<< 天に唾する者は 日本の、これから <格差社会> >>

「メタノイア」 の ススメ

宗教は人を救うものではないの? (from : una noche azul)


信仰心のカケラも無い人々からも関心を寄せられていたローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が2日午後9時37分、ローマ法王庁で死去された。享年84歳。
神に仕える者としてだけではなく “ヒト” としてこれほど多くの人々に敬われる存在であったことにその生涯を思い・・・・・哀悼の意を捧げるアタシです。

世間には宗教の名を借りた実質的営利法人も山んごつある。日本人には信仰心がない、哲学がないという揶揄批判のたぐいは耳にタコできるほど聞くけれども、そもそも 宗教ってなによ? 宗教者ってなによ? 根源的な問題に思い至らせてくれるヨハネ・パウロのオッチャンではあった。 (from 東京無重力アワー’05)

b0027290_5451066.jpg
率直な感想ですよね~、アタシ、思わずウンウン!と頷いちゃいましたよ。
信仰心、哲学、宗教・・・・・クリスチャンのアタシですが、いまだにヨ~クわかりません。 
苦しいから信仰を求めたのではなく、信仰に出会うために苦しみが与えられてクリスチャンになったんだよ~!とアタシなんかが言ってみたところで、哲学者クーンによる 「パラダイム」 やカントによる 「コペルニクス的転回」 を語るようなものかもしれません。 結局、わかってそうで正直じぇんじぇんわからんちゅう事です。 が、

所詮アタシら人間のアタマではわからなくて当然で、んなムズカシイことを考えなくてもス~と受け入れられる瞬間に生まれる 「心の支え」 がそれぞれの信仰なんじゃないのかと思っとるワケです。

アタシ、無信仰よ! とかいってても 「ころばぬ先の星占い」 なんかを気にしたりするのって、けっこう信心深いじゃん! とかツッコミいれたり・・・・・アッ!、ちょっと脱線しすぎね。

時には視点を変えて物事をみてみるって事を言いたかったのね、アタシ。

ギリシヤ語で メタノイア(μετανοια) と言う言葉がありますね。 知りません? 実はそう言うアタシもちょっと前までは知らなかったんですけどね。 

原意は 「方向を変える」 とか 「視点を変える」、 「深く反省し、二度と同じことをしない」 というような意味らしいですが、「悔い改め」という意味もあるそうです。

なぜ、悔い改めなければならないのか、って?  それは、視点を変える、方向を変えることによって、「隣人の愛」 を得ることが出来るからです。

Why ? 「メタノイア」 を逆から読むと、「アイノタメ」 となるっしょ!。 これってはっきり言って、コジツケなんですが、これも メタノイア (視点を変える) っつうことじゃん!

科学と信仰、人間と神・・・・・なかなか交わらないところに 神秘 を感じます。

余談ですが・・・・・、
地動説をとなえたことで知られている コペルニクス (Nicolaus Copernicus)、10億ものカソリック信徒の頂点、ローマ教皇 ヨハネ・パウロ2世(Paus Johannes Paulus II)、どちらもポーランドの御出身なんですね。
b0027290_5553748.jpg
そういえば、ニ度もノーベル賞を受賞したキュリー婦人こと マリ・キュリー(Maria Skłodowska-Curie) も、そして心模様をピアノで語った、あの ショパン(Frédéric-François Chopin) もポーランド出身だそうです・・・・・。
b0027290_556872.jpg


この世の中には実にいろいろな方々がおいでですが、
博打狂いのお気軽暇人や、破廉恥な偽宗教指導者 ・・・哀しいね~。
[PR]
by tetsuyak04 | 2005-04-06 06:20 | 聖書・信仰・祈りの世界 | Comments(5)
Commented by tetsuyak04 at 2005-04-06 15:52 x
cbsan さん、TBありがとうございます。 こちらからもさせていただきました。 
これからもどうぞよろしく!
Commented by cbsan at 2005-04-06 18:40
こちらこそありがとうございました!
Commented by forgive_yurusi at 2005-04-09 10:27
あの事件に関連して、思っていたこと、言いたかったことがここにあったと嬉しく読ませていただきました。思いがたくさんなので、トラックバックさせていただきました。あまっちょろい文章で、恥ずかしい限りですが、よろしくお受けください。感謝です。
Commented by tetsuyak04 at 2005-04-09 12:08
forgiveさん、こんにちは。 TBありがとうございます。
よそのブログにもコメントをさせていただいたのですが、
私はこのニュースは、宗教をエサに私的な欲望を最も卑劣な手口で満たそうとした、人倫にも悖る大馬鹿者の単なる破廉恥事件と捉えております。
いつも残念に思うのは、こうした事件が起こるたびに、「だから宗教ってこんなもんなんだよな!」 といった印象が強調されて、信仰を持つ者すべてが否定されるような論調になりがちなことで、正直、戸惑いを感じてしまいます。 でも大事なのは自分の気持ちですから、迷うことなく信仰を強めたく思います。  今から合気道の稽古に行ってまいります。

Commented at 2010-12-13 09:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 天に唾する者は 日本の、これから <格差社会> >>