされた死と沈黙の氷の底から

希望は一心に働く者の呼声にこたへて

それは新しい帆布をかかげて

明日の水平線にあらはれる

ああその遠くからしづかに来るものを信じよう

みんなで一心につつましく心をあつめて信じよう

みんなで希望をとりもどして涙をぬぐって働かう


今年のはじめのこの苦しい日を

今年の終わりのもつと良い日に置き代へよう




帰り道・・少ないけどポケットのお金・・手作りの募金箱に入れさせてもらった。

夢や希望に水をあげよう・・・いつか花が咲くように・・。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-10-13 21:19 | 夢のカタチ | Comments(2)
Commented by eremiya2002 at 2005-10-15 00:49
一番悪いのは「無関心」と教えられました。
そうだ、あの時アノヒトが、あの飢えた私の事を自分の事のように思ってくれたら・・・・と辛い暗闇を歩いた事を思いだし、そして、そういう私に何らかの形で・・祈りとか、愚痴聞きとか、戒めとか、食事とか、etc.・・・ささげてくれたから今の私があるんだなぁと知ると、やっぱり、募金とか知らぬふりできないです。時々、いっぱい入れちゃったりします。後から困るくせに。
Commented by tetsuyak04 at 2005-10-15 04:17
こんばんは、eremiyaさん。
身を低くしてこそ見えてくるものがありますね。 子供の視線みたいにね。
無関心はよくないね。 何が良くないかって感動がえられないもん。
感動って、動いて感じると書くし、働くって、人が動くと書きますもんね。
今日の日本は寒そうだな~。 御身体大切にお過ごし下さいね!
<< 修行の旅 「働く」 ってこと >>